【ミニ四駆のFRP磨き】ヤスリとマッキーで見た目も一工夫|瞬間接着剤で強度もアップ

FRP,カーボン
記事内に広告が含まれています。
FRPの見た目を少しでもかっこよくできないかな?

 

ミニ四駆の改造に、FRPやカーボンなどのプレートは欠かせません

しかし使う数や手に入れやすさを考えると、カーボンよりFRPの方が選択肢。

そんなFRPも、見た目を少しでもかっこよくすることで使いやすくなってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • マッキーとヤスリでFRP感を隠す
  • FRPの表面を耐水ペーパーで変えていく
  • 磨く以外にも見た目と強度を変化

 

この記事では、ヤスリを使ったFRP磨きの方法について。

マッキーでの塗装や、瞬間接着剤での強度アップについても紹介します。

 

 

ミニ四駆でマシンを改造する場合、カーボンプレートを使うことで見た目もかっこよくなってきます。

しかし実際は、パーツの価格や手に入れやすさからFRPでの改造の方が多いです。

 

そんなFRPプレートの見た目も、身近なものでかんたんにかっこよくすることが可能です。

 

  • 耐水ペーパーで艶消し加工
  • マッキーでカラーを変える
  • 瞬間接着剤で強度をアップ

 

マシンに使用するFRPを一工夫するだけでも、見た目も性能も変化

自分なりに考えて改造したマシンだからこそ、FRPでもそれなりにかっこよく仕上げることが大切です。

 

 

 

マッキーとヤスリで、FRP感を隠していく

マッキーとヤスリで、FRP感を隠していく

FRPの側面部分をヤスリで削る

FRPの側面部分をヤスリで削る

FRPとカーボンの違いのひとつが、プレートの見た目

FRPの場合は白い部分が目立ってしまいますが、ひと手間加えることでFRP感を隠す加工ができます。

 

まずはFRPプレートの側面部分から加工。

側面を400番くらいのヤスリで削っていきます。

表面がザラザラしているので、そのザラザラを整えていくイメージ。

 

表面を整え終わったら、そこから800~1000番くらいまでヤスリの番手を上げていきます。

少しずつヤスリの番手を上げて整えていくことで、側面がキレイな仕上がりになっていきます。

 

 

 

FRP感の出る白い部分を、マッキーで加工

FRP感の出る白い部分を、マッキーで加工

次に、特にFRPの特徴にもなってくる白い部分を加工していきます。

 

この時に使うのは、どこにでもある黒のマッキー

ペン先が太い方が、作業効率も良くなってくるのでおすすめです。

 

加工はかんたんで、マッキーでFRPの白い部分を塗装。

マッキーの塗料が染み込むことで、FRPの見た目が変わります。

 

マッキーを塗り終わったら、1000番以上のヤスリで表面を磨いていきます

ヤスリで削りながら色が落ちた場合は、マッキーを塗り直しながら馴染ませていけば大丈夫です。

 

商品リンク:ゼブラ 油性マーカー ハイマッキー P-MO-150-MC-BK 黒

 

 

 

耐水ペーパーで、FRPの表面を艶消し

耐水ペーパーで、FRPの表面を艶消し

耐水ペーパーを使って、表面の仕上がりを工夫

耐水ペーパーを使って、表面の仕上がりを工夫

FRPの側面部分をマッキーで塗ったら、FRPの表面も加工していきます。

 

FRPの表面を「耐水ペーパー」水研ぎしていくことで、通常のFRPとは違った表面の仕上がりになります。

今回は、やすりの親父フィルムスティックを磨くのに使用。

1000番で仕上げることで、表面が滑らかに仕上がります。

 

100均などにも耐水ペーパーは売っているので、そちらでも同じような加工は可能です。

 

商品リンク:ピットロード やすりの親父 フィルムスティックやすり 1000番 ホビー用ツール PY04

 

 

水研ぎ後は、マットな仕上がりに

水研ぎ後は、マットな仕上がりに

耐水ペーパーを使って、FRPの表面を水研ぎしていきます。

 

耐水性なので、水を垂らしながらの研磨作業

実際にヤスリがけをしてみると、FRPを磨いてる最中はあまり変化を感じません。

しかし磨き終わって乾くことで、見た目に変化が出てきます。

 

磨き終わることでFRPの表面の艶も消え、マットな仕上がりになっているはずです。

 

 

 

FRPの見た目と強度も加工が可能

FRPの見た目と強度も加工が可能

削る前に瞬間接着剤で強度をアップ

削る前に瞬間接着剤で強度をアップ

瞬間接着剤をFRPに染み込ませることで、強度を上げることもできます。

 

FRPとカーボンの違いは、見た目のほかに強度面もあります。

そんな強度面の差を少しでも補えるようにするのが、瞬間接着剤を流し込む方法

 

使うのは、粘度が低く染み込みやすい瞬間接着剤です。

今回使用しているのは、ミニ四駆の改造でもよく使われているWaveの×3S

この接着剤をFRPの側面から染み込ませることで、そのままFRPを使う場合よりも強度が出てきます。

 

ヤスリで削る前に瞬間接着剤を染み込ませておくことで、見た目だけでなく強度面も変化をつけることができます

 

商品リンク:ウェーブ マテリアルシリーズ 瞬間接着剤×3S 低粘速硬 プラモデル用接着剤 OM-016

 

 

見た目の色を変えられるのは、FRPだけ

見た目の色を変えられるのは、FRPだけ

FRP磨きの際に使うマッキーの色を、マシンカラーに合わせて変えることで見た目を大きく変えることもできます。

 

ミニ四駆のマシンの改造、特にFRPカーボンは黒がほとんど。

そんな黒い部分を好みの色に変えることができるのは、FRPでしかできない加工になってきます。

 

自分のマシンにオリジナル感を出したい場合、FRPの色を変えるのもおすすめ

マッキーの色を好みの色にして磨くだけで、他のマシンとは違う仕上がりにできます。

 

商品リンク:ゼブラ 油性マーカー ハイマッキー P-MO-150-MC-R 赤

 

 

 

身近なもので、FRPの見た目と強度を補う

身近なもので、FRPの見た目と強度を補う

カーボンを使わないマシンでも、FRPの見た目や強度を変化させることで違いが出てきます。

 

FRPの加工に必要な物も、身近にあるものだけ。

 

  • 艶消し加工のための「ヤスリ」「耐水ペーパー」
  • FRPの見た目を変える「マッキー」
  • FRPの強度を上げる「瞬間接着剤」

 

このひと手間を加えるだけでも、FRPよりカーボンが良いと言われるFRP感や強度面も補うことができます

 

特にFRPの色を変えてマシンの見た目を変えるのは、カーボンではできない加工。

そんなFRPの良さを活かした改造も、マシン改造のひとつの選択肢になってきます。

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
FRP,カーボン
ムーチョをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました