2022-01

スポンサーリンク
工具

【ミニ四駆の持ち運びにおすすめ】人気のボックス3種類|使っている感想と共に紹介

ミニ四駆の持ち運びにおすすめのボックスは3種類です。マシン1台とパーツの場合は、コンパクトバッグ。マシン複数台とパーツや工具などを持ち運ぶ場合は、レーサーズボックスやポータブルピットがおすすめ。特にまだ荷物の少ない初心者や子どもにはピッタリです。
B-MAXマシン

【B-MAXマシン】限られたパーツでのセッティング|スロープのためにブレーキ重ね貼り

ミニ四駆初心者ほど、セッティングのためのパーツも限られてきます。今回はB-MAXマシンを走らせる中で、限られたパーツでのコース攻略を考えました。走らせて見えてくる、マシンの足りない部分。そこをこれから補っていくのがミニ四駆の楽しさになってきます。
2021MSマシン

【MSフレキ】コースでのシェイクダウン|イメージとは違ったブレーキセッティング

新しく作ったMSフレキのシェイクダウンでは、思っていた以上に良い走りを見せてくれました。しかしコースで走らせる事で課題が見えてくるのがミニ四駆。1度のコースアウトで気になるフロントアンカーの精度やブレーキセッティングなど、改善点も多かったです。
改造

【ホイール貫通のやり方】メリットは3つ|タイヤ外れやパーツを無くすリスクを減らす

難しいイメージのあるホイール貫通こそ、初心者がマネすべき改造になってきます。シャフトが抜けにくくなる事で、タイヤのブレを減らしたりトレッド幅を調整できたり、タイヤが外れてパーツを無くす心配も減らせます。精度を求めなければ手作業で加工が可能です。
B-MAXマシン

【B-MAXマシンの改造】パーツ予算3000円|VZシャーシのマネしやすい改造

ミニ四駆のパーツ予算3000円でどこまで改造できるか。これはB-MAXレギュこそやりやすい改造です。細かな部分でパーツやビスが足りない事はありますが、それでもそれなりに走れるマシンを組む事は可能。初心者でもマネのしやすい改造になっています。
マシン

【B-MAXレギュレーション】ポイントは8つ|初心者や子どもでも楽しめるルール

タミヤ公式とは別で話題になっているのが、B-MAXレギュレーションです。抑えるべきポイントは大きく8つで、どれも初心者や子ども向けに考えられたルール。難しい改造や危険な加工ができないB-MAXだからこそ、初心者でも気軽にマシンを組んで始められます。
マシン

【初心者におすすめなミニ四駆の改造】加工無しのポン付けマシン|HDで速さも確保

今回はミニ四駆初心者向けに改造したマシンを紹介。B-MAXや予算3000円、月1500円などミニ四駆を楽しむためのルールはいろいろ。そんな初心者向けの企画だからこそ改造もシンプルになり、これから始めようと考えている人にもおすすめな改造です。
工具

【ミニ四駆に必要な工具】おすすめはタミヤのベーシックツール|組立と改造で異なる工具

ミニ四駆初心者であれば、どんな工具が必要になるのかわかりません。組み立てに必要なのはニッパー、ドライバー、ピンセット。ヤスリやデザインナイフ、ルーターがあればそれなりの改造や加工もできます。一通り揃えるならタミヤのベーシックツールセットです。
改造

【ミニ四駆のFRP磨き】ヤスリとマッキーで見た目も一工夫|瞬間接着剤で強度もアップ

ミニ四駆の改造にFRPは欠かせません。しかしマシンの見た目や強度の部分で、カーボンで作ったマシンとは差が出てきてしまいます。しかし身近なものを使うだけで、そんなFRP感を消すことが可能。特にマッキーで色を変える加工は、FRPでしかできません。
ポリカボディ

【ミニ四駆のラップ塗装】初心者や苦手な人におすすめ|塗り分け無しで好きな色のマシンに

ポリカボディが主流の現代ミニ四駆において、ボディの塗装も改造のひとつ。しかしミニ四駆初心者や塗装が苦手な人にとっては、細かな塗装には苦手意識があります。しかしラップ塗装であれば、細かな塗り分けもないので簡単。必要な色を用意し押し付けるだけです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました