【JC2018】アンカーの精度によるジャンプ姿勢が反省点

JAPAN CUP2018 東京大会3D

 

前回に引き続き、JC東京3Dを終えての自分なりの反省会です 笑

 

今回、4週目のDBでコースアウトしてしまった原因は、直前まで悩んでいたマシンのリヤバンパーだと思っています。

…むしろそれしかありません!笑

 

 

結果的に、大会前から不安要素のあったアンカーをチョイス…

 

もちろんアンカーというものが悪いのではないです。

試走をしながらの調整をする機会もなく、実戦投入してしまった僕のアンカーの精度が原因 笑

 

 

最終的にリヤをアンカーにしたのも、せっかく東京3Dを見越して作ったのだからという理由だけ 笑

大会直前まで自分の中で懸念していたアンカーでのジャンプ時の姿勢…

色々なコースで走らせながら気になっていた部分でした。

 

 

 

JCでは、スタート台から目の前がDBだったので、マシンが帰ってくるたびにジャンプ姿勢を確認出来ていました。

1位を走っている時の不安と、ジャンプするたびの不安を覚えています 笑

 

そして4週目でのジャンプからの着地…

こんな感じで着地してました…

 

目の前だったのではっきりと見ていました 笑

やはり3週はちゃんと飛べていても分からないものですね…

今回はDBでの飛距離が出すぎた感じもなかったので、やはりジャンプの
姿勢だったんだと思います。

 

 

最終的なマシンの仕様はこうなりました。

 

HDモーターで、3.7:1のギヤ比。

前後ローフリクションのローハイトタイヤ、リヤのアンカーにはホイールスタビも付けてみました。

 

 

収穫もあれば、反省点もあり…

またミニ四駆について学ばせてもらいました。

これらを糧に、またマシンいじりをしていきたいと思います 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました