スポンサーリンク
工具

【ミニ四駆のヤスリ】「誉ヤスリ」と「板ヤスリ」がおすすめ|実際使ってきた中から紹介

ミニ四駆用のヤスリとしておすすめできるのは4種類。「誉ヤスリ」は値段はしますが、その分削り心地も他のヤスリとは大違い。また「板ヤスリ」は削る面積も大きいので、ペラタイヤなど均一に削る時に使いやすいです。タミヤ製のヤスリも使い分けできるのでおすすめです。
ペラタイヤ

【初心者にもおすすめ】ワークマシンを使ったペラタイヤ加工|必要な道具と作り方を解説

ペラタイヤの作成はワークマシンでも可能。ホイールやシャフトのブレなどに注意して加工すれば、精度の高いタイヤを作る事ができます。特に余っているシャーシさえあればワークマシンとして使えるので、初心者がまずはペラタイヤを作ってみるのにおすすめの方法です。
ペラタイヤ

【ミニ四駆のペラタイヤ】リューターを使った作り方|精度向上にはトルクやビットも重要

ある程度ミニ四駆用の道具も揃ってきた場合、リューターを使ったペラタイヤ作りがおすすめ。トルクやシャフトビットが重要になってきますが、電源さえあれば作れてしまいます。加工の手順はそんなに変わらないので、効率的にペラタイヤを作るのにはおすすめです。
工具

【材料費は700円】自作の防塵ボックス|30分で作れるリューター作業に必須のアイテム

ミニ四駆の加工作業には、防塵ボックスが欠かせません。しかし買ってまで使おうと思えないのが難しい部分。そんな防塵ボックスも、材料費700円、作業時間30分で作る事ができます。下敷きを加工してトレーに重ねるだけで、ストレスの無い加工が可能です。
ペラタイヤ

【ペラタイヤの作り方】準備と手順を解説|もっとも地道な加工でもっとも差が出る精度

ペラタイヤ作りで大切なのは準備と加工の丁寧さ。道具の準備はもちろん、使用するホイールのブレなどを確認する事が必要。また削る作業も、地道に少しずつ進めていきます。タイヤに熱を持たせないように削っていく事で、再度の高いペラタイヤを作る事ができます。
ペラタイヤ

【ペラタイヤを使う理由】メリットとデメリットを紹介|軽くて跳ねづらい分、求められる精度

ペラタイヤが多くのマシンに使われているのは、メリットが多いから。タイヤが軽くなる事で跳ねづらくなり、タイヤ径もマシンに合わせて加工する事が可能。しかしマシンの速さに直結するタイヤだからこそ、精度も重要。加工へのハードルは高いですが、使う価値は十分です。
ペラタイヤ

【ミニ四駆のペラタイヤとは】メリットの多いタイヤ加工|重要なのは仕上がり精度

今のミニ四駆に欠かせないのが「ペラタイヤ」。タイヤを薄く加工することで軽くなり、ジャンプ後の着地で跳ねづらくなるなどのメリットも多いです、加工の方法もリューターやワークマシンを使ったりと人によって様々。1番重要なのは、速さに直結する精度です。
モーター

【カーボンブラシのモーター慣らし②】注意したのは「電圧」と「熱」|前回の結果から考察

前回の結果から今回は方法を変えて、「電圧」と「熱」に着目してモーター慣らし。低電圧で長時間慣らす事で、コミュテーターへの焼き付きやモーター自身の熱にも注意しながらの慣らしになりました。その結果、前回と同じくらい良い結果を得ることができました。
工具

【ミニ四駆に便利な100均のセリア】代表はフタとまケース|それ以外のおすすめも紹介

100均のセリア(seria)の商品は、ミニ四駆用としておすすめ。マシンサイズピッタリな「フタとまケース」は代表格。細かいパーツを種類ごとに収納するなら「SIKIRIケース」や「小物収納7Pケース」は持ち運びにも使いやすいのでおすすめです。
改造

【両ネジシャフトの使い方】余りがちなパーツを活用|ねじ切りされていない部分で摩耗を防ぐ

ミニ四駆の中でも余ってきてしまうのが「両ネジシャフト」。リヤローラーへ使う事でパーツ点数を減らし、マシンを軽くする事が可能。そしておすすめはねじ切りされていない部分を活用する事。ATの稼働部分やマスダンの取り付けに使えばビスのような摩耗を防げます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました