【JC2018】現状マシンの速度の限界を知った2次予選

JAPAN CUP2018 東京大会1D

 

今年のJC、また当選して参加できればと願いながらマシンの反省会を…

 

けっきょく2次予選まで進めたものの、2次では速度負けの3位。

1次予選の2回目とは違い、当日の朝充電した電池を使用したのでほぼ満タンだったんですが、それでも速度及ばず…

 

ちなみにモーターはMDの3.5:1。

 

リヤバンパーをATバンパーにした以外はブログで作ったまま。

満タンの電池でもコースアウトせずに走り切ってくれたのは良かったんですが、それが僕のマシンの限界だったようです…

 

 

あとはここから少しでも速度を上げられるようになれば…

モーター?電池?タイヤ?駆動?…etc.

速い方達から見れば、僕のマシンはまだまだ改善点ばかりだと思うので 笑

 

 

スプリングの時の1次予選での速度負けよりは成長したと自分に言い聞かせてまた色々と考えていきたいと思います 笑

ちなみにWBはライキリに決めた直後から、使わないという理由で娘にテープまみれにされました…笑

コメント

  1. より:

    こんばんは!
    速度負けはおそらくタイヤの径かなとも思います。
    自分のは26ミリくらいの大径ペラハーフタイヤでしたが、それほど速度負けしてる感じは無かったです(スラダン壊れるまで)
    とりあえずは中径タイヤにしてはどうですか?
    小径よりは速度出ると思いますよ!
    それにより今のバランスが崩れるかもなのでブレーキプレートやマスダンパーの位置など合わせてセッティングしましょう❗

  2. ムーチョ より:

    忍さん、アドバイスありがとうございます。
    実は僕もタイヤ径を変えてみるのもありかなと考えていました。
    やはりタイヤ径を変えることで、速度も変わってくるんですね。
    忍さんからのアドバイスで方向性が間違っていないことの自信になりました 笑
    他にも変えてみようと思っている部分があるので試してみたいと思います。
    次のチャンスがあればですが 笑

タイトルとURLをコピーしました