バンパー

スポンサーリンク
バンパー

【コースへの引っかかり防止】無加工ならB-MAXでも使用可能|GUPやFRPを活用

ミニ四駆のコースアウトの中には、コースに引っかかるのが原因の場合も多いです。しかしそんなコースアウトも、しっかり対策する事で回避が可能。FRPやミニ四キャッチャーの加工。またGUPをそのまま使う事で、無加工なのでB-MAXでも対策が可能です。
バンパー

【セイchan式アンカー】メリットと作り方|19mmローラーを後ろに伸ばす工夫

19mmローラーを後ろに伸ばして取り付けるには、「セイchan式アンカー」がおすすめ。ご本人が作り方を公開している上に、必要となるカーボンも手に入りやすいもの。今では治具も発売されているので、加工が苦手な人でも作りやすくておすすめです。
バンパー

【ミニ四駆のスラストとは】調整におすすめのGUPと付け方|FRPやカーボンで自作も可能

ミニ四駆においてスラスト角の調整は欠かせません。特にフロントローラーのスラスト角は浅すぎてもきつすぎてもダメ。GUPでマシンに合った角度に調整することが必要です。またFRPやカーボンの直プレートを削ることで、簡単に自作することもできます。
バンパー

【ATバンパーの作り方】フルカウルカーボン必要なし|レアパーツ無しでも作れるピボット

今のミニ四駆には欠かせないATバンパー。強度を出すためカーボンで作ろうとしても、貴重なフルカウルカーボンが必要に。しかし通常品のカーボンプレートを加工する事で、代用が可能。フルカウルカーボン無しでも、カーボン製のATバンパーが簡単に作れます。
バンパー

【リヤアンカーの作り方】加工も少なくシンプルに|取り付け方法を替えればどのシャーシでも

精度が必要になってくるリヤアンカーも、抑えるべきポイントを抑えていれば簡単に作る事が可能。この作り方なら、取り付けプレートを替えるだけで他のシャーシでも取り付け可能。まずはリヤアンカーを使ってみたいという人ほど、おすすめの作り方になっています。
バンパー

【ピボット付きATバンパー】作り方を解説|いろいろなシャーシで使えるギミックバンパー

ギミックバンパーの中でも、簡単に作れて使いやすいのが「ピボット付きのATバンパー」。ATバンパーとして稼働する事で、コースに乗り上げた時などのいなし効果。またフロント提灯との連動によるスラスト確保や、ピボットによる衝撃吸収などメリットが多いのも特徴です。
バンパー

【ミニ四駆のLC対策】コースアウトパターン|見直すべきポイント

ミニ四駆をやる上で、誰もがぶつかるのがLCでのコースアウトです。コースアウトしてしまうパターンはLCの「上り」と「下り」の大きく2つ。LC対策として見直すべきポイントは、コースアウトしてしまうパターンによっても対策方法が変わってきます。
バンパー

【MSフレキ】スラスト抜けの原因|フロントアンカーとブレーキプレートの見直し

MSマシンのシェイクダウンで出てきた問題は2つ。初めてのフロントアンカーには、ローラーのスラスト抜けがあったのではと考え可動域を調整。また前後のブレーキプレートを治具を使いながら加工することで、再現性と角度を調整。見た目よりも走りの変化に期待です。
バンパー

【リヤアンカーの作成】微調整が大切|引っかかり防止とリヤブレーキで活かす動きの良さ

最近のマシンに良く見かけるリヤアンカー。作りが簡単だからこそ、微調整しながらの加工が大切です。リヤブレーキを抑えにしたりローラーへの引っかかり防止を取り付けることで、リヤアンカーの動きを最大限に活かした作りにすることが可能になってきます。
バンパー

【フロントアンカーの作成】前後左右のガタつきを無くす|シャーシへの密着と抑えが重要

これまではリヤへの取り付けが多かったアンカー。しかし最近はフロントアンカーのマシンも多く見かけます。リヤに比べ難しさや使いづらさのあるフロントアンカー。しかし丁寧な加工と抑えを作ることで、フロントにも機能するアンカーを作ることができます。
スポンサーリンク