電池慣らし

スポンサーリンク
電池慣らし

【電池が限界を勘違い】ニッケル水素電池のメモリー効果とは?|解消方法と共に紹介

ミニ四駆の電池としてネオチャンプを使う中で、知っておくべきが「メモリー効果」。容量を使い切る前につぎ足し充電をしていく事で、電池自身が限界を勘違いしていきます。メモリー効果の解消のためには、充電器のリフレッシュ機能、放電からの充電が必須です。
電池慣らし

【電池のリフレッシュ】ISDT C4 EVOを使って|アナライズモードで前後を比較

1年半放置状態だったネオチャンプを、ISDT C4 EVOを使ってリフレッシュをしました。電池のリフレッシュの目的は、性能を引き出すため。実際に前後で比較してみても、違いが数値として表れていました。ミニ四駆に欠かせないネオチャンプこそ、管理が重要です。
電池慣らし

【電池を育成】ISDT C4 EVO|新品のネオチャンプをブレークインしてペアリング

新品のネオチャンプを使う上で、電池の育成は欠かせません。初期慣らし、本格的な慣らし、ペアリング。電池育成は手間がかかってきますが、それだけ育成後の電池に結果として表れてきます。この手間をかけるかどうかで、マシンの速さにも影響が出てきます。
電池慣らし

【ミニ四駆の電池管理】新品電池の育成からリフレッシュまで|交換の目安も紹介

ニッケル水素電池でもあるネオチャンプは、電池管理が大切になってきます。新品の電池に必要なのは、ブレークインといわれる「育成」。さらに使用後の電池は、しっかり「リフレッシュ」することで電池の性能を維持することができます。
スポンサーリンク