【ミニ四駆のカーボン加工】電動工具は必須|カットや穴あけ加工の手順を紹介

FRP,カーボン
記事内に広告が含まれています。
ミニ四駆のカーボンの加工ってどうやるの?

 

ミニ四駆の改造を進めるうちに、使うようになるのが「カーボンプレート」

GUPそのままでも使えますが、加工をすることで改造の幅も広がってきます

しかしカーボンプレートの加工は、FRPの加工とは大違い。

はじめは手作業で加工しようとして、苦労した人も多いはずです。

 

 

✅この記事の内容

  • カーボンとFRPでは「硬さが違う」
  • カーボン加工に必要なもの
  • カーボンの「カット」や「穴あけ加工」のやり方

 

この記事では、ミニ四駆のカーボン加工について。

カーボンとFRPでは違いがあるからこそ、必要となる工具

実際の加工の方法と合わせて紹介していきます。

 

 

カーボンとFRPの1番の違いは、その硬さ

そんな硬さの違いによって、加工する際の難易度も大きく変わってきます。

 

なのでカーボンプレートの加工には、電動工具は必須級

リューターや電動ドライバーなどがあることで、加工の幅作業効率も上がってきます。

 

カーボンの切断にはダイヤモンドカッター

新規の穴あけ加工などにはドリル

 

それぞれ大きさの違う種類をいくつか用意しておくことで、加工の際の失敗のリスクも減らすことができます

 

 

 

カーボンとFRPでは「硬さが違う」

カーボンとFRPでは「硬さが違う」

カーボンは硬い分、加工の手間がかかる

カーボンは硬い分、加工の手間がかかる

カーボンとFRPの大きな違いになってくるのが「硬さ」。

 

FRPプレートが「ガラス繊維」で作られているのに対して、カーボンプレートは「炭素繊維」で作られています。

その素材の違いによって、同じ形状のプレートでも硬さには大きな違いが。

 

コースで見かける速いマシンほどカーボンが多く使われているのも、その丈夫さから。

軽くて耐久性もあることで、速いマシンに取り付けた場合も破損しづらくなってきます。

 

しかしその丈夫さによって、カーボンの加工は手作業だけではむずかしいのが現実になってきます。

 

 

 

カーボン加工には、電動工具が必須級

カーボン加工には、電動工具が必須級

カーボンプレートを加工しようとした場合、手作業だけでの加工はおすすめできません

 

カーボンプレートの特徴は、何といってもその硬さ。

ミニ四駆の改造の中には、1枚でも硬いカーボンをさらに重ねて使用する場合も

 

そして問題になってくるのが、それだけ硬いカーボンプレートの加工

プレート自体が硬いだけあって、手作業だけで穴あけや切断をするのは本当に苦労します。

さらに重ねて貼り合わせたプレートの加工となると、さらにハードルは高い。

 

決して手作業だけで加工できないことはありませんが、とてつもない労力と時間が必要に

加工しやすい方法として、カーボンを1枚1枚加工することもできます。

しかし加工しやすい反面、実際に使う時に長さが合わないなどの失敗のリスクも。

 

加工のための工具にまで、お金をかけづらい部分はあります。

しかし失敗のリスク作業効率を考えると、電動工具は必須級になってきます。

 

 

 

 

カーボン加工に必要なもの

カーボン加工に必要なもの

プレートの切断には「ダイヤモンドカッター」

プレートの切断には「ダイヤモンドカッター」

カーボンプレートの切断には、ダイヤモンドカッターが必要になってきます。

 

FRPプレートの切断であれば、ラジオペンチカッターのこなどでも加工は可能。

しかしカーボンプレートの切断の場合、リューターのサイズに合わせたダイヤモンドビットが必須になってきます。

 

ダイヤモンドビットであれば、今は100均などでも売られています。

なのでビットのサイズがリューターに合ってさえいれば、カーボンの加工も可能

 

しかし100均のダイヤモンドカッターの場合、サイズが限られてきます

なので細かい加工には、使いづらい部分も。

 

ミニ四駆の加工には、細かい加工が多いです。

なのでダイヤモンドカッターも、いろいろな大きさがあった方が使いやすいのは間違いありません。

 

商品リンク:ダイヤモンドビット 10本セット シャフト径2.3/2.35mm 8.0 6.2 5.1 4.0 3.0 2.5 2.0 1.5 1.0 0.5 (mm)

 

 

プレートの穴あけ加工には「ドリル」

プレートの穴あけ加工には「ドリル」

カーボンの穴あけ加工には、ドリルも必要になってきます。

 

可能であれば、ドリルもリューターで使えるものがおすすめです。

プロクソンなどでは、はじめからドリルがセットになっているものも。

穴あけ加工では、ドリルも複数の大きさがある方が便利になってきます。

 

六角ビットになっているドリルでも、カーボンの加工は可能。

手作業での加工はおすすめできませんが、電動ドライバーなどに付け替えての作業はできます。

 

ただ100均などの六角ビットドリルの場合、ドリルの精度がいまいちな場合も

ドリルの素材や用途によっても切れ味が変わってくるので、できれば100均以外のものがおすすめです。

 

それでもリューターと電動ドライバーの作業効率を比べると、パワーの違いによってリューターの方が圧倒的に早く終わるのは間違いありません。

 

商品リンク:プロクソン(PROXXON) ドリル10種セット
商品リンク:六角軸ショートチタンドリル2.0mm

 

 

 

 

カーボンの「カット」や「穴あけ加工」のやり方

カーボンの「カット」や「穴あけ加工」のやり方

カットラインよりも余裕をもって切断

カットラインよりも余裕をもって切断

カーボンプレートのカットは、ダイヤモンドカッターを使うことでかんたんにできます。

 

硬いカーボンプレートも、「リューター+ダイヤモンドカッター」の組み合わせで加工も容易。

逆にかんたんにカットできてしまうので、リューターの取扱いには注意が必要になってきます。

細かい加工ほど危険度も上がるので、やはり加工のしやすい大きさのダイヤモンドカッターは必要です。

 

またダイヤモンドカッターを使うことで、切断面を整えることも可能

仕上げは手作業でヤスリの方が確実ですが、ダイヤモンドカッターの平らな面を当てることで切断面を整えられます。

 

カーボンプレートの加工は、カットラインよりも多少余裕をもってのカットがおすすめ

カッターの厚みなどによってもカットラインは変わってくるので、切断後にヤスリで仕上げる方が失敗もしづらくなってきます。

 

 

ドリルは、段階を踏んで穴あけ加工

ドリルは、段階を踏んで穴あけ加工

カーボンプレートの穴あけ加工は、ドリルのサイズを替えながらの加工がおすすめです。

 

カーボンの穴あけ加工として、リューターや電動ドライバーにドリルをセット。

この時、はじめは1.0mm程度の小さい径のドリルを使う方が良いです。

はじめから大きい径のドリルで加工をすると、穴あけ位置がずれた時のリカバリーもむずかしくなってきます。

 

最初は径の小さいドリルで穴をあけ、その穴を基準に少しずつ径を大きくしていく

径の小さいドリルの方が、大きい径のドリルよりも穴あけ自体もしやすいです。

これはFRPプレートの穴あけ加工も同じになってきます。

 

カーボンプレートの穴あけ加工は、ドリルのブレ具合によっても難易度は変わってきます。

リューターの場合も電動ドライバーの場合も、加工前にドリルがブレていないか確認することが必要です。

 

 

 

他にもカーボンの「穴埋め」や「艶消し」加工も

他にもカーボンの「穴埋め」や「艶消し」加工も

カーボンとFRPの1番の違いは、その硬さです。

そんな素材による硬さの違いで、加工する際の難易度も大きく変化。

 

硬いカーボンプレートの加工だからこそ、電動工具は必須級

リューターや電動ドライバーなどがあることで、加工の幅作業効率も上がってきます。

 

カーボンの切断にはダイヤモンドカッター

新規の穴あけ加工などにはドリル

 

それぞれ大きさの違う種類をいくつか用意しておくことで、加工の際の失敗のリスクも減らすことができます

 

他にもカーボンの加工には、「穴埋め」「艶消し」などの加工も。

それぞれ必要となる工具などは変わってきますが、カーボンの使い方の幅を広げるという意味ではおすすめの加工です。

 

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
FRP,カーボン
ムーチョをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました