【初心者におすすめのミニ四駆モーター】チューン系とダッシュ系のランキング|一覧で解説

モーター
ミニ四駆でおすすめのモーターは何?

 

ミニ四駆の速さの元となってくるモーターには、種類が多いです。

なので実際、どのモーターを使えばマシンが速くなるのか

どのモーターなら自分のマシンに合っているのかも悩む部分になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • ミニ四駆のモーターの種類
  • チューン系モーターのおすすめランキング
  • ダッシュ系モーターのおすすめランキング

 

 

チューン系モーターのおすすめランキング

※片軸/両軸

 

ダッシュ系モーターのおすすめランキング

※片軸/両軸

 

これまでミニ四駆をやってきた中で、全種類のモーターを使ってきています。

そんな経験から、おすすめのモーターをランキング

どのモーターも、タミヤの公式大会でも使用可能なモーターになっています。

 

ミニ四駆初心者にも扱いやすいのが、チューン系のモーター

そこからさらに速いマシンにする、ダッシュ系モーターに分けてランキングしています。

 

使うシャーシと求める速度域がわかれば、モーター選びもむずかしくありません

 

 

 

ミニ四駆のモーターの種類

チューン系モーター ダッシュ系モーター
片軸 AT2 TT2 RT2 HD3 PD SD LD
両軸 AT2PRO TT2PRO RT2PRO HDPRO MDPRO LDPRO

ミニ四駆のモーターには、大きく2種類の形があります。

 

片軸シャーシ用両軸シャーシ用

使うシャーシによって使えるモーターも変わってくるので、選ぶ際は注意が必要です。

 

さらにその中でも、チューン系ダッシュ系のモーターに分けられます。

 

 

 

 

チューン系モーターのおすすめランキング

1位 2位 3位
AT2 AT2PRO TT2 TT2PRO RT2 RT2PRO
画像
適正電圧(V) 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0
推奨負荷トルク(mN・m) 1.5~1.8 1.6~1.8 1.6~2.0 1.7~2.1 1.2~1.5 1.2~1.5
回転数(r/min) 12700~14900 12300~14500 12300~14700 12200~14400 13400~15200 13200~14900
消費電流(A) 1.8~2.2 1.5~1.7 1.7~2.0 1.7~2.0 1.6~2.0 1.5~1.8

1位:AT2モーター/AT2モーターPRO

AT2モーター/AT2モーターPRO

チューン系モーターの中で、もっともバランスのとれたモーターがアトミックチューン2モーターになります。

 

トルク面でも回転数でも、トルクチューンやレブチューンモーターの中間くらいになってきます。

しかしその分モーターとしては扱いやすく、初心者にもおすすめのモーター

 

複雑なコースレイアウトでなければ、本格的なセッティングでなくても完走は可能になってきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ No.486 アトミックチューン2モーター 15486
商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ No.489 アトミックチューン2モーターPRO 15489

 

 

2位:TT2モーター/TT2モーターPRO

TT2モーター/TT2モーターPRO

チューン系モーターの中でも、トルク寄りになってくるのがトルクチューン2モーターになります。

 

今のミニ四駆コースのほとんどが、ジャンプやバンクなどの多い立体コースです。

なのでマシンの走り方としては、ブレーキによる速度制御からの再加速などが必要。

そんな立体コースでは、トルクチューンのパワーが活きてきます。

 

モーターにも個体差があるため、モーターの個体やコースによってはアトミックチューンより速い場合も

1位のアトミックチューンモーターと合わせて、初心者向けのモーターになっています。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ GP.484 トルクチューン 2モーター 15484
商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ GP.487 トルクチューン 2モーターPRO 15487

 

 

3位:RT2モーター/RT2モーターPRO

RT2モーター/RT2モーターPRO

チューン系モーターの中でも、最高速向けなモーターがレブチューン2モーター

 

チューン系モーターの中でも回転数が高いので、最高速を出しやすいのが特徴。

しかし現代のコースは、パワーの必要となる立体コースがほとんど

なのでトルク面で劣ってくるレブチューン2モーターは、コースに合ったモーターとはいえません

 

なので他のチューン系モーターと比較すると、あまり実用的なモーターではありません

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ GP.485 レブチューン 2モーター 15485
商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ GP.488 レブチューン 2モーターPRO 15488

 

 

 

ダッシュ系モーターのおすすめランキング

1位 2位 3位
HD3 HDPRO PD SD MDPRO LD2 LD2PRO
画像
適正電圧(V) 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0 2.4~3.0
推奨負荷トルク(mN・m) 1.5~1.8 1.6~1.8 1.5~2.0 1.3~1.8 1.3~1.8 1.3~1.9 1.3~1.9
回転数(r/min) 12700~14900 12300~14500 19900~23600 20700~27200 20000~24500 14600~17800 14600~17800
消費電流(A) 1.8~2.2 1.5~1.7 2.5~3.3 2.8~3.8 2.6~3.5 1.5~2.2 1.5~2.2

1位:HD3モーター/HDモーターPRO

HD3モーター/HDモーターPRO

ダッシュ系モーターの中で、回転数もパワーも中間くらいの位置にあるのがハイパーダッシュモーターです。

 

チューン系モーターから乗せ換えた時の、速さの違いはあきらかです。

毎年ジャパンカップに合わせて新しいモデルが発売されるのも、人気があって使いやすいから。

 

モーターが速くなる分、マシンの制御はむずかしくなってきます。

しかしコースによっては使いやすいモーターにもなるので、ひとつは持っていて間違いないモーターです。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツシリーズ No.477 GP.477 ハイパーダッシュ3モーター 15477
商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツシリーズ No.375 GP.375 ハイパーダッシュモーターPRO 15375

 

 

2位:PDモーター,SDモーター/MDモーターPRO

PDモーター,SDモーター/MDモーターPRO

ダッシュ系モーターの中でもっとも速いモーターになってくるのが、MAやMSなどの両軸シャーシであればマッハダッシュモーター

VZやFM-Aシャーシなどの片軸シャーシの場合は、パワーダッシュスプリントダッシュモーターが1番になってきます。

 

片軸シャーシ用のパワーダッシュとスプリントダッシュモーターの違いは、トルク寄りか最高速寄りか

どちらも公式大会で使えるダッシュ系モーターの中では、最速のモーターになります。

パワーダッシュモーターは、力強い走りによる再加速などに向いたモーター。

スプリントダッシュモーターは、回転数も高いので最高速の出るモーターになります。

 

両軸モーターの中でもっとも回転数が高く、多くのレーサーに使われているのがマッハダッシュモーター

両軸モーターで最速なモーターは1種類だけになりますが、公式大会などでも多くのレーサーに使われているモーターです。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.317 GP.317 パワーダッシュモーター 15317
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.318 GP.318 スプリントダッシュモーター 15318

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.433 GP.433 マッハダッシュモーターPRO 15433

 

3位:LDモーター/LDモーターPRO

LDモーター/LDモーターPRO

ダッシュ系モーターの中でも、もっとも遅いモーターがライトダッシュモーターになります。

 

遅いモーターといっても、チューン系モーターに比べればじゅうぶん速い

他のダッシュ系モーターとは使われているブラシの違いもあるので、扱い方はチューン系モーター寄りになってきます。

 

パワーや回転数などは、他のダッシュ系モーターに及びません。

しかし扱いやすい分、コースレイアウトによってはハイパーダッシュモーターなどよりも速い場合があります。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ No.455 ライトダッシュモーター 15455
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.402 GP.402 ライトダッシュモーターPRO 15402

 

 

 

 

実際どのモーターを選べばいいのか

実際どのモーターを選べばいいのか

引用:タミヤ公式HP

チューン系は、初心者にこそおすすめのモーター

チューン系は、初心者にこそおすすめのモーター

チューン系のモーターは、初心者にこそおすすめのモーターになります。

 

キット付属のノーマルモーターから、チューン系のモーターに変更するだけでもマシンの速さは変わってきます

その分コースアウトしないためのセッティングが必要となりますが、チューン系であればそこまで本格的な改造も必要なし

どのシャーシにも合う、ファーストトライパーツセットを付けるだけでもある程度のコースなら完走は可能です。

 

それなりに速いモーターながらも扱いやすいので、子供にもおすすめ

アトミックチューン2かトルクチューン2モーターに替えるだけでも、ミニ四駆を十分に楽しめます

 

 

 

チューン系に慣れたら、ハイパーダッシュモーターに

チューン系に慣れたら、ハイパーダッシュモーターに

チューン系モーターで慣れてきたら、ダッシュ系モーターを使ってみるのがおすすめです。

 

ダッシュ系モーターの中でも特に、ハイパーダッシュモーターは速くてバランスのとれたモーター

毎年ジャパンカップモデルも発売されるほどなので、持っていても間違いはないモーターです。

 

モーターが速くなる分セッティングはむずかしくなりますが、それもミニ四駆の楽しみのひとつ。

チューン系モーターにも慣れて初心者から一歩先へ進みたい人には、まずハイパーダッシュモーターがおすすめです。

 

 

使ってきた経験から、おすすめできるモーター

使ってきた経験から、おすすめできるモーター

ミニ四駆のおすすめモーターはこちらです。

 

チューン系モーターのおすすめランキング

※片軸/両軸

ダッシュ系モーターのおすすめランキング

※片軸/両軸

 

特にチューン系モーターであれば、アトミックチューン2トルクチューン2モーター

ダッシュ系モーターであれば、ハイパーダッシュモーターがおすすめです。

 

ミニ四駆上級者でも、コースによっては使われているようなモーター

なのでミニ四駆初心者でも子供でも、選んでおいて間違いはありません

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました