タイヤ

スポンサーリンク
ペラタイヤ

【ミニ四駆のペラタイヤ】リューターを使った作り方|精度向上にはトルクやビットも重要

ある程度ミニ四駆用の道具も揃ってきた場合、リューターを使ったペラタイヤ作りがおすすめ。トルクやシャフトビットが重要になってきますが、電源さえあれば作れてしまいます。加工の手順はそんなに変わらないので、効率的にペラタイヤを作るのにはおすすめです。
ペラタイヤ

【ペラタイヤの作り方】準備と手順を解説|もっとも地道な加工でもっとも差が出る精度

ペラタイヤ作りで大切なのは準備と加工の丁寧さ。道具の準備はもちろん、使用するホイールのブレなどを確認する事が必要。また削る作業も、地道に少しずつ進めていきます。タイヤに熱を持たせないように削っていく事で、再度の高いペラタイヤを作る事ができます。
ペラタイヤ

【ペラタイヤを使う理由】メリットとデメリットを紹介|軽くて跳ねづらい分、求められる精度

ペラタイヤが多くのマシンに使われているのは、メリットが多いから。タイヤが軽くなる事で跳ねづらくなり、タイヤ径もマシンに合わせて加工する事が可能。しかしマシンの速さに直結するタイヤだからこそ、精度も重要。加工へのハードルは高いですが、使う価値は十分です。
ペラタイヤ

【ミニ四駆のペラタイヤとは】メリットの多いタイヤ加工|重要なのは仕上がり精度

今のミニ四駆に欠かせないのが「ペラタイヤ」。タイヤを薄く加工することで軽くなり、ジャンプ後の着地で跳ねづらくなるなどのメリットも多いです、加工の方法もリューターやワークマシンを使ったりと人によって様々。1番重要なのは、速さに直結する精度です。
タイヤ

【ミニ四駆のタイヤ】おすすめを1位~5位までランキング|特徴と実際の使い方も紹介

ミニ四駆の数あるタイヤの中からおすすめを5位までランキング。1位は圧倒的に「ローハイトマルーン」。今ではほとんどのマシンが使っています。他にも「小径のマルーン」や「スーパーハードタイヤ」もおすすめ。マルーンと組み合わせる事で、マシンの走りを変えられます。
タイヤ

【面タイヤとハーフタイヤ】タイヤ幅による違い|加速や最高速、重さによる使い分け

ミニ四駆の走りは、タイヤ幅によっても変わってきます。接地面積が大きく、加速に優れているのが面タイヤ。逆に接地面積を小さくすることで摩擦抵抗と重さを減らし、コーナリングを速くするのがハーフタイヤ。種類やタイヤ径を調整することで使い分けが可能です。
タイヤ

【タイヤの硬さによる違い】摩擦抵抗の小ささと跳ねにくさ|マルーンが使われている理由

ミニ四駆はタイヤの硬さによって走りが変わってきます。その中でも使われているのが硬いタイヤ。コーナリング時のマシンの旋回性能も高く、ジャンプ後の着地で跳ねにくいです。加速面では柔らかいタイヤに及ばないながらも、タイヤ全体で補い最も使われています。
タイヤ

【形による違い】今のミニ四駆に必要なタイヤ|立体コースに必要な再加速と跳ねにくさ

ミニ四駆はタイヤの形の違いだけでもマシンの走りは変わってきます。最高速向きなのか、加速力向きなのかは形が重要。そんな中でも立体コースがほとんどの今のミニ四駆。そこで使われているのがローハイトタイヤ。薄いゴムの作りで、軽くて跳ねにくいのが特徴です。
タイヤ

【タイヤサイズ】大径、中径、小径|ミニ四駆のタイヤ径によるメリットデメリット

ミニ四駆のタイヤサイズは大きく3種類です。そしてそのタイヤ径で変わってくるのが、最高速や加速力、そしてマシンの重心の違いによるバランスです。タイヤ径によるメリットデメリットや、ゴムの薄さによる跳ねにくさからローハイトタイヤが1番使われています。
タイヤ

【ミニ四駆のタイヤ】4種類の組み合わせ|2022年時点で使われている組み合わせとは

ミニ四駆にはタイヤの種類が多いからこそ、改造すべきタイヤが何なのかもわかりません。今使われているのは「小径×マルーン×面タイヤ」の組み合わせ。立体セクションの多いテクニカルなコースだからこそ、各タイヤの特徴からこの組み合わせが使われています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました