【初心者向けのモーター慣らし】おすすめの方法3選|予備のシャーシや電池ボックスで可能

モーター慣らし機
初心者にもおすすめのモーター慣らし方法は?

 

モーター慣らしというと、ミニ四駆初心者にはハードルが高いイメージ

それなりの機器の準備や、経験知識も必要そうな印象です。

しかし、モーターが速くないとマシンが速くならないのも事実。

そんなモーター慣らしも、やり方によっては初心者にもマネしやすい方法になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • コースで走らせながら慣らしていく方法
  • ワークマシンを使って慣らす方法
  • 電池ボックスを使う方法

 

この記事では、ミニ四駆のモーター慣らしの方法を。

初心者にもマネしやすい方法を3種類紹介します。

また、モーター慣らし機を使った方法は別の記事で紹介しています。

 

 

 

ハードルが高く、むずかしそうなイメージのあるモーター慣らし

しかしやり方によっては、初心者にもマネしやすい方法があります。

 

  • ひたすらコースで走らせる
  • ワークマシンを使って慣らす
  • 電池ボックスを組み立てて慣らす

 

どの方法も、本格的なモーター慣らしに比べれば用意するものも少なくて済みます

予備のシャーシ電池ボックス慣らすための電池があればモーター慣らしが可能。

 

しかしかんたんにできる慣らし方だからこそ、電池によって電圧が一定ではないなどのデメリットもあります。

 

モーター慣らし機を使った、本格的なモーター慣らしには及ばない。

しかしまずはモーター慣らしをやってみるという意味では、おすすめの方法になっています。

 

 

 

 

コースで走らせながら慣らしていく方法

コースで走らせながら慣らしていく方法

マシンとコースがあれば実践可能

マシンとコースがあれば実践可能

1つ目の方法は、コースでマシンを走らせながら慣らしていく方法です。

この方法は、マシンとコースがあれば可能。

 

あけポン状態のモーターをマシンにセットし、ひたすらコースで走らせます

実際にモーターが動くことで、モーター内部のブラシが削れていきます。

特に低電圧で長時間かけて削っていく、カーボンブラシにはおすすめの方法

 

コースを走る中で負荷もかかるので、無負荷よりも実践的なモーターの慣らしになってきます。

 

 

モーターを冷やしながらの慣らしができない

モーターを冷やしながらの慣らしができない

この方法の場合、モーターの熱に注意が必要になってきます。

 

モーターにとって最も気を付けるべきは熱

実際にコースを走ることで、モーターは熱を持ってきます。

他の方法のように、モーターを冷やしながらの慣らしにはなりません

 

熱に弱いモーターだからこそ、慣らしながらも熱には注意が必要

モーターを冷やすためには、休憩を取りながら走らせることになってきます。

なので長時間コースで走らせていくと、けっこうな時間がかかります

 

また使いながらブラシを削ってピークに持ってくるので、モーターの寿命が早くなってくるのも気になる部分です。

 

 

 

ワークマシンを使って慣らす方法

ワークマシンを使って慣らす方法

使っていないシャーシだけで可能

使っていないシャーシだけで可能

2つ目は、ワークマシンを使ってモーター慣らしをする方法です。

 

使っていないシャーシにタイヤやギヤなどを取り付けなければ、モーターだけを回転させることが可能。

電池をセットしスイッチを入れれば、モーターを動かし続けることができます

またダミー電池を使えば、1.5vでの慣らしも可能になってきます。

 

ワークマシンの場合、コースを走らせて慣らす場合よりもモーターのクーリングもやりやすいです。

ワークマシンの近くに冷却用のファンを置いたり、ワークマシン自体を冷蔵庫などで冷やす方法も。

 

使わなくなったシャーシがあればできる方法なので、初心者にもやりやすい方法です。

 

商品リンク:AF ダミー電池 単三(AA/14500) 2本セット AF-DB01AA
商品リンク:Keynice USBファン 静音 冷却ファン 強力 パソコン 送風機 扇風機 ミニファン 小型 ファン 9枚羽根 ルーター 水槽 冷却 薄型 12cm KN-1732

 

 

電池交換の手間と、一定ではない電圧が問題

電池交換の手間と、一定ではない電圧が問題

ワークマシンでのモーター慣らしのデメリットは、手間がかかること。

 

乾電池で慣らしている分、電池が無くなったら交換が必要です。

また電池なので、使っていくうちに減っていき電圧が一定ではありません

 

ただモーターを回し続けるだけの慣らしであれば、特に問題はありません。

しかし一定の電圧を保って慣らそうとした場合、むずかしい方法になってきます。

 

 

 

電池ボックスを使う方法

電池ボックスを使う方法

手に入れやすい電池ボックスは、正転逆転も簡単

手に入れやすい電池ボックスは、正転逆転も簡単

3つ目は、タミヤの工作キットなどの電池ボックスを使う方法です。

 

タミヤの工作キットやAmazonなどでも、簡易キットは手に入れやすいです。

実際に作るのもかんたんで、使っていないモーターホルダーをワニ口クリップなどでつなぐだけ

キットによっては、正転逆転の切り替えもスイッチひとつでかんたんにできます。

 

この方法の場合、9V電池での慣らしにも使いやすいです。

9V電池の場合、ワークマシンには入らないので直にモーターと電池を接触させることになります。

 

この時もモーターホルダーやワニ口クリップがあれば、間接的に接続できるのでやりやすいです。

 

商品リンク:タミヤ 楽しい工作シリーズ No.150 単3電池ボックス 1本用 スイッチ付 (70150)
商品リンク:タミヤ 楽しい工作シリーズ No.151 単3電池ボックス 2本用 スイッチ付 (70151)
商品リンク:uxcell ワニ口クリップコード BNC端子ワニグチクリップコード みのむしクリップ 長さ0.92M

 

 

 

ワークマシン同様、乾電池を使うのがデメリット

ワークマシン同様、乾電池を使うのがデメリット

電池ボックスの場合、モーター慣らしの前に組み立てるという手間は必要になってきます。

 

ワニ口クリップなどで、電池ボックスとモーターホルダーなどをつなぐ作業は必要。

ワークマシンのように使い慣れていない場合、電池交換の時なども手間に感じてしまいます。

またワークマシンの時と同じように、乾電池を使っている分電圧は安定しないのもデメリット。

 

より正確にモーター慣らしをしようとする場合は、あまり向いていない方法になってきます。

 

 

 

初心者でもモーター慣らしを始めやすい方法

初心者でもモーター慣らしを始めやすい方法

初心者ほどむずかしそうなイメージなのが、ミニ四駆のモーター慣らし

しかしモーター慣らしも、初心者にもマネしやすい方法があります。

 

  • ひたすらコースで走らせる
  • ワークマシンを使って慣らす
  • 電池ボックスを組み立てて慣らす

 

どの方法も本格的なモーター慣らしに比べれば、用意も少なく手軽に始められます

予備のシャーシ電池ボックス慣らすための電池があればモーター慣らしが可能。

 

しかしかんたんにできる慣らし方だからこそ、乾電池によって電圧が一定ではないなどのデメリットもあります。

 

モーター慣らし機を使うような、本格的なモーター慣らしには及ばない方法。

しかしまずはモーター慣らしをやってみるという意味では、初心者にもおすすめの方法です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました