【NY2019】合体マシンでコースアウトはせずに速度負け

NewYear 2019 東京大会D

 

1次予選、速度負けの2位で終わった僕のニューイヤー。

 

 

 

今後の公式大会にも生かせるようにと個人的な反省会です 笑

 

 

まずは最終的なマシンの仕様から。

 

模擬コースでの試走で悩みに悩んだマシン選び。

 

 

当初はWBで前後スラダンにする事によって姿勢を安定させ、DBでのジャンプを確実にする狙いでした。

しかしそのフロントスラダンのスラスト抜けが原因となり、速度の出た状態でのバンクの下りで曲がり切れずにコースアウト…

 

 

 

試しに走らせてみたFDは、ATバンパーのおかげもあり、スラスト抜けの心配もなくバンクはクリア。

しかしリヤのアンカーの安定性に問題もあり、DBやスロープなどでのジャンプが不安定…

 

 

この時はどっちもどっちな感じでした…

どちらのマシンで大会に出るべきなのか…

ATバンパーもスラダンもどっちも必要そうだ…

 

 

で、結果的にフュージョン 笑

試しに間に合わせで2台のマシンを合体させてみました。

そしてこれが思っていた以上に安定して走ってくれたので一安心 笑

 

 

最終的にこのマシンの仕様を自宅でしっかりと形にして完成となりました。

 

 

そして今回のニューイヤーは、前回のウィンターでのブレーキ問題があったので、最初からノーブレーキで行くと決めていました。

 

なので、速度超過になりすぎないようにとHDモーターにギヤ比は3.7:1。

DBでの飛距離が出すぎないようにと、前後24mm径のローフリクションタイヤをFDから拝借。

 

バンクでのスラスト抜けを防ぐためにフロントはFDのATバンパー。

DBやスロープのジャンプ時の姿勢を考え、リヤにはWBのスラダンを取り付けました。

 

 

結果的には、狙い通りコースアウトせずに完走。

しかし速度超過を意識しすぎたのもあり、速度負け。

 

単純にタイヤ径やモーター、ギヤ比などで速度を上げればと思う部分もあれば、それではコースアウトしていたかもしれないという部分もある…

 

こんな経験を積み重ねていくうちに、速い方達のように頭の中での計算も出来るようになるんですかね…

大会に参加するたびに、僕の中ではミニ四駆が深いモノになっていってます 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました