Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1
【2023年版】MAシャーシマシン|評判のピタダンパーを参考にマシンを改造 | ムーチョのミニ四駆ブログ

【2023年版】MAシャーシマシン|評判のピタダンパーを参考にマシンを改造

MAシャーシ
記事内に広告が含まれています。
MAシャーシにおすすめの改造は?

 

ミニ四駆のシャーシの中で、初心者にもおすすめといわれているのが「MAシャーシ」

最新のマシンも続々と発売されるほど、誰にでも扱いやすいシャーシになっています。

今回そんなMAシャーシを、2023年版として改造

これまでもMAマシンを作ってきましたが、今までとはまた違うマシンに仕上がっています。

 

 

✅この記事の内容

  • フロントバンパーはATスラダンで柔軟性を
  • リヤは載せ替え可能なバンパーとスキッドローラー
  • マシン全体で制振性を上げていく

 

この記事では、MAシャーシマシンの改造について。

流行りのピタダンパーなどを取り入れた、2023年版のマシンを紹介します。

 

 

今回のMAマシンの改造の目的は、そこまでむずかしい加工無しでできるマシンです。

 

主な制振機能としては、話題にもなっているピタダンパー

そしてバンパーには、ATスラダンなどを取り入れたマシンになっています。

 

ピタダンパーを手軽に取り付けられるのはもちろん。

ATスラダンについても、むずかしい加工無しで取り付けられるのが特徴。

 

実際にコースで走らせてみても安定していたので、MAシャーシマシンを改造する上では参考になるマシンになっています。

 

 

 

フロントバンパーはATスラダンで柔軟性を

フロントバンパーはATスラダンで柔軟性を

両ネジシャフトでATスラダンを手軽に取り付け

両ネジシャフトでATスラダンを手軽に取り付け

フロントには、かんたんに取り付けられるATスラダンを搭載しています。

 

今回のMAマシン、フロントにはタミヤ純正のスライドダンパーを使用。

スライドダンパーだけみれば、カーボン製の方が重さや剛性の面でも優れています

しかし今回は、マシンのカラーに合わせて限定品のスライドダンパーを使用。

 

そして取り付けに両ネジシャフトを使うことで、ATとしての動きも取り入れたスラダンに

両ネジシャフトのシャーシからはみ出した部分はカット

そしてシャーシの下にはリヤブレーキステーを、フロントブレーキとして取り付けています。

 

MAシャーシが、少しでもコース内に収まりやすくなるように

今回のフロントバンパーは、ATスラダンというギミックバンパーにしています。

 

かんたんATスラダンの作り方については、こちらの記事で紹介しています。

 

 

スタビヘッドでローラーの引っかかりをなくす

スタビヘッドでローラーの引っかかりをなくす

ATスラダンというギミックバンパーに合わせて、ローラーも引っかかりづらくなるように取り付けています。

 

ATバンパーを使う上で重要になってくるのが、ローラーでの引っかかりをなくすこと

通常であれば、引っかかり防止ステーなどを取り付けることで引っかかりをなくしています。

 

今回の前後のローラーは、スタビヘッドを使って取り付け。

フロントは13mmローラーに合わせて、11mmのスタビヘッド

スタビヘッドを座グリ加工し、皿ビスを使ってローラーを取り付けています。

 

皿ビスなので、強度面ではキャップスクリューには劣ってきてしまいます。

しかし皿ビスとスタビヘッドをつかうことで、かんたんに引っかかりづらいローラーの取り付けをすることができます。

 

引っかかり防止ステーについては、こちらの記事で紹介しています。

 

 

 

リヤは載せ替え可能なバンパーとスキッドローラー

リヤは載せ替え可能なバンパーとスキッドローラー

スラダンにも載せ替え可能なATバンパー

スラダンにも載せ替え可能なATバンパー

リヤには、簡易的なATバンパーを取り付けています。

 

リヤにも、ギミックバンパーとなるATバンパーを取り付け。

しかし、いま流行りのアンカーではなく簡易的なATバンパーにしています。

 

簡易的なATバンパーの作りとしては、取り付け部分を左右に動くようにドリルで加工するだけ。

フロントと同じように両ネジシャフトを使うことで、動いた時の引っかかりや摩耗を防ぐ作りにしています。

 

簡易的なATバンパーの場合、アンカーのように前後にスライドする動きはありません。

それでも上下に動くことで、フロントと同じようにコース内への復帰率は上がってきます

そしてローラーは、17mmのスタビヘッドに19mmローラーを取り付けることで引っかかりも抑えるように

 

今回はATバンパーを取り付けていますが、リヤをスライドダンパーに付け替えることも可能。

スライドダンパーにフロント同様の加工をすることで、かんたんに載せ替えられるようにしています。

 

 

スキッドローラーでブレーキと安定性を

スキッドローラーでブレーキと安定性を

リヤブレーキとしては、スキッドローラーを取り付けています

 

まずリヤバンパーとして、リヤブレーキステーを使用。

そこへ簡易的なATバンパーとリヤスキッドローラーを取り付けています。

 

GUPのリヤブレーキステーに、加工したFRPとスペーサーを挟んで取り付け

これによって、MAシャーシの高さに合わせたスキッドローラーの取り付けになっています。

 

スキッドローラーとしては、850ベアリングを使用。

60mmシャフトを通して、スキッドローラーとして取り付けています。

 

リヤのマスダンパーの位置は多少高くなってしまいますが、ブレーキだけのセッティングとは違う走りをできるようにしています。

 

スキッドローラー850ベアリングについては、こちらの記事で紹介しています。

 

 

マシン全体で制振性を上げていく

マシン全体で制振性を上げていく

ピタダンパーでMAに確実な制振性を

ピタダンパーでMAに確実な制振性を

このMAマシンの1番の特徴になっているのが、「ピタダンパー」です。

 

ピタダンパーとは、提灯とサイドマスダンパーの両方を合わせた制振機能のこと。

それぞれの制振効果によって、跳ねやすいといわれるMAシャーシでもしっかりと制振することができます。

 

今回は、フロント提灯とサイドマスダンパーを取り付け。

パーツの点数が多い分、マシンの重さも出てしまうのがデメリット

しかし確実な制振効果は得られるので、安定したマシンにする部分では間違いありません。

 

ピタダンパーの取り付け自体はかんたんなので、MAシャーシの改造としてはおすすめです。

 

ピタダンパーについては、こちらの記事で紹介しています。

 

 

タイヤも硬くて跳ねづらい縮みタイヤを

タイヤも硬くて跳ねづらい縮みタイヤを

今回はタイヤについても、制振効果の高い縮みタイヤを使用しています。

 

いまのミニ四駆でもっとも使われているのがマルーンタイヤ

独特な色合いにはなってきますが、硬くて跳ねづらいという部分で多くのマシンに使われています

 

しかしマルーンタイヤのデメリットになるのが、手に入りづらさ

近々再販されるという情報もありますが、それでも手に入りづらいのは間違いなさそうです。

 

今回そんなマルーンタイヤの代用品として、スーパーハードの縮みタイヤを使用

縮みタイヤにすることで、元よりは硬くて跳ねづらいタイヤになるのが特徴です。

 

今回はMAシャーシに合わせて、24mm径の縮みタイヤに加工して取り付けています

 

縮みタイヤについては、こちらの記事で紹介しています。

 

 

 

MAシャーシの改造の参考として

MAシャーシの改造の参考として

今回のMAシャーシは、MAシャーシのデメリットを補えるような改造をしています。

 

  • ATスライドダンパー
  • ATバンパー
  • ピタダンパー
  • リヤスキッドローラー
  • 縮みタイヤ

 

マシンのボディには、ライキリのポリカボディを使用。

ピンクゴールドポリカスプレーで塗装しています。

 

今回の改造のように、ピタダンパーは手軽に取り付けることができます。

そしてATスラダンについても、むずかしい加工無しで取り付けられるのが特徴。

 

実際にコースで走らせてみても安定していたので、MAシャーシマシンを改造するとしては参考になるマシンになっています。

 

ポリカボディの塗装については、こちらの記事で紹介しています。

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
MAシャーシ
ムーチョをフォローする

コメント

  1. マサ より:

    とても参考になります。
    簡易ATリアバンパーの作成に参考になる記事は
    どこにあるか教えて頂けないでしょうか?
    私もこのマシンの劣化コピーになってしまうかもしれませんが、試してみたくなりました。

タイトルとURLをコピーしました