パーツ

スポンサーリンク
パーツ

【ミニ四駆の軸受けの種類】キット付属とベアリング|GUPの中でのおすすめとその理由

ミニ四駆の軸受けは、マシンの速さに関係してきます。キット付属のハトメやPOM。そしてGUPとしてもベアリングとして4種類発売。その中でも使えるのは、HG丸穴と620ベアリング。脱脂や加工なども必要になりますが、おすすめのベアリングになっています。
パーツ

【ミニ四駆のローラー】素材によって違ってくる特徴|よく使われる種類と取り付け位置

ミニ四駆は使っているローラーによって大きく変わってきます。プラスチックやゴム、アルミによって摩擦抵抗やコースへの食いつきの良さは大きく変わってきます。また走らせるコースによって、ローラーの大きさも使い分けが必要。それぞれの特徴を知る事が大切です。
パーツ

【ブレーキの役割と種類による違い】現代ミニ四駆に必須|ブレーキの効かせ方と使い方

立体コースが当たり前の現代ミニ四駆において、ブレーキは欠かせません。現在市販されているスポンジブレーキは5種類。それぞれ材質や厚みも違うので、効き方も変わってきます。また貼る位置や高さによる違いなど、効果的な使い方を知っておく事も必要です。
パーツ

【勘違い?】ゴールドターミナルが絶対は昔の話|理由は電池とターミナルの相性の違い

GUPとしてのゴールドターミナルが、当たり前の改造だったのも昔の話。今では使われている理由が違ってきます。昔はアルカリ電池の端子も金メッキだった事から、相性が良く使われていました。しかし使われている電池も変わった現代、絶対の改造とはなりません。
パーツ

【ミニ四駆のターミナル】ノーマルとゴールドの違い|銅と金によって違う通電率と手軽さ

ミニ四駆のターミナルには2種類あります。銅が材質となっている、キット付属のノーマル。ゴールドターミナルは、金メッキが施されています。どちらが良いかは、通電率やメンテナンス性によって人それぞれの選択肢。自分に合ったターミナルを選ぶ必要があります。
パーツ

【モーターの種類】ミニ四駆を速くするために|速いマシンを制御できる技術も重要

ミニ四駆でマシンを速くするために、モーターの変更は必要です。そのためには自分のマシンにはどのモーターが使えて、どんな種類があるのか知る必要があります。そしてマシンが速くなることで、現代ミニ四駆においては速度の制御も必要になってきます。
パーツ

【初めての改造におすすめ】ファーストトライパーツ|改造の基本も学べるコスパの良さ

ミニ四駆の最初の改造に「ファーストトライパーツセット」はおすすめ。ミニ四駆に必要となる改造を知る事ができます。そのためのパーツも揃っているのでコスパの面でも優秀。ファーストトライパーツとチューン系のモーターだけでもミニ四駆を楽しめます。
パーツ

【ミニ四駆のパーツ整理】自分なりのルール|収納スペースの上限と使いやすさを考える

ミニ四駆って気が付くと物が増えてしまいますよね。特に細かいパーツ、FRPやカーボンの端材など。物が増えたから収納を増やすのではなく、最初から上限を決めておく。そうすることで整理したつもりにならず、使いやすくなっていくのではと考えました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました