【どっちが良い?】旧センターと軽量センター|それぞれのMSシャーシの違いと特徴

マシン選び
MSシャーシの「ノーマル」と「軽量」は何が違うの?

 

ミニ四駆のMSシャーシには、「ノーマル」「軽量」のセンターシャーシがあります。

同じセンターシャーシではあるものの、シャーシとしての作りには多少の違いが

どちらのシャーシを使うマシンも見かけることから、それぞれの違いを知っておくことも必要になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • MSシャーシは組み合わせがいろいろ
  • 旧センターと軽量センターの違い
  • MSのセンターシャーシは、どっちがいいのか

 

この記事では、MSのセンターシャーシについて。

旧センターと軽量センターの違いについて紹介します。

 

 

MSシャーシの「旧センター」と「軽量センター」では、シャーシの作りが違っています

 

旧センターシャーシから軽量化して作られたのが、軽量センターシャーシ

重さはもちろん、スイッチ周りも改善されて使いやすいシャーシになっています。

 

しかしシャーシの構造上、駆動が優れているのはノーマルセンターといわれる旧センターシャーシ

その駆動面の良さは、多くの速いレーサーにいまだに使われているほどです。

 

それぞれの違いを理解した上で、マシンに合ったシャーシを使うことも大切になってきます。

 

 

 

MSシャーシは組み合わせがいろいろ

MSシャーシは組み合わせがいろいろ

MSシャーシの種類は大きく2つ

MSシャーシの種類は大きく2つ

ミニ四駆のMSシャーシには、大きく分けて2種類あります。

 

昔のマシンキットによく使われているのが、「旧センターシャーシ」といわれるノーマルセンターシャーシ。

最近発売されたマシンや、GUPとしても発売されているのが「軽量センターシャーシ」になっています。

 

細かく分けると、シャーシの色材質によっても種類は分かれてきます。

しかしMSシャーシの大まかな種類としては、旧センターシャーシと軽量センターシャーシの2種類になってきます。

 

 

マシンに合わせてシャーシも組み合わせ

マシンに合わせてシャーシも組み合わせ

MSシャーシの場合、旧センターと軽量センターはどの組み合わせでも使うことができます

 

MSシャーシの特徴は、マシンに合わせたシャーシの組み合わせを選ぶことができること。

 

  • センターシャーシ(旧センター,軽量センター)
  • ギヤカバー(ノーマル,強化ギヤカバー)
  • 前後ユニット
  • シャーシの色
  • シャーシの材質

 

他にもGUPとしては、バンパーレスユニットなども発売されています。

 

マシンやボディの色使いやすいシャーシなどによって、MSシャーシの組み合わせも変わってきます。

 

ギヤカバーやバンパーレスユニットについては、これらの記事で紹介しています。

 

 

 

旧センターと軽量センターの違い

旧センターと軽量センターの違い

マシンの速さにも影響する「重さ」

マシンの速さにも影響する「重さ」

MSシャーシの旧センターと軽量センターの違いとしては、わかりやすく重さがあります

 

軽量センターシャーシとは、文字通り従来のセンターシャーシより軽く作られたシャーシのこと。

従来のシャーシというと、旧センターシャーシ。

2つを比較した場合、軽量センターシャーシの方が10%ほど軽く作られています。

 

ミニ四駆での重さというのは、マシンの速さにも影響

軽いマシンの方が速いことを考えると、軽量センターシャーシの方が速くなる可能性があるということにもなってきます。

 

少しでも軽いマシンに仕上げたい場合、軽量センターシャーシの方が向いていることになります。

 

 

スイッチの「形状」と「使い方」

スイッチの「形状」と「使い方」

旧センターと軽量センターシャーシでは、スイッチの形状も大きく違っています。

 

旧センターシャーシのスイッチ部分は、スライド式

小さなツマミをスライドすることで、スイッチのON/OFFをします。

 

軽量センターシャーシの場合は、ターン式のスイッチ

MAシャーシと同じようにつかみやすくなっていて、回すことでかんたんに動すことができます。

 

スイッチの形状だけであれば、使いやすさの違いくらい

しかしスイッチの形状が違うことによって、シャーシの構造にも多少の違いがあるのも特徴です。

 

 

シャーシ構造による「駆動」

シャーシ構造による「駆動」

旧センターと軽量センターでは、少しだけシャーシ内部の作りの違いも。

これによって、マシンによってはマシンの駆動面でも違いが出てきます。

 

シャーシの内部構造を比較すると、スイッチ周りはもちろん。

ギヤ部分も、少しだけシャーシの作りが違っています。

 

このシャーシの作りによって、ギヤ周りなどの駆動の部分で違いが

旧センターシャーシの方が、スイッチ周りの影響もあるのか作りがしっかり。

これによってギヤの固定もしっかりされ、駆動が優れている印象があります。

 

もちろん駆動関係となると、気にしなければ気にならないレベル。

さらにマシンやシャーシによっても個体差はあるため、単純な比較はむずかしいです。

 

しかし旧センターシャーシは作りがしっかりしている分、駆動関係を何もしなくても速いというメリットはあります。

 

 

 

MSのセンターシャーシは、どっちがいいのか

MSのセンターシャーシは、どっちがいいのか

初心者向けで使いやすいのは「軽量センター」

初心者向けで使いやすいのは「軽量センター」

MSシャーシマシンを使う上で、扱いやすいのは軽量センターシャーシになってきます。

 

軽量センターシャーシの特徴は、シャーシの軽さ

軽い方が速いという部分では、軽量センターシャーシの方が使いやすくなってきます。

 

またスイッチ周りもMAシャーシと同じで使いやすいので、スイッチのON/OFFもかんたん

ミニ四駆初心者や、初めてのMSシャーシとしても扱いやすくなります。

 

最近のマシンキットやGUPでは、軽量センターシャーシのマシンがほとんど

なので手に入れやすさという部分でも、軽量センターシャーシの方が初心者向けになっています。

 

 

速さを求めるのなら「旧センターシャーシ」

速さを求めるのなら「旧センターシャーシ」

速いマシンにしたい場合は、旧センターシャーシを使ったマシンがおすすめになってきます。

 

シャーシによる個体差はあるものの、旧センターの方が駆動面は優れています

そこまで手を加えなくても、最初からある程度の速さが出せるのが特徴。

 

また多くの速いレーサーが使っているのが、MSフレキのマシン。

その中でも、旧センターシャーシを使っているマシンの割合も多いです。

 

普通であれば、新しい製品ほど改善されて優れてます。

もちろん軽量化や使いやすさの部分では軽量センターも優れていますが、速さの面ではいまだに多くのマシンに使われているのが現状。

 

目に見えて大きく速さの違いがあるわけではありませんが、速いマシンにしたい場合に旧センターシャーシを使ってみるのはおすすめになってきます。

 

 

 

発売時期による手に入れやすさも違う

発売時期による手に入れやすさも違う

MSシャーシの「旧センター」と「軽量センター」の違いは、シャーシの作り

 

旧センターシャーシから軽量化して作られたのが、軽量センターシャーシです。

重さはもちろん、スイッチ周りが改善されて使いやすいシャーシ。

 

しかしシャーシの構造上、駆動が優れているのはノーマルセンターといわれる旧センターシャーシ

その駆動面の良さは、多くの速いレーサーにいまだに使われているほど。

 

発売時期などを考えると、手に入れやすいのは軽量センターシャーシ

なのでミニ四駆初心者初めてのMSフレキの場合は、軽量センターシャーシの方がハードルは低くなってきます。

 

それぞれの違いを理解した上で、マシンに合ったシャーシを使うことが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました