【2軸ATスラダンの作り方】フロント用|純正のスラダンとブレーキステーで作成可能

改造
フロントで使える2軸のATスラダンは、どうやって作れるのかな?

 

現在のミニ四駆で多く見かけるのは、ギミックバンパー

特にマシンの傾きをいなす効果のある、ATバンパーを使っているマシンは多いです。

さらに公式大会のような5レーンのコースでは、コースの衝撃を抑えるスライドダンパーも必要。

そんなAT機能とスライドダンパーの2つを搭載したバンパーが、ATスラダンになってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • 2軸にすることで安定した稼働に
  • 純正を使うことで、スラダンとしての精度も問題なし
  • ATスラダンとしての動きの確認が重要

 

この記事では、フロント用として使える2軸のATスラダンを。

実際に公式大会で使ったバンパーの作り方を紹介します。

リヤ用はまた作り方が変わってくるので、別の記事で紹介しています。

 

 

 

公式大会ほど使っているマシンの多い、AT機能のあるスライドダンパー

実用性の高いATスラダンも、市販のスライドダンパーを使うことでかんたんに作ることができます

 

  1. リヤブレーキステーで、土台と稼働プレートを作成
  2. 稼働域を調整したプレートに、スライドダンパーを取り付け
  3. ビスが引っかからないようにすることで、しっかり機能

 

シャーシによっては、バンパー部分の形状が変わってきます。

しかしATスラダンの基本的な作り方としては、ほとんど同じです。

 

重要なのは、マシンがコースに乗り上げた時などにスムーズに復帰するような動き

しっかり調整することで、実用的なバンパーになってきます。

 

 

 

1,2軸にすることで安定した稼働に

1,2軸にすることで安定した稼働に

土台となるフロントのブレーキプレートを作成

土台となるフロントのブレーキプレートを作成

FRPブレーキステーを2枚使って、フロントのブレーキプレートを作成します。

 

FRPプレートを2枚を、瞬間接着剤でしっかり接着。

今回はバンパーの位置に合わせて、リヤブレーキステーの穴を1つカットしました。

それに合わせて、不要なサイドもカット。

 

そこから、フロント用のブレーキとして使えるように加工

バンクスルーを意識して、斜めに削っていきます。

ブレーキプレートの作り方については、別の記事で紹介しています。

 

最後に、皿ビスを通す部分に座グリ加工をしておきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

 

ガタつきを抑えるためにシャーシと合うようにカット

ガタつきを抑えるためにシャーシと合うようにカット

ATスラダンの稼働部分も、FRPブレーキステーを使って作成していきます。

 

土台となるブレーキ用のプレートと、稼働するプレートの取り付ける穴の位置を確認

今回使うのは、1番外側の穴になってきます。

シャーシと干渉してくる部分と、不要なサイドをカットしていきます。

 

この時にシャーシとピッタリ合うようにカットすることで、ガタつきを抑えることができます。

 

 

動かしたい方向へ3mmのドリルで拡張

動かしたい方向へ3mmのドリルで拡張

次に稼働させる部分の穴を2ヶ所、ドリルで3mmの大きさに拡張していきます。

 

この時、動かしたい方向へ削っていく必要があります。

まずはフロント提灯と連動してスラストがかかるように、前方向へ斜めにドリルを。

次にバンパーが乗り上げた時などにいなせるように、左右斜めにドリルを入れて削っていきます。

 

穴の拡張が終わったら、スライドダンパーを取り付ける部分の穴を座グリ加工しておきます。

 

 

 

2,純正を使うことで、スラダンとしての精度も問題なし

2,純正を使うことで、スラダンとしての精度も問題なし

使うのはタミヤ純正のスライドダンパー

使うのはタミヤ純正のスライドダンパー

今回スライドダンパーとして使うのは、タミヤから出ている市販のスライドダンパーです。

自作のスライドダンパーでも作れますが、精度の面では純正の方が間違いありません

 

今回JC2021用マシンで使ったのは、以前のマシンで使っていたカーボンのスラダン

しかし今、カーボンのスラダンはほとんど出回っていません

メルカリなどで手に入れることはできますが、割高になってきます。

 

カーボンと通常品番の違いとしては、重さや強度

しかしATスラダンとしての機能としては、通常品番でも問題ありません

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画商品 HG フロントワイドスライドダンパー用カーボンステー 2mm 95284
商品リンク:タミヤ グレードアップパーツ GP.469 フロントワイドスライドダンパー 15469

 

 

スラダンの上蓋と大ワッシャーで取り付け

スラダンの上蓋と大ワッシャーで取り付け

稼働させるプレートに、スライドダンパーを取り付けていきます。

 

この時スラダンの取り付けに使用するのは、スラダンの上蓋だけ

スラダンの下側は、バネが出ないようにマルチテープを貼り付けておきます。

さらにビスを通す時に大ワッシャーを挟むことで、スラダンとしての可動も問題ありません。

 

上蓋だけ使って取り付けた方が、フロントバンパーの位置が高くなりません

 

 

ブレーキプレートとスラダンを、金バネで固定

ブレーキプレートとスラダンを、金バネで固定

次に、稼働させるスラダン部分とブレーキプレートを取り付けていきます。

 

ブレーキプレートに15mmの皿ビス

そこへ2段アルミローラー用5mmパイプを入れて、稼働プレートを通します。

上からバネメタル軸受け、最後にロックナットで固定します。

 

この時、バネの硬さを替えることでATとしての動きも変わってきます。

記事の中では、金バネを使用しています。

 

商品リンク:TAMIYA タミヤ 『 AO-1002 メタル軸受けセット 94381 』+『 AO-1034 ミニ四駆 スライドダンパースプリングセット 10305 』【2種セット】
商品リンク:AO-1046 ミニ四駆スライドダンパー2スプリングセット

 

 

3,ATスラダンとしての動きの確認が重要

3,ATスラダンとしての動きの確認が重要

ローラー用のビスが引っかからないようにする

ローラー用のビスが引っかからないようにする

ATスラダンとしてスムーズに機能させるためには、ローラー用のビスが引っかからないようにする必要があります。

 

今回フロントには、ミニ四駆キャッチャーを使用。

両方のビスの頭が隠れるように、長さや形を合わせてカットしています。

そのキャッチャーを、ブレーキプレートに両面テープでしっかり貼りつけ。

この引っかかり防止は、FRPやカーボンなどで加工して作っても大丈夫です。

 

コースの壁にビスがひっかかり、ATスラダンとして機能しなくなるのが1番の問題になってきます。

 

商品リンク:ミニ四駆キャッチャー (ミニ四駆ステーション/ブルー) 【ミニ四駆ステーション限定】

 

 

動きがいまいちだったら微調整

動きがいまいちだったら微調整

すべて取り付けたら、しっかりとATスラダンが機能するかの確認をしていきます。

 

ここの確認が一番重要。

いざコースを走らせた時に、ATとして機能するかどうかが全てです。

 

  • スライドダンパーの動きは問題ないか
  • ATとしてちゃんと動くか
  • 稼働した時のスラストの入り方は問題ないか

 

もしバンパーの稼働がスムーズでない場合、微調整。

またフロントローラーのスラストが足りなければ、スラストがつくような調整も必要です。

 

 

 

フロント提灯と連動させることで、扱いやすい

フロント提灯と連動させることで、扱いやすい

フロントバンパーとして、ATスラダンはとても機能的です。

そして市販のスライドダンパーを使うことで、かんたんに作ることができます

 

  1. リヤブレーキステーで、土台と稼働プレートを作成
  2. 稼働域を調整したプレートに、スライドダンパーを取り付け
  3. ビスが引っかからないようにすることで、しっかり機能

 

またフロント提灯と連動させることで、フロントローラーのスラストもしっかりついてくれます。

今回はこれまで使っていたフロント提灯とつけ替えることで、提灯との連動型に。

 

公式大会のような、ATバンパーもスライドダンパーも必要という場合。

2軸のATスラダンは十分使えるバンパー。

実際、コースアウトするマシンの多かったJC2021のコースを完走することもできています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました