【830と850ベアリング】違いは形状と取り付け|ローラーとしても優秀な使い方

パーツ
830ベアリングと850ベアリングは何が違うの?

 

ミニ四駆のベアリングの中には、「830ベアリング」「850ベアリング」があります。

これらのベアリングは、ローラーとしても使えるパーツ

しかし2つのベアリングの違いや使い方は、他のベアリングローラーと比べてもわかりづらいです。

しかし830と850の違い、他にもある径の小さいローラーを知ることで、セッティングの幅を広げることも可能になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • 830ベアリングと850ベアリングとは
  • 830と850の違いは、形状と取り付け方
  • 他にもある小径のベアリングローラー

 

この記事では、830ベアリングと850ベアリングの違いについて。

その他の径の小さいローラーの使い方と合わせて紹介します。

 

 

830ベアリングと850ベアリングの大きな違いは、その形状。

同じ8mm径のローラーでも、内径が3mmと5mm

これによって、ベアリングの性能や取り付け方が違ってきます。

 

830はベアリングスペーサーでの取り付けに対し、850は専用のブッシュで取り付け。

またローラーとしてのエッジによるコースへの食いつきの違いから、850はフラットマシンのLC対策として使われています。

 

さらに他にも径の小さいローラーには、13mm11mm9mm径があります。

あえてこれらの小径ローラーを使うことで、コーナー直後のマシン姿勢

ジャンプ後のコースへの収まりやすさを調整することで、セッティングの幅を広げることも可能になってきます。

 

 

 

830ベアリングと850ベアリングとは

830ベアリングと850ベアリングとは

830ベアリング 2個セット

830ベアリング 2個セット

ローラー径が8mmで内径が3mmになっているのが、830ベアリングです。

 

ベアリング内蔵なので丈夫でよく回り、滑りが良いのでローラーとして使いやすいAOパーツ。

なのでフラットマシンのローラーとして使われることが多いです。

しかし径が小さいので、コースのつなぎ目などの段差での影響は受けやすくなります。

 

ローラー以外では、スキッドローラーや9-8mm2段アルミローラーのスタビとして使われています。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆用AOパーツ AO-1008 830ベアリング 2個セット 94386

 

 

850ベアリング 2個セット

850ベアリング 2個セット

ローラー径は8mmでも内径が5mmになっているのが、850ベアリングです。

 

ローラー径が8mmなので、見た目の大きさは830ベアリングとほとんど同じ。

しかし、取り付ける内径の大きさが5mmになってきます。

 

830ベアリングに比べて、エッジが効いているのが特徴

これによってコースの壁への食いつきは良くなっています。

 

ただ830と同じで径が小さいので、コースの段差などの影響を受けやすいのも同じ。

スキッドローラーやスタビとしての使われ方も、同じになってきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆用AOパーツ AO-1012 850ベアリング 2個セット 94392

 

 

 

830と850の違いは、形状と取り付け方

830と850の違いは、形状と取り付け方

回るローラーと食いつきの良いローラーとしての使い方

回るローラーと食いつきの良いローラーとしての使い方

830と850の違いは、その形状による取り付け方

そしてエッジの違いによる、コースへの食いつきになってきます。

 

830と850を比較した場合、850ベアリングの方が形状的にエッジが効いています

なので830ベアリングは、ローラーとしての回転性

逆に850ベアリングは、コースの壁への食いつきの良さが特徴になってきます。

 

この特徴の違いによって850は、フラットマシンのLC対策としてリヤの下段ローラーとして使われることが多いです。

 

 

ベアリングスペーサーと専用ブッシュの違い

ベアリングスペーサーと専用ブッシュの違い

830と850は、形状の違いから取り付け方も違ってきます

 

830ベアリングの取り付けは、他のベアリングローラーと同じようにベアリング用スペーサーを使って取り付け。

しかし850ベアリングは、内径が5mmになっているので専用のブッシュを挟んで取り付けていくことになります。

限定パーツのネジ付きのベアリングブッシュを使った場合は、取り付けもかんたんです。

 

また850ベアリングの場合、5mmの内径に合わせて520ベアリングを圧入する二重ベアリングという使い方も。

ベアリングが増えるのでパーツとしての重さは増しますが、回転性能は良くなってきます。

 

しかし最新のタミヤ公式レギュレーションの中では、ローラーの改造は認められていません。

なので、二重ベアリングを使用する場合は注意が必要です。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画商品 HG ネジ付きベアリングブッシュセット 95319
商品リンク:タミヤ ミニ四駆用AOパーツ AO-1017 520ボールベアリング 4個セット 94752

 

 

 

他にもある小径のベアリングローラー

他にもある小径のベアリングローラー

13mm、11mm、9mmのベアリングローラー

13mm、11mm、9mmのベアリングローラー

径の小さいベアリングローラーとしては、830や850以外にも発売されています。

 

ベアリングローラーとして発売されているのは、9mm~13mmの大きさ

これらのローラーは全て、厚みのあるローラーになってきます。

なのでコースへしっかり食いつく分、パーツ自体の重さも増しています。

 

限定パーツとしては、13mmベアリングローラーの6個セットも発売されていました。

それほど初心者にも使いやすいローラーにはなってきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.475 GP.475 ミニ四駆ローラー用 13mmボールベアリングセット2 15475
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.345 GP.345 ローラー用 11mmボールベアリングセット 15345
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.344 GP.344 ローラー用 9mmボールベアリングセット 15344

商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画商品 ローラー用 13mm ボールベアリングセットII 6個 95311

 

 

小径ローラーをあえて使う理由

小径ローラーをあえて使う理由

マシンによっては、径の小さいローラーを使うことでセッティングの幅を広げることができます。

 

例えばミニ四駆のレギュレーション上、マシンの横幅は105mmまで

コース内でマシンが安定するように、GUPなどで規定ギリギリまで広げるのが一般的な改造になってきます。

 

しかしあえて11mmや13mmのローラー取り付け穴に、径の一回り小さいローラーを付ける場合も。

これによって、マシンの横幅としては狭くなってきます。

しかしマシンの横幅が狭いことで、コーナー出口でマシンを外側に寄せたり

ジャンプ後の着地で、マシンをコース内に収まりやすくするセッティングもあります。

 

径の小さいローラーは、スタビとしての使い方セッティングの幅を広げるためにも使われています。

 

 

 

 

ベアリングローラーには脱脂も必須

ベアリングローラーには脱脂も必須

830ベアリングと850ベアリングは、同じ8mm径でも内径の大きさが3mmと5mmで違ってきます。

 

これによって変わってくるのが、ベアリングの性能や取り付け方

830はベアリングスペーサーでの取り付けに対し、850は専用のブッシュで取り付け。

そしてローラーとしてのエッジによる違いから、850はフラットマシンのLC対策として使われています。

 

さらに他には、13mm11mm9mm径の小径ローラーもあります。

あえてこれらの小径ローラーを使うことで、コーナー直後のマシン姿勢ジャンプ後のコースへの収まりやすさを調整。

これによって、マシンセッティングの幅を広げることも可能になってきます。

 

また830や850だけでなく、ベアリングローラーは脱脂が必要

ベアリングローラーとしての性能を上げるためにも、回転の抵抗を無くす脱脂も欠かせません。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆用AOパーツ AO-1008 830ベアリング 2個セット 94386
商品リンク:タミヤ ミニ四駆用AOパーツ AO-1012 850ベアリング 2個セット 94392

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました