【2019公式用マシン】スプリング大会に向けてATスラダンを作成

Spring 2019 東京大会1D

 

前回のブログの通り、スプリング大会に向けてのマシンのイメージは出来ました。

今回はそのイメージを形にしてみようと思います。

 

 

 

 

まず今回のマシンの中で1番重要になってくるのはフロントバンパーです。

今の僕が必要としているのは、スライドダンパーの安定性とATバンパーのような可動域。

 

 

可能な限りマシンを安定して走らせ、ATバンパーで多少のコースへの乗り上げはごまかす 笑

そして僕が1番期待しているのは、バンクなどでのスラスト抜け防止 笑

こんな欲張りなイメージを持ちながら見つけたのが、ここ最近よく目にするATスラダンでした。

 

ということで、さっそく作成。

もちろん作り方も、色々な方達のブログや動画を参考にさせてもらいながら 笑

 

 

今までのフロントバンパーを取り付けるバンパーに合わせてカット。

支えとなるバンパーもカーボンステーを加工して取り付け。

スラダン用のバンパーもカーボンステーをカットして準備しました。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆限定商品 HG カーボンマルチワイドリヤステー 1.5mm J-CUP 2018 95114
商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画商品 HG カーボンマルチワイドリヤステー (1.5mm) 95260

 

 

それらをスプリングと共に合体。

 

今回、少しでも頑丈に作れればとスラダンのバンパーとシャーシに無駄な隙間が出来ないように、可動域ギリギリで組み上げてみました。

 

 

 

そして動きを確認してみても、問題はなさそう。

これならばスラスト抜けの心配もないかな 笑

 

 

 

リヤもATスラダンかなと考えていたんですが、今回はフロントだけにしました。

 

ニューイヤーの時や最近の走りを見ていても、リヤバンパーが引っかかったりという印象もなかったため、今まで同様、下段にテーパーローラーを付けてスラダンのみで。

 

一気に前後バンパーを変える勇気が無かっただけかもしれませんが…笑

 

 

 

とりあえず、これでイメージしていたような形にはなりました。

モーターやギヤ比、ブレーキなどはまだまだ悩み中ですが…

 

さすがに今回はこのマシンの形でスプリング大会に参加しようと思っています 笑

 

 

今回の目標としては、少しでも長い時間コースを走ってくれること。

僕の手持ちのMAマシン達の良いイメージを元にセッティングを考えてみました。

なので、最後までマシンが安定して走って、完走まで行ってくれればと願っています。

もはや速さを求めてないみたいな言い方ですが…笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました