スポンサーリンク
改造

【リヤアンカーの作り方】加工も少なくシンプルに|取り付け方法を替えればどのシャーシでも

精度が必要になってくるリヤアンカーも、抑えるべきポイントを抑えていれば簡単に作る事が可能。この作り方なら、取り付けプレートを替えるだけで他のシャーシでも取り付け可能。まずはリヤアンカーを使ってみたいという人ほど、おすすめの作り方になっています。
改造

【ピボット付きATバンパー】作り方を解説|いろいろなシャーシで使えるギミックバンパー

ギミックバンパーの中でも、簡単に作れて使いやすいのが「ピボット付きのATバンパー」。ATバンパーとして稼働する事で、コースに乗り上げた時などのいなしに。またフロント提灯との連動によるスラスト確保や、ピボットによる衝撃吸収など使いやすいのが特徴です。
ギミックバンパーマシン

【最新シャーシでギミックマシン】加工も少なく簡単|初心者マシンから1歩進んだ改造に

ギミックバンパーといえば、ATバンパーやアンカーを使ったマシン。多少の加工は必要になってきますが、バンパーレスが簡単なVZシャーシを使う事で改造もしやすいです。難しい加工も無いので、初心者にも参考にしやすいギミックマシンになっています。
B-MAXマシン

【MAのB-MAXマシン】初心者でもコース攻略が可能|効果的なブレーキで速さも出せる

初心者向けのMAシャーシ、無加工が基本のB-MAXマシン。この初心者向けのマシンでも、コースの攻略は可能です。特にバンクスルーのためのステーの取り付けや、制振性を高めるマスダンパーは効果大。コースに合わせたセッティングの難しさもありません。
改造

【ミニ四駆のリフター】提灯の動きを補助する効果|ポリカとゴムリングの2種類の作り方

ミニ四駆の改造に欠かせないのが提灯。そんな提灯の動きを補助する意味でも欠かせないのがリフターです。リフターを付ける事によって提灯を開きやすくし、必要な時にしっかり提灯が働くようになります。作り方もポリカの端材やゴムリングなど簡単なのも特徴です。
ポリカボディ

【ポリカボディの切り方】曲線バサミがおすすめ|カットの手順とシャーシへの載せ方

ポリカボディをカットしていく上で、タミヤの曲線バサミは必須。シャーシへ載せる時も、提灯などと干渉してくる部分を細かく切り取っていく必要があります。できるだけボディを残して低くするのがかっこよく仕上げるポイント。端材もリフターなどで使えます。
改造

【コーナー直後のジャンプ】ギミックかまっすぐ飛ばすか|ローラー径による挙動の違い

ミニ四駆のコースレイアウトの中でも難しいのは、コーナー直後のDBやスロープ。コーナー直後にマシンがジャンプするので、マシンによって色々な対策が必要になります。B-MAXマシンのようなリジットの場合、ローラー径の変更が有効になってきます。
B-MAXマシン

【B-MAXマシン】タイムアタック1位を獲得|ある程度見えてきた完成とこれから先の課題

フロント周りを見直したB-MAXマシンで、2種類のコースを試走。ある程度形が出来てきた事もあり、好成績を残す事ができました。それでも課題が出てくるのがミニ四駆。ローラー径の違いによる挙動の変化や、B-MAXだからこそのモーターの重要性を感じました。
考え

【お詫び】

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 2022年6月29日より、PCウィルスによる影響のためブログに不具合が生じていました。 「ページの読み込みが遅い」 「ページが開けなかっ...
ポリカボディ

【ポリカボディの塗装】スプレーを使った塗装手順|距離を取って薄く重ね塗りをしていくだけ

ポリカボディを使う上で欠かせないのが塗装。難しいと思われるスプレー塗装も、手順をしっかり踏むことで簡単にできます。大切なのは一度に塗ろうとしない事。薄く何度も重ね塗りしていく事がスプレー塗装のポイント。現代ミニ四駆に欠かせないからこそ塗装も重要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました