加工タイヤ

スポンサーリンク
タイヤ

【マルーンタイヤが手に入らない】縮みタイヤを代用|硬くて跳ねづらいタイヤに近づく

今のミニ四駆に欠かせないタイヤが、マルーンタイヤ。しかし硬くて跳ねづらいという特徴から人気で、お店で見かけることはほぼありません。しかし縮みタイヤを使うことで、マルーンに近いタイヤを使うことは可能。簡単に作れるので、代用タイヤとしておすすめです。
治具

【作業効率をアップ】ペラタイヤ加工用治具|「測りながら削る」という手間を省いて加工

ミニ四駆のペラタイヤ加工は、どうしても手間に感じてしまいます。特に削りすぎないようにタイヤ径を測りながらの加工は作業効率も悪い。そんな時に「ペラタイヤ加工用治具」を使う事で効率アップ。アルミ製で耐久性があるので、長く使い続ける事ができます。
タイヤ

【ダミータイヤの意味】タイヤ幅の確保のため|スポンジやハードの使い分けと作り方

タイヤの加工によっては「ダミータイヤ」が必要になってきます。タイヤ幅をレギュレーション内に収める事はもちろん、タイヤの種類を使い分ける事でセッティングにもつながってきます。スポンジタイヤやハードタイヤを、ペラタイヤ加工と同じように作っていくだけです。
タイヤ

【ハーフタイヤ】コースとの接地面積を少なく|作り方と溝タイヤについても解説

タイヤ幅をあえて狭くする「ハーフタイヤ」。コースとの接地面積を少なくする事で摩擦抵抗が減ってコーナリングが速くなります。しかしグリップ力などにも違いが出てくるので、マシンに合わせた調整も必要に。作り方もヤスリやデザインナイフで作れて簡単です。
タイヤ

【初心者におすすめ】中空ペラタイヤの作り方|簡単に作れる分注意するべきポイントも紹介

ペラタイヤの中には、簡単に作る事のできる「中空ペラタイヤ」があります。GUPの中空ゴム小径タイヤをカットして使うだけなので、作り方も簡単。グリップ力の高さやホイールのリム部分に注意することで、手軽にペラタイヤを使う事ができるのでおすすめです。
タイヤ

【簡単に作れる縮みタイヤ】作るメリットとその効果|マルーンと同じ硬くて滑るタイヤに

「縮みタイヤ」は簡単に作れて実用的なタイヤなのでおすすめです。パーツクリーナーに漬け込んでしっかり乾燥させる事で、マルーンのような硬くて滑りやすいタイヤに。摩擦抵抗も少ないのでコーナリングも速く、今のミニ四駆には欠かせないタイヤになってきます。
タイヤ

【初心者にもおすすめ】ワークマシンを使ったペラタイヤ加工|必要な道具と作り方を解説

ペラタイヤの作成はワークマシンでも可能。ホイールやシャフトのブレなどに注意して加工すれば、精度の高いタイヤを作る事ができます。特に余っているシャーシさえあればワークマシンとして使えるので、初心者がまずはペラタイヤを作ってみるのにおすすめの方法です。
タイヤ

【ミニ四駆のペラタイヤ】リューターを使った作り方|精度向上にはトルクやビットも重要

ある程度ミニ四駆用の道具も揃ってきた場合、リューターを使ったペラタイヤ作りがおすすめ。トルクやシャフトビットが重要になってきますが、電源さえあれば作れてしまいます。加工の手順はそんなに変わらないので、効率的にペラタイヤを作るのにはおすすめです。
タイヤ

【ペラタイヤの作り方】準備と手順を解説|加工の精度で出てくる仕上がりの差

ペラタイヤ作りで大切なのは準備と加工の丁寧さ。道具の準備はもちろん、使用するホイールのブレなどを確認する事が必要。また削る作業も、地道に少しずつ進めていきます。タイヤに熱を持たせないように削っていく事で、精度の高いペラタイヤを作る事ができます。
タイヤ

【ペラタイヤを使う理由】メリットとデメリットを紹介|軽くて跳ねづらい分、求められる精度

ペラタイヤが多くのマシンに使われているのは、メリットが多いから。タイヤが軽くなる事で跳ねづらくなり、タイヤ径もマシンに合わせて加工する事が可能。しかしマシンの速さに直結するタイヤだからこそ、精度も重要。加工へのハードルは高いですが、使う価値は十分です。
スポンサーリンク