ポリカボディ

スポンサーリンク
ポリカボディ

【ポリカボディの切り方】曲線バサミがおすすめ|カットの手順とシャーシへの載せ方

ポリカボディをカットしていく上で、タミヤの曲線バサミは必須。シャーシへ載せる時も、提灯などと干渉してくる部分を細かく切り取っていく必要があります。できるだけボディを残して低くするのがかっこよく仕上げるポイント。端材もリフターなどで使えます。
ポリカボディ

【ポリカボディの塗装】スプレーを使った塗装手順|距離を取って薄く重ね塗りをしていくだけ

ポリカボディを使う上で欠かせないのが塗装。難しいと思われるスプレー塗装も、手順をしっかり踏むことで簡単にできます。大切なのは一度に塗ろうとしない事。薄く何度も重ね塗りしていく事がスプレー塗装のポイント。現代ミニ四駆に欠かせないからこそ塗装も重要です。
ポリカボディ

【ミニ四駆でおすすめのポリカボディ】1位~5位のランキング|シャーシごとの使いやすさ

ミニ四駆の改造に欠かせないのがポリカボディ。そんなポリカボディの中でもおすすめは「サンダーショット」です。どのシャーシにも使いやすいのが大きな特徴。また「ウイニングバード」もフロントモーター以外であれば使いやすく、切りやすい形をしているのが特徴です。
ポリカボディ

【ポリカボディとは】肉抜きしなくても軽い|現代ミニ四駆に欠かせないボディで脱初心者

現代ミニ四駆に欠かせない改造のひとつがポリカボディ。プラボディよりも軽く、マシンに合わせて加工しやすいのも特徴です。ボディのカットにはタミヤの曲線バサミ、塗装もラップ塗装をする事で簡単。初心者から一歩進んだ改造として、ポリカボディはおすすめです。
ポリカボディ

【ミニ四駆のラップ塗装】初心者や苦手な人におすすめ|塗り分け無しで好きな色のマシンに

ポリカボディが主流の現代ミニ四駆において、ボディの塗装も改造のひとつ。しかしミニ四駆初心者や塗装が苦手な人にとっては、細かな塗装には苦手意識があります。しかしラップ塗装であれば、細かな塗り分けもないので簡単。必要な色を用意し押し付けるだけです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました