【WC2018】模擬コースでアイガースロープのブレーキに大苦戦

Winter 2018 東京大会D

 

1回戦敗退で終わった、僕のウィンター東京大会D。

 

反省を踏まえ、大会前のFORCE LABOでの練習と、大会当日のマシンセッティングを改めて考えたいと思います。

 

 

 

 

まずは大会前…

 

FORCE LABOに行き、模擬コースでの練習をしていました。

 

 

まずは自分の中で考えていたマシンのセッティングはこんな感じ。

 

前後共にスライドダンパー。

段付きハーフにカットした26mmのローフリクションタイヤ。

モーターをMDではなくHDモーターにした分、ブレーキはリヤのみ。

3.7:1のギヤ比で模擬コースへ挑戦しました。

 

 

すると、アイガースロープでそのまま飛び越し…

 

 

もちろん上手くコースに収まってくれたりはしませんでした 笑

 

やはり自分の中でのセッティングではイメージ通りにはいかず…

ブレーキも全く効いていなかったようです 笑

 

 

ここからさらにセッティングを考えることに…

 

 

まずはフロントにもブレーキを追加。

ブレーキは効いているけど、効きすぎて明らかに減速…

立ち上がりを良くするためにもタイヤをスーパーハードに変更。

それでも減速が大きいので、ブレーキの種類と位置を色々調整。

少しでもスピードを上げようとスタビを17mmのローラーに変更。

結果、とりあえず安定して完走出来るようにはなりました 笑

 

 

模擬コースでの僕の感覚としてはこんな感じでした。

 

もちろん、タイムを考えればもっと詰める必要があったと思いますが、あくまでも完走出来るギリギリのラインにしていました。

そしてこのセッティングでいこうと考えていた大会当日、ミニ四駆はそんな都合よくいかない事を思い知らされました…笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました