【B-MAXマシンの改造】モーターをPDに|軸受けにスペーサーを追加して摩擦を減らす

B-MAXマシン
ハイパーダッシュモーターより速いモーターは何?

 

軸受けにベアリングを使ったことで、速度が上がってきたB-MAXマシン。

しかし現状の改造では、どこかマシンの速度も限界のような気がしてきました。

そんなマシンの速さを上げるためには、そろそろ1段階上のモーターも必要なのではと。

 

 

 

✅この記事の内容

  • PD(Power Dash)モーター
  • ベアリングローラー用スペーサー
  • 2セット目の13mmアルミベアリングローラー

 

この記事では、B-MAXマシンの改造について。

モーターを、マシン組み立て当初のHD3からPDモーターへ変更

さらにローラーの変更や、軸受けにベアリングローラー用スペーサーを使った理由を紹介します。

 

 

今回、B-MAXマシンに追加したGUPは3種類です。

 

 

まずはマシンの速度を上げるために、これまでのHD3モーターより高回転なPDモーターを。

そして軸受けとホイールの間に、ベアリングローラー用のスペーサーを追加しました。

これによって少しでも軸受けとホイールの摩擦抵抗を減らし、マシンの速度アップにつながればと。

さらにリヤをすべて13mmのアルミベアリングローラーにすることで、ローラーの回りやすさコースへの食いつきによる安定性を考えました。

 

どこか頭打ちになっていた、B-MAXマシンの速さ。

今回はそんなB-MAXマシンを速くするため、速度が上がるようなパーツを中心に追加してみました。

 

 

 

PD(Power Dash)モーター

PD(Power Dash)モーター

ミニ四駆の速度を上げるのはモーター

ミニ四駆の速度を上げるのはモーター

マシンの速度に頭打ち感があったので、モーターを替えてみようと考えました。

 

今まで使っていたのは、HD3モーター

B-MAXマシンを作り始める時に、最初に選んだパーツになっています。

HD3モーターでも、それなりに速いマシンを組むことはできます

まずはそんな速いモーターに合わせてパーツを選び、セッティングを考えていっていました

 

最近は速度が速い中でも、安定して走れるようになってきたB-MAXマシン。

その結果、HD3モーターでも速度が物足りないような気がしてきました。

 

 

HD3モーターからPDモーターへ変更

HD3モーターからPDモーターへ変更

マシンの速度を上げるために、HD3からPDモーターへ変更しました。

 

VZシャーシの場合、HD3モーター以上のモーターは2種類。

SD(スプリントダッシュ)モーターか、PD(パワーダッシュ)モーターになってきます。

どちらもモーターの回転数は、HD3モーター以上。

2つのモーターの違いは、最高速寄りかトルク寄りかの違いになってきます。

 

今回は、今のミニ四駆では主流のテクニカルコースに合わせてPDモーターにしました。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.317 GP.317 パワーダッシュモーター 15317

 

 

 

ベアリングローラー用スペーサー

ベアリングローラー用スペーサー

軸受けとホイールの間に取り付けるために使用

軸受けとホイールの間に取り付けるために使用

今回はAOパーツである、ベアリングローラー用スペーサーも使用しています。

 

本来の使い方としては、ベアリングローラーを取り付ける際のスペーサーとして。

スペーサーが摩耗や変形、紛失した時用の交換パーツとして使われるAOパーツ。

しかしコースで走らせていると、シャーシの軸受けとホイールの間に挟んでいるマシンもよく見かけます。

 

今回はその使い方をするために、ベアリングローラー用スペーサーも追加しました。

 

商品リンク:タミヤ AO-1018 ミニ四駆 ベアリングローラー用スペーサー (20個) 94768

 

 

軸受けとホイールの摩擦を減らすため

軸受けとホイールの摩擦を減らすため

シャーシの軸受けとホイールの間にベアリングローラー用スペーサーを入れるのは、摩擦抵抗を減らすためです。

 

ミニ四駆において、摩擦抵抗はマシンの速さに大きく関わってきます

軸受けとホイールの場合も、しっかり接触しているほど抵抗になります。

マシンを組み立てる時、軸受けとホイールの間をほんの少し広げて取り付けているのもこのため。

今回はベアリングローラー用スペーサーを挟むことで、摩擦抵抗を減らす目的で取り付けています。

 

さらにスペーサーを挟んだことで、ホイール貫通したシャフトもちょうどいい長さに

これまではホイールからはみ出した部分をゴム管で隠していましたが、それも必要のない長さに収まりました。

 

 

 

 

2セット目の13mmアルミベアリングローラー

2セット目の13mmアルミベアリングローラー

これでリヤが、すべてベアリングローラーに

これでリヤが、すべてベアリングローラーに

リヤローラーとして、もう1セット13mmのアルミベアリングローラーを追加しました。

 

これまではパーツの予算の都合上、1セットだけにしていました。

その1セットを、LC対策に合わせて配置していた状態

今回の追加パーツとして、さらに同じ13mmアルミベアリングローラーを準備しました。

 

これによって、リヤローラーをすべてベアリングローラーにすることができました。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.437 GP.437 13mmオールアルミベアリングローラー 15437

 

 

ベアリングローラーにしたのは、速度と安定性のため

ベアリングローラーにしたのは、速度と安定性のため

リヤをすべてベアリングローラーにすることで、マシンの走りの変化にも期待しています。

 

まずはマシンの速度アップ

ベアリングローラーにしたことで、これまでのプラローラーより回転も良くなります

このローラーの違いによって、マシン全体の速度も上がってくればと。

 

次にコースの壁への食いつき、マシンの安定性も期待しています。

プラよりもアルミの方が、コースへの食いつきは良いです。

LCではもちろん、マシンの安定性も増してくると考えています。

 

ローラーの抵抗による速さだけ考えた場合、プラの方が抵抗が少なく速いイメージ。

しかしそれは、プラリングのベアリングローラーの場合

ただのプラローラーよりは耐久性もあるので、13mmベアリングローラーの方が効果的になってくるはずです。

 

 

 

 

速度を上げて、安定して走れるようにパーツを追加

速度を上げて、安定して走れるようにパーツを追加

今回はB-MAXマシンに、3種類のGUPを追加しました。

 

 

まずはこれまでのHD3モーターから、高回転なPDモーター

そして軸受けとホイールの間に、ベアリングローラー用のスペーサーを追加。

高回転数なモーターへの変更と、軸受けとホイールの摩擦抵抗を減らすことで、マシンの速度アップにつながればと考えました。

 

そして速度の上がったマシンでも安定して走れるように、リヤをすべて13mmのアルミベアリングローラーに。

ローラーの回りやすさコースへの食いつきの良さに期待しています。

 

どこか速度が物足りなくなっていた、B-MAXマシン。

今回はそんなB-MAXマシンを速くするため、速度が上がるようなパーツを中心に追加してみました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました