【中級者以上におすすめ】電源供給で安定した電圧|ミニ四駆に欠かせないモーター慣らし機

モーター慣らし機
モーター慣らしは慣らし機を使った方がいいの?

 

ミニ四駆のモーター慣らしといっても、やり方はいろいろ。

ワークマシン電池ボックスを使った方法であれば、初心者にもかんたんにできます。

しかし速いレーサーほど、モーター慣らし機を使ってやっている人も多いです。

モーター慣らし機といっても種類が多いことから、どれから使い始めればいいかむずかしいです。

 

 

✅この記事の内容

  • モーター慣らし機を使った方が良い理由
  • 中級者向けは、パワーステーションやG-FORCE
  • 多機能なTHUNDERなどは上級者向け

 

この記事では、モーター慣らし機を使ったモーター慣らしについて。

モーター慣らし機を使う理由や、実際に使われている種類について紹介します。

また、初心者向けのモーター慣らしについてはこちらの記事で紹介しています。

 

 

 

ミニ四駆のモーター慣らしも、モーター慣らし機を使った方が安定して慣らすことができます。

 

乾電池を使ってもモーター慣らしはできますが、長時間になるほど安定した電圧にはならなくなってきます

なので安定してモーター慣らしをする場合は、モーター慣らし機があった方が良いです。

 

手ごろなモーター慣らし機としては、「パワーステーション」や「G-FORCE」。

実際の出力電圧の誤差はありますが、長時間の安定した出力や使いやすさの面でもおすすめになってきます。

 

そこからさらに本格的なモーター慣らしになってくると、「THUNDER」などの出力機が欠かせなくなってきます。

誤差の無い電圧と出力ニッケル水素電池の充放電にも使用できるので、本格的にミニ四駆をやる上では欠かせません。

周辺機器の準備などもあり価格面では高くなってきますが、それなりの使い勝手の良さが特徴です。

 

商品リンク:OPTION No.1 パワーステーション NO-PS01
商品リンク:G-FORCE ジーフォース Mini Break-In System +R G0321
商品リンク:Thinksmart HOTA ミニ四駆 充電器 【 Turnigy Reaktor 250W 10A 同型 】THUNDER (ブラック)

 

 

 

モーター慣らし機を使った方が良い理由

モーター慣らし機を使った方が良い理由

安定した電圧で長時間の使用も可能

安定した電圧で長時間の使用も可能

ミニ四駆中級者以上な人ほど、モーター慣らし機を使った方法がおすすめになってきます。

 

モーター慣らし機を使うことで、ワークマシンなどのように電池交換が必要なし

任意の電圧に調整が可能で、長時間の使用にも向いています。

 

モーターの回転数の測定にも使えるので、安定した電圧で慣らし前後を比較することができます。

 

 

使いやすい機器ほど金額もかかってくる

使いやすい機器ほど金額もかかってくる

モーター慣らし機の場合、ワークマシンなどに比べて準備が必要になってきます。

 

モーター慣らし機単体でも、それなりに価格はしてきます。

パワーステーション」や「G-FORCE」であれば、手ごろな充電器くらい。

上級者向けの「THUNDER」などの機器になってくると、周辺機器も必要になるのでさらに。

 

モーター慣らしの作業がやりやすくなる分、揃えるための金額もそれなりにかかってきます。

 

 

 

中級者向けは、パワーステーションやG-FORCE

中級者向けは、パワーステーションやG-FORCE

長時間一定の電圧で使い続けられる

長時間一定の電圧で使い続けられる

パワーステーションやG-FORCEのモーター慣らし機でも、一定の電圧に調整ができます

 

乾電池を使ったモーター慣らしとは違い、時間によって電圧が落ちてくることはありません

電源さえつないでいれば、長時間での使用も可能になってきます。

 

時間のかかるモーター慣らしにおいて、長時間一定で使い続けられるのは大きいです。

 

 

出力電圧との誤差が使いづらい部分

出力電圧との誤差が使いづらい部分

手ごろな値段の機器ということもあり、実際の電圧と違うのが使いづらい部分になってきます。

 

パワーステーションやG-FORCEの場合、電圧の調整がむずかしい

機器本体には、電圧を調整するための目盛りやダイヤルがあります。

しかし、実際に出力されている電圧には多少の誤差も

 

ただ誤差の範囲がわかっていれば、調整は可能。

必要な電圧によって目盛りを設定すればいいだけです。

 

しかし、機器の正確さの面では使いづらいデメリットになってきます。

 

商品リンク:OPTION No.1 パワーステーション NO-PS01
商品リンク:G-FORCE ジーフォース Mini Break-In System +R G0321

 

 

 

 

多機能なTHUNDERなどは上級者向け

多機能なTHUNDERなどは上級者向け

電池の充放電もできる多機能性

電池の充放電もできる多機能性

THUNDERなどの機器の場合も、安定した電圧供給が可能です。

 

THUNDERなどの大きな特徴は、任意の電圧を安定して出力できること

表示通りの電圧を出すことで、しっかりとしたモーター慣らしが可能です。

またTHUNDERなどは、モーター慣らしだけでなく電池の充放電にも使えます

 

その多機能性や安定性から、トップレーサーのほとんどが使っているのも納得の機器になってきます。

 

 

性能が優れている分、金額がかかってくる

性能が優れている分、金額がかかってくる

THUNDERなどの場合、他のモーター慣らし機に比べても価格はしてきます

 

これらの機器の場合、本体だけで使用することができません

使用するための電源や、モーターなどに接続するためのケーブルなども必要になってきます。

 

本体自体の価格も、Amazonなどでも9000円ちょっと。

ここへさらに、必要な周辺機器も足していくことになります。

安定した機能の分、揃える場合の金額はどうしてもかかってきます

 

価格も性能も申し分ないのが、THUNDERなどのモーター慣らし機。

技術や経験もある程度身についた、上級者にこそ向いている機器になっています。

 

商品リンク:Thinksmart HOTA ミニ四駆 充電器 【 Turnigy Reaktor 250W 10A 同型 】THUNDER (ブラック)

 

 

 

 

安定した慣らしには、モーター慣らし機がおすすめ

安定した慣らしには、モーター慣らし機がおすすめ

ミニ四駆のモーター慣らしは、モーター慣らし機を使うことで安定して慣らすことができます。

 

乾電池を使った場合のデメリットは、長時間になるほど安定した電圧にならないこと

なので安定してモーター慣らしをする場合、モーター慣らし機は必須です。

 

手ごろなモーター慣らし機としては、「パワーステーション」や「G-FORCE」。

実際の出力電圧の誤差はありますが、長時間の安定した出力や使いやすさの面でもおすすめになってきます。

 

本格的なモーター慣らしをする場合は、「THUNDER」などの出力機が欠かせなくなってきます。

誤差の無い電圧と出力ニッケル水素電池の充放電にも使用できるので、本格的にミニ四駆をやる上では便利。

周辺機器の準備などもあり金額は高くなってきますが、それなりの使い勝手の良さが特徴です。

 

商品リンク:OPTION No.1 パワーステーション NO-PS01
商品リンク:G-FORCE ジーフォース Mini Break-In System +R G0321
商品リンク:Thinksmart HOTA ミニ四駆 充電器 【 Turnigy Reaktor 250W 10A 同型 】THUNDER (ブラック)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました