【ペラタイヤを使う理由】メリットとデメリットを紹介|軽くて跳ねづらい分、求められる精度

タイヤ
記事内に広告が含まれています。
ミニ四駆でペラタイヤを使うメリットって何?

 

ミニ四駆では当然の改造になってきている「ペラタイヤ」

タイヤを加工するというハードルはありますが、マシンを速くするための改造としては必要になってきます。

しかしペラタイヤを使う上では、メリットやデメリットも知っておくことが重要になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • タイヤが軽くなるメリット
  • ペラタイヤに加工するメリット
  • ペラタイヤ加工のデメリット

 

この記事では、ペラタイヤのメリットについて。

メリットだけではなく、デメリットになってくる部分も紹介します。

 

 

ミニ四駆でペラタイヤを使うメリットはいくつかあります。

 

  • マシンの足回りが軽くなる
  • 反発力が小さくなり跳ねづらい
  • タイヤ径を調整できる

 

ペラタイヤはタイヤのゴム部分を薄く加工することで、立体コースを走るマシンに欠かせない改造になってきます。

 

しかしそんなペラタイヤを使う上では、注意すべき点も

特に大切なのが、タイヤの精度が大事になってくること

タイヤの精度によってマシンの速さは変わってくるので、タイヤ加工の際には慎重な作業が求められます。

 

ペラタイヤには、使うメリットが多いのは間違いありません

しかし作る際のハードルが高いなど、デメリットとなる部分も知っておくことが大切です。

 

 

 

 

タイヤが軽くなるメリット

タイヤが軽くなるメリット

タイヤ4つで4gの差が出てくる

タイヤ4つで4gの差が出てくる

タイヤのゴム部分を薄く加工することで、タイヤの重さを軽くすることができます。

 

タイヤの重さは、「ホイールの重さ」+「ゴム部分」の重さ

特にゴム部分の重さがほとんどになっています。

そんなゴム部分の厚さを薄くすることで、タイヤとしての重さには違いが出てきます。

 

例えば同じローハイトタイヤでも、加工前が3gなのに対してペラタイヤにすることで2gに。

ミニ四駆はタイヤが4つ付いているので、タイヤだけでも4gの違いが出てくることになります。

 

ミニ四駆の場合、軽いマシンの方が速度も上がってきます。

結果タイヤの軽さというのは、マシンの速さに大きく影響してくる部分になってきます。

 

 

着地時の反発力が小さくなる

着地時の反発力が小さくなる

またペラタイヤに加工することで、ジャンプ後の着地などで跳ねづらくなってきます。

 

今のミニ四駆コースでは、DBやスロープとよばれるマシンがジャンプする立体コースが主流

そんなコースを走る中では、マシンが安定して着地することが欠かせません

 

基本的にミニ四駆のタイヤのゴムは、着地時の衝撃に対して反発力が生まれやすいです。

ゴムの素材によっても変わってきますが、ゴム部分が薄いペラタイヤの方が着地時の反発力も小さくなってきます。

 

結果ペラタイヤに加工することによって、今の立体コースには必要なジャンプ後の着地などで跳ねづらいタイヤにすることができます。

 

 

 

ペラタイヤに加工するメリット

ペラタイヤに加工するメリット

同じタイヤ径でも、足周りが軽くなる

同じタイヤ径でも、足周りが軽くなる

同じホイールを使ったタイヤでも、ペラタイヤ加工をすることでタイヤ径を変えることができます。

 

通常、ローハイトホイールにローハイトタイヤを取り付けた場合の大きさは26mm

しかしタイヤ部分を薄く加工することで、タイヤ径を25mm24mmに変えることができます

 

また、大径ホイールにタイヤを取り付けてペラタイヤに加工した場合。

ローハイトタイヤと同じように、26mm径のタイヤにすることができます。

 

ペラタイヤに加工することで、ゴム部分の重さが変わってきます

なので同じ26mm径のタイヤでも、足回りの軽さに大きく差が出てきます

 

今のミニ四駆に多い改造は、跳ねづらさや加速重視の22mm~24mmくらいの小径タイヤ

ローハイトタイヤをペラタイヤに加工しているマシンがほとんどになってきます。

 

 

 

タイヤ径や種類など、自由度が高い

タイヤ径や種類など、自由度が高い

ペラタイヤのメリットには、使いたいタイヤを使いたいサイズで使える部分にもあります。

 

ミニ四駆のタイヤは、タイヤ径タイヤの種類によって特徴が変わります。

コースレイアウトやマシンの走り方によって、それらのタイヤを使い分けてセッティングしていくことになります。

 

たとえば1番使われている、ローフリクションタイヤを使う場合。

タイヤの特徴から摩擦抵抗は少ないので、コーナーなどで他のタイヤより速さが目立ってきます。

しかしグリップ力には劣る部分があるので、タイヤ径を小さくすることで少しでも加速力を補うことになってきます。

 

このタイヤ径の小さいローフリクションタイヤを使う場合の選択肢は2つ。

小径ローハイトタイヤを使う場合と、ローハイトタイヤを24mm径に加工して使う場合があります。

 

この場合無加工タイヤが条件でなければ、タイヤの重さの面ではペラタイヤが選択肢に

タイヤ径も23.5mmや23mmなど細かく調整もできるので、ペラタイヤの方が自由度は高くなってきます。

 

 

 

 

ペラタイヤ加工のデメリット

ペラタイヤ加工のデメリット

精度が求められる地道な作業

精度が求められる地道な作業

ペラタイヤはマシンの速さに直結してくるからこそ、仕上がりの精度が大切になってきます。

 

ペラタイヤの加工は、ほとんどが手作業

地道にタイヤを目的のタイヤ径まで削っていくことになります。

 

この時、しっかりタイヤの平面を出して削っていくことはもちろん。

リューターやワークマシン、ホイールのブレ、タイヤ表面の仕上げ具合によって、ペラタイヤの精度が大きく変わってしまいます。

 

マシンを速くするためのペラタイヤだからこそ、加工作業に精度が求められるのがむずかしい部分になってきます。

 

 

 

決してかんたんな加工ではない

決してかんたんな加工ではない

精度を意識しながら加工していくペラタイヤだからこそ、どうしても手間にはなってきます

 

タイヤひとつを作るのにも、いくつもの工程が必要

少しずつ削っていき、そのたびにタイヤ径を測っていく必要が出てきます。

そして目的のタイヤ径に近づいたら、精度を上げるための仕上げ作業

これを、タイヤによっては4本分作業をする必要があります。

 

決してかんたんに終わる作業ではないからこそ、加工に取りかかるまでのハードルも高くなってきます。

速いマシン作りというのが、一筋縄ではいかないのも納得の作業量になってきます。

 

 

 

ペラタイヤを使うメリットは多い

ペラタイヤを使うメリットは多い

ミニ四駆でペラタイヤを使うメリットはいくつもあります。

 

  • マシンの足回りが軽くなる
  • 反発力が小さくなり跳ねづらい
  • タイヤ径を調整できる

 

ペラタイヤはタイヤのゴム部分を薄く加工することで、立体コースを走るマシンに欠かせない改造

 

しかしそんなペラタイヤを使う上では、注意すべき点もあります。

特に大切なのは、タイヤの精度

タイヤの精度によってマシンの速さは変わってくるので、地道な加工作業の中でも慎重な作業が求められてきます。

 

ペラタイヤには、使うメリットが多いのは間違いありません

しかし作る際のハードルが高いなど、デメリットとなる部分も知っておくことが大切です。

 

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
タイヤ
ムーチョをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました