Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1
【作業効率をアップ】ペラタイヤ加工用治具|「測りながら削る」という手間を省いて加工 | ムーチョのミニ四駆ブログ

【作業効率をアップ】ペラタイヤ加工用治具|「測りながら削る」という手間を省いて加工

治具
記事内に広告が含まれています。
  • いちいちタイヤ径を測りながら削るのが面倒…
  • ある程度まで一気に削っていきたい…
  • ペラタイヤ用の治具ってどうやって使うの?

 

ペラタイヤ加工で1番大変なのが、タイヤ径を揃えること。

マシンを速くするのに重要だとわかっていても、目的のタイヤ径までの粗削りは手間に感じてしまいます。

そんな手間の原因は、タイヤを削りすぎないように測りながら削っていくからこそ。

ペラタイヤ加工用の治具を使うことで、効率良く作業を進めていくことができます。

 

 

ペラタイヤ加工用治具のメリット

  • ペラタイヤ加工の作業効率が上がる
  • 23.0mm~27.5mmの大きさまで加工可能
  • 使い続ける治具だからこその安心感

 

もちろん治具によって限れられるタイヤ径や、加工の手間は変わらないなどのデメリットも。

そこらへんも含めて、実際に治具を使ってタイヤ加工している感想をレビューしていきます。

 

商品リンク:ミニ四駆 ペラタイヤ作成 タイヤ加工治具 10段 アルミ製

 

具体的なペラタイヤの加工手順については、こちらの記事で紹介しています。

 

 

 

 

ペラタイヤ加工用治具(アルミ製)

ペラタイヤ加工用治具(アルミ製)

  • ペラタイヤを加工するための治具
  • アルミ製なのでアクリル製に比べ高精度
  • 数字はレーザー刻印なので消えにくい
  • 直径23.0mmから27.5mmの0.5mm刻み
  • 分解できるので汚れても分解清掃可能

 

 

ペラタイヤ加工用治具の気になる点

ペラタイヤ加工用治具の気になる点

治具での仕上がりタイヤ径は限られる

治具での仕上がりタイヤ径は限られる

最終的に作ることのできるタイヤ径は、治具によって限られてきます。

 

治具には、タイヤ径の違いが10種類

このタイヤ径の大きさを目安に、タイヤを削っていくことになります。

 

しかし1番小さいタイヤ径でも、23.0mm

なので23.0mm以下のタイヤ径にする場合、そこからさらに削っていくことになります。

 

23.0mmまではこまめに測らずに削ることができますが、それ以下の場合はその都度測る必要が出てきてしまいます。

 

 

荒削りの作業量は変わらない

荒削りの作業量は変わらない

治具を使うからといって、タイヤの粗削りがかんたんになるわけではありません

 

治具の目的は、あくまでもタイヤ径の目安として。

大まかなタイヤ径の大きさに合わせることで、測りながら削る作業がなくなります

 

しかし、ヤスリなどでタイヤを削る作業は変わりません。

なのでタイヤ径を小さく仕上げる時の、粗削りの作業量は仕方がない部分。

 

治具は、あくまでもタイヤを削る時の目安

最終的な仕上げの慎重さも、普通のペラタイヤ加工同様必要になってきます。

 

 

 

ペラタイヤ加工用治具の特徴

ペラタイヤ加工用治具の特徴

ペラタイヤ加工の作業効率が上がる

ペラタイヤ加工の作業効率が上がる

治具を使う大きなメリットは、ペラタイヤ加工の作業効率が上がる部分にあります。

 

ペラタイヤ加工で重要になってくるのが、タイヤを削りすぎないこと

マシンに合った目的のタイヤ径があるはずなので、それ以下の大きさにならないように加工する必要があります。

 

なのでペラタイヤ加工の際は、タイヤ径を測りながら削っていく必要が。

ある程度削って、デジタルノギスで測ってまた削って。

この繰り返しの作業が、どうしても手間にはなってきてしまいます。

 

しかし治具に合わせて削っていくことで、ある程度まではタイヤ径を測らずに加工が可能

目的のタイヤ径に近づいたら、あとは測りながらの微調整だけ。

なので、ペラタイヤ加工の作業効率としては上げることができます。

 

 

23.0mm~27.5mmの大きさまで加工可能

23.0mm~27.5mmの大きさまで加工可能

ペラタイヤ加工用治具は、23.0mmから27.5mmのタイヤ径まで対応しています。

 

今のミニ四駆の改造として多く使われているのは、23.0mm前後の小径タイヤ

治具を使うことで、23mm,23.5mm,24.0mmなど細かい加工も可能になってきます。

 

またチューン系マシンなどになれば、少し大きめのタイヤも必要に。

そんな時にも、26.0mm前後に合わせることで大きめのタイヤに加工も可能

 

治具の対応範囲が広いので、マシンに合わせたペラタイヤ加工が可能になってきます。

 

 

 

使い続ける治具だからこその安心感

使い続ける治具だからこその安心感

治具自体がアルミ製なので、それなりの精度と強度があります

 

治具を使う上で大切になってくるのが、精度耐久性

細かい部分の精度は個体差もありますが、アルミ製よる安心感はあります。

 

ペラタイヤ加工用の治具には3Dプリンタ製も多いですが、アルミ製であれば耐久性は問題なし

治具の場合、繰り返し使うことがほとんどなので強度面も重要になってきます。

 

使い方もスペーサーを挟んで、ビスで取り付けるだけ。

タイヤも620ベアリングを通して固定するので、しっかり安定。

 

アルミ製は割れたりする心配もないので、使い続ける治具の精度や丈夫さは重要になってきます。

 

 

 

3Dプリンタ製にも似た治具は多い

3Dプリンタ製にも似た治具は多い

ペラタイヤ加工用の治具としては、3Dプリンタ製の治具も多いです。

特に同じような形状、使い方のペラタイヤ加工治具はいろいろ。

 

しかしペラタイヤ加工に大切になってくるのが、誤差の少ない精度

最終的な仕上げについては治具無しでの加工になりますが、それまでの目安として治具を使用することになります。

 

使い続けているうちの劣化破損元からの歪みなどは、3Dプリンタ製よりもアルミ製の方がハズレも少ない印象。

 

3Dプリンタ製の治具にも、とても使いやすい治具は多いです。

しかし耐久性などをアルミ製と比べてしまうと、多少価格は変わる分安心感は出てきます

 

 

 

ペラタイヤ加工の作業効率アップに

ペラタイヤ加工の作業効率アップに

ペラタイヤ加工の際の効率アップのために、ペラタイヤ加工治具はおすすめです。

 

ペラタイヤ加工用治具のメリット

  • ペラタイヤ加工の作業効率が上がる
  • 23.0mm~27.5mmの大きさまで加工可能
  • 使い続ける治具だからこその安心感

 

アルミ製の治具ということで、治具としての値段は上がってきます

 

しかしその分、精度耐久性があります。

何度もくり返し使い続ける治具だからこそ、ある程度の強度も必要。

 

最終的な仕上げは測りながらの加工にはなってきますが、そこまでの過程の測りながらという手間が省ける

これだけでも、ペラタイヤ加工の作業効率は大きく上がってきます。

 

商品リンク:ミニ四駆 ペラタイヤ作成 タイヤ加工治具 10段 アルミ製

 

具体的なペラタイヤの加工手順については、こちらの記事で紹介しています。

 

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
治具
ムーチョをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました