【失敗しないために】ポリカ塗装に裏打ちは重要|おすすめの色を一覧で紹介

ボディ,塗装
ポリカボディを塗装する時、どの色を使えばいいかわからない…

 

ミニ四駆の改造のひとつとして、ボディの塗装もあります。

特に今のミニ四駆に欠かせない、ポリカボディには塗装が必須

色の組み合わせによって仕上がりも変わってくるのが、ポリカ塗装。

この記事を見れば、スプレー塗装による仕上がりもイメージしやすくなってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • フロストカラー
  • 蛍光カラー
  • アルマイトカラー
  • 偏光カラー

 

この記事では、ポリカボディ用スプレーの種類について。

各カラーに対する、おすすめの裏打ちカラーを紹介します。

 

 

ポリカボディ用のスプレーには、色の違いによって多くの種類があります。

 

  • 原色系カラー
  • フロストカラー
  • 蛍光カラー
  • アルマイトカラー
  • 偏光カラー
  • メタリックカラー
  • ラメフレーク

 

そんなポリカ用スプレーの場合、裏打ちのカラーによって仕上がりも変わってきます

 

実際によく使われる4種類のカラーも、裏打ちによって見た目は変化。

仕上がりのイメージを知っておくことで、実際に塗装する時の失敗確率を減らすことができます。

 

 

 

フロストカラー

フロストカラーの特徴

フロストカラーの特徴

原色とはちがい、透ける感じの色が「フロストカラー」です。

 

実際に塗装をしてみても、色は付いているけど透けている感じもあるのが特徴。

何回重ね塗りするかでも、色の濃さが変わってきます。

 

フロストカラーだけの塗装でも、十分かっこよく仕上がります。

ポリカボディに多少色が付くことで、見栄えとしても悪くない。

 

ラップ塗装などでも使われるように、フロストカラーは使い方で見せ方が変わってくる色になってきます。

 

 

 

裏打ちにおすすめは「ブライトシルバー」

裏打ちにおすすめは「ブライトシルバー」

※フロストパープル/ブライトシルバー

フロストカラーの裏打ちには、ブライトシルバーがおすすめです。

 

フロストカラーだけだと、透明感であまり目立たない色に

しかしブライトシルバーで裏打ちすることで、はっきりとした色になってきます。

 

元のカラーともそこまで変わらないので、失敗も少ない

逆にホワイトなどで裏打ちをした場合、発色は良くなりますが色の印象も変わってきます。

 

ブライトシルバーだけでなく、シルバー系であればそこまでの失敗はないはずです。

 

商品リンク:タミヤ ポリカーボネートスプレー PS-41 ブライトシルバー

 

 

 

蛍光カラー

蛍光カラーの特徴

蛍光カラーの特徴

スプレー塗装の中でも、明るい仕上がりになるのが「蛍光カラー」です。

 

蛍光カラーというと、スプラトゥーン的な印象の色

とても明るく、コースなどでも目立つ色になっています。

カラーバリエーションは限られてきますが、どれも発色の目立つ色合いに

 

ミニ四駆には蛍光カラーのシャーシもあるので、シャーシの色に合わせた蛍光カラーもおすすめになってきます。

 

 

裏打ちには「ホワイト」を

裏打ちには「ホワイト」を

※蛍光イエロー/ホワイト

蛍光カラーの裏打ちには、ホワイトがおすすめです。

 

蛍光カラーだけの塗装だと、透け感が目立ってしまいます

せっかくの蛍光カラーでも、発色が良くないのであまり明るくなりません

 

蛍光カラーはホワイトで裏打ちすることで、発色が変わります。

蛍光カラーらしい、明るい印象に。

 

蛍光カラーの裏打ちとしては、タミヤの推奨通りホワイトがおすすめになってきます。

 

商品リンク:タミヤ ポリカーボネートスプレー PS-1 ホワイト

 

 

 

アルマイトカラー

アルマイトカラーの特徴

アルマイトカラーの特徴

「アルマイトカラー」とは、磨かれた金属のような光沢感が特徴的な色です。

 

アルマイトカラーの見た目は、金属感を強調したような色合い

塗装後の光沢感が目立つ色になっています。

 

今のミニ四駆で使われていることも多い、アルマイト加工されたローラーなどのイメージ。

光沢があり、普通の金属よりも高級感が出てくるのも印象的です。

 

ポリカボディをアルマイトカラーにすることで、光沢感のある仕上がりにすることができます。

 

 

裏打ちには「ブラック」を使用

裏打ちには「ブラック」を使用

※スカイブルーアルマイト/ブラック

アルマイトカラーの裏打ちとしては、ブラックを使用します。

 

アルマイトカラーは、実際塗装してみてもあまり色は目立ちません

何度も重ね塗りをしても、あまり色がはっきりとしてこないほど。

 

しかしブラックで裏打ちすることで、一気に光沢のある色合いに

同じブラックでの裏打ちでも、偏光カラーとは違って明るい仕上がりになるのも特徴です。

 

光沢感のあるボディカラーに仕上げたい場合は、「アルマイト」+「ブラック」での塗装がおすすめです。

 

商品リンク:タミヤ ポリカーボネートスプレー PS-5 ブラック

 

 

 

偏光カラー

偏光カラーの特徴

偏光カラーの特徴

よく見かけるけど、色の名前がわかりづらいのが「偏光カラー」になってきます。

 

「偏光カラー」とは、その名の通り見る角度によって色が変わる色のこと。

見た目としては、どちらかといえば暗い色合いになってきます。

 

艶感のある色合いで、光の反射具合が特徴的なのが偏光カラーになってきます。

 

 

裏打ちは「ブラック」を使用

裏打ちは「ブラック」を使用

※ピンク・ゴールド/ブラック

偏光カラーへの裏打ちも、ブラックがおすすめになってきます。

 

偏光カラーだけの塗装では、ほとんど色が無い状態

重ね塗りをしても、ほとんどボディに色は付きません

 

なので偏光カラーは、ブラックで裏打ちすることで色合いがはっきりしてきます。

全体的に暗めな印象になるのも、ブラックによる裏打ちのため。

 

裏打ちにブラックを使用すことで色としての重みは出てきますが、光沢感のある仕上がりになってきます。

 

商品リンク:タミヤ ポリカーボネートスプレー PS-5 ブラック

 

 

 

仕上がりを知って塗装の失敗をなくす

仕上がりを知って塗装の失敗をなくす

ポリカボディ用のスプレーには、色の違いによって多くの種類があります。

そんなポリカ用スプレーの場合、裏打ちのカラーによって仕上がりも変わってきます

 

実際によく使われる4種類のカラーも、裏打ちによって見た目は変化。

仕上がりのイメージを知っておくことで、実際に塗装する時の失敗確率を減らすことが可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました