【MAシャーシ】ブラストアローをB-MAX仕様に改造|初心者おすすめシャーシを無加工で

B-MAXマシン
MAシャーシでおすすめの改造は?

 

最初から速く、初心者にも扱いやすいといわれているのがMAシャーシです。

しかしそんなMAシャーシを、どう改造していけばいいのか

かんたんな改造で、どこまで速くできるのか

初心者におすすめなシャーシだからこそ、B-MAXマシンのようにむずかしい加工をしない改造も知りたいです。

 

 

 

✅この記事の内容

  • MAシャーシでも初期のブラストアローがベース
  • フロントは、硬いMAシャーシにさらに強度を
  • リヤもMAに合ったローラーとブレーキステーを
  • マスダンパーは前後とサイドにしっかり取り付け

 

この記事では、MAシャーシのマシンについて。

ブラストアローをベースに、B-MAXマシンとして改造

それぞれのパーツを改造に使った理由と共に紹介します。

 

 

今回ベースとしたのは、MAシャーシとしても初期の頃に発売されたブラストアロー

初心者におすすめのシャーシといわれているMAシャーシを、どこまでかんたんに改造していけるかを考えていきました。

 

その第1段階として、B-MAXレギュレーションの範囲でマシンを作成。

無加工が基本のB-MAXレギュレーションだからこそ、初心者でも参考にしやすい改造を意識しました。

そんな改造の中でも、それなりに速くて安定しそうなパーツと改造に。

 

「初心者向けのMAシャーシ」で、「初心者にも参考にしやすい改造」

 

この改造が正解ということはありませんが、少しでも改造の参考になればと思っています。

 

 

 

MAシャーシでも初期のブラストアローがベース

MAシャーシでも初期のブラストアローがベース

小径マルーンで現代ミニ四駆を意識

小径マルーンで現代ミニ四駆を意識

今回のマシンのベースは、MAシャーシとしても初期の頃に発売されたブラストアロー

シャーシとギヤ比については、キット付属のままの状態での使用になっています。

 

  • シャーシ:MAシャーシ
  • モーター:MDモーター
  • ギヤ比:3.5:1
  • タイヤ:24mmのマルーン

 

今回の改造の目的は、それなりに完成されたマシン。

なのでモーターも、MDモーターを考えています。

そんなMDモーターの速度でも制御できるように、前後のブレーキプレートも取り付けるようにしました。

 

またタイヤについては、現代ミニ四駆では主流の24mm径の小径タイヤ

ローフリクションタイヤと組み合わせることで、しっかりとした速さも意識しています。

しかし小径のマルーンはまだ発売されてばかりで人気なので、手に入れづらいのが難点

 

このマシンの場合、26mm径のタイヤでもセッティングは可能になっています。

なのでローハイト、中径のマルーンやスーパーハードタイヤでも、セッティングはしやすくなってきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆PROシリーズ No.35 ブラストアロー MAシャーシ 18635
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.433 GP.433 マッハダッシュモーターPRO 15433
商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画 ローフリクション小径ロータイヤ (24mm) & 3本スポークホイール 95634 ホワイト/マルーン

 

 

 

スプレーで塗装したプラボディを使用

スプレーで塗装したプラボディを使用

マシンのボディは、ベースキットでもあるブラストアローのプラボディを使用しています。

 

このプラボディの使用は、B-MAXレギュレーションを意識してのもの。

ボディを軽くしようとした場合、ポリカボディにするなどの選択肢も出てくる部分になってきます。

 

今回はプラボディ用のスプレーを使って、ボディを塗装

カラーは艶消しのブラックを使ったため、ステッカーもキャノピーとタミヤくらいとひかえめに。

 

ステッカーを貼るだけで使えるプラボディも、塗装をすることでマシンの印象は大きく変わってきます

 

商品リンク:タミヤ スプレー No.06 TS-6 マットブラック 85006

 

 

 

 

フロントは、硬いMAシャーシにさらに強度を

フロントは、硬いMAシャーシにさらに強度を

フロントバンパーは強度を意識して、FRPを貼り合わせ

フロントバンパーは強度を意識して、FRPを貼り合わせ

フロントのバンパーには、AR用のFRPフロントワイドステーを使用しています。

 

今回のMAマシンに使ったFRPは、すべて艶消しの加工をして見た目も変えてみました

B-MAXレギュレーションの中でも、FRPの貼り合わせや艶消し等は認めれている加工になってきます。

 

そんなMAのフロントバンパーは、強度を意識

MDモーターの速度域でも安定するように、FRPプレートを2枚貼り合わせて使っています。

 

フロントのローラーには、13-12mmの軽量2段アルミローラーを。

今回は手持ちにあった限定品を使っていますが、通常の2段アルミローラーでも同じような改造になってきます。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップアパーツシリーズ No.451.GP.451 ARシャーシ FRPフロントワイドステー 15451
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.398 GP.398 2段アルミローラーセット 13-12mm 15398

 

 

 

MAはステーを取り付けるだけで絶妙な角度

MAはステーを取り付けるだけで絶妙な角度

フロントのブレーキとして、FRPリヤブレーキステーを使用しています。

 

MAシャーシの場合、普通にステーを取り付けるだけでも角度がついてきます。

このシャーシによる絶妙な角度が、バンクスルーが可能な角度にも。

 

フロントブレーキ用としてリヤブレーキステーを取り付けることで、バンクスルーできる角度ブレーキを貼れる範囲も確保しています。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

 

 

リヤもMAに合ったローラーとブレーキステーを

リヤもMAに合ったローラーとブレーキステーを

安定して走れるように19mmの大径ローラーをリヤに

安定して走れるように19mmの大径ローラーをリヤに

リヤローラーは、19mm径の大径ローラーにしています。

 

MAシャーシの特徴は、その剛性

シャーシの硬さからくる駆動の良さがありますが、硬すぎてコースにはじかれやすいというデメリットにもなってきます。

そんなMAシャーシでも安定して走れるように、ローラー径も大きくしてみました。

 

本当であれば、前後スライドダンパーの方がマシンの走りとしても安定してきそう。

しかしボディがブラストアローでは、スライドダンパーの取り付けがむずかしかったです。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.464 GP.464 19mmオールアルミベアリングローラー 15464
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.251 GP.251 19mmプラリング付アルミベアリングローラー 15251

 

 

 

リヤのブレーキもバンクスルーできるように取り付け

リヤのブレーキもバンクスルーできるように取り付け

リヤブレーキにも、FRPのリヤブレーキステーを使用。

ここもステーの取り付け方を工夫することで、バンクスルーを意識しています。

 

今回は引っかかり防止ステーとして、定番のスーパーXシャーシ用のFRPを。

この時、先に引っかかり防止プレートをシャーシに取り付け

その上から、皿ビス加工をしたリヤブレーキステーを取り付けています。

これによって、シャーシの構造もあってリヤブレーキステーに角度が

 

リヤ側も、無加工でバンクスルーを意識したブレーキステーの取り付けができてきます。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップ No.242 GP.242 スーパーXシャーシ・FRPマルチプレート 15242
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

 

マスダンパーは前後とサイドにしっかり取り付け

マスダンパーは前後とサイドにしっかり取り付け

制振性能も期待できる、MA用のサイドマスダンを

制振性能も期待できる、MA用のサイドマスダンを

マスダンパーとして、MAシャーシ用のサイドマスダンパーを使用しました。

 

MA用のマスダンパーは、その四角い形が特徴的

他の丸いマスダンパーに比べれば、重量は増してきます。

しかし重さがあって広い分、意外と機能的なのがMA用のサイドマスダンパー。

 

そんな制振性能の高さもあって、シャーシの両サイドにマスダンパーとして取り付けています。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.490 GP.490 MAシャーシ サイドマスダンパーセット 15490

 

 

 

前後にスリムマスダンパーで、さらに制振性を

前後にスリムマスダンパーで、さらに制振性を

フロントとリヤ用のマスダンパーとしては、スリムマスダンパーを使っています。

フロントに小さい方リヤ側に大きい方を取り付けました。

 

フロントはボディとの関係上、バンパーのこの位置に取り付け。

ブラストアローのボディは面積も大きいので、取り付けできる場所が限られてしまいました。

 

リヤ側は、定番のようにブレーキステーに置きマスダンとして。

ステー自体に角度が付いてしまっている関係上、マスダンのビスもななめに取り付けることになってしまいました。

これがコースを走らせた時にどう影響してくるかは、走らせてみないとわからない部分になってきます。

 

フロント、サイド、リヤにマスダンパーを取り付けたことで、硬くて跳ねやすいMAシャーシでも制振性を高められるのではと考えています。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ No.501 スリムマスダンパーセット 15501

 

 

 

初心者におすすめのシャーシを無加工で改造

今回、MAシャーシのブラストアローをベースにマシンを作成。

初心者におすすめのシャーシといわれているMAシャーシを、どこまでかんたんに改造していけるかを考えていきました。

 

まずは無加工が基本のB-MAXレギュレーションで、初心者でも参考にしやすい改造にしてみました。

その中でもブレーキプレート制振性など、速いモーターでもある程度走らせられるようにパーツも選んでいます。

またプラボディながらも、スプレー塗装することでオリジナリティも。

 

「初心者向けのMAシャーシ」で、「初心者にも参考にしやすい改造」

この改造がMAシャーシの正解ということはありませんが、少しでも改造の参考になればと思っています。

 

こちらのマシンが実際にコースを走った様子はこちらです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました