Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/class-wp-walker.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/global-styles-and-settings.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/update.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/rest-api/endpoints/class-wp-rest-global-styles-controller.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1

Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/c9121481/public_html/mini4wd.tech/wp-includes/blocks/social-link.php on line 1
【ミニ四駆の加工ブレーキ】「圧縮ブレーキ」と「讃岐ブレーキ」|熱圧縮や溝で効果が変わる | ムーチョのミニ四駆ブログ

【ミニ四駆の加工ブレーキ】「圧縮ブレーキ」と「讃岐ブレーキ」|熱圧縮や溝で効果が変わる

ブレーキ
記事内に広告が含まれています。
ブレーキを加工すると効果は変わるの?

 

タイムアタック上位やコースで速いマシンほど、ブレーキの調整をうまくやっています。

そんなブレーキの中でも多いのが、厚みが普通より薄いブレーキや溝が付いているブレーキ。

ブレーキそのままの使い方だけでなく、ひと手間加えたブレーキを使うことでセッティングの幅も広がってきます

 

 

✅この記事の内容

  • ブレーキを加工して効果は変わるのか
  • 圧縮ブレーキ
  • 讃岐(さぬき)ブレーキ

 

この記事では、ミニ四駆の加工したブレーキについて。

「圧縮ブレーキ」「讃岐ブレーキ」、それぞれの特徴と作り方も合わせて紹介します。

 

 

ミニ四駆のブレーキは、マシンやコースレイアウトに合わせて種類や厚みを使い分けています。

 

もちろんGUPとしてのブレーキそのままでも、十分にマシンの制御は可能。

しかしひと手間加工を加えたブレーキを使うことで、セッティングの幅を広げることもできます。

 

「熱で圧縮し縮めたブレーキ」であれば、厚みが変わりますが耐久性は高くなります。

また「電熱線などで溝を付ける」ことで、同じ厚みのブレーキでも効き具合が変化。

 

これらの加工したブレーキの種類や厚みを使い分けることで、ブレーキセッティングの幅はさらに広がってきます。

 

 

 

ブレーキを加工して効果は変わるのか

ブレーキを加工して効果は変わるのか

ミニ四駆はブレーキの種類や厚みを使い分け

ミニ四駆はブレーキの種類や厚みを使い分け

ミニ四駆のブレーキは、マシンやコースによっていろいろな使い分け方があります。

 

同じミニ四駆用ブレーキでも、種類によって効きの強さが変化

また同じ色のブレーキでも、厚みによっても効き具合は変わってきます。

 

一般的には、そんなブレーキをマシンやコースに合わせて使い分けています。

さらにブレーキのスポンジ部分に少し加工をすることで、耐久性や効き具合を変えることができます。

 

 

 

同じ種類でも、効き具合が変わってくる

同じ種類でも、効き具合が変わってくる

加工をしたブレーキの場合、同じ種類や厚みのブレーキでも効き具合が変わってきます

 

ブレーキスポンジを熱圧縮させることで、スポンジの密度が変わって厚みや硬さが変化。

またブレーキスポンジ部分に溝を焼き付けることで、同じ厚みでも効き具合を良くすることができます。

 

特にこれらのブレーキを使い分けているのが、コースでも速いマシン。

マシンが速くなるほどブレーキの調整もシビアになってくるので、いろいろなブレーキを使い分けてマシンの速さと安定性を出しています。

 

 

 

 

圧縮ブレーキ

圧縮ブレーキ

熱を加えて押しつぶしたブレーキ

熱を加えて押しつぶしたブレーキ

「圧縮ブレーキ」とは、ブレーキのスポンジ部分に熱を加えて押しつぶしたブレーキのことです。

 

ブレーキに熱を加えて圧縮することで、スポンジ部分の密度が変化

これによって、同じ種類や厚みのブレーキでも違いが出てきます。

 

まずは、圧縮することでブレーキスポンジがつぶれて厚みが変化

基本的にブレーキは厚みのある方が効きが良いです。

しかし同じ1mm厚のブレーキでも、圧縮した方が効きが良くなってきます

 

また圧縮することによって、ブレーキとしての耐久性もアップ

走行中の摩擦によってスポンジがやぶれることも減るので、ほぼ同じ状態で使い続けることが可能になってきます。

 

 

圧縮ブレーキの作り方

圧縮ブレーキの作り方

圧縮ブレーキの作り方としては、ブレーキスポンジに熱を加えて押しつぶすように圧縮するだけです。

 

圧縮ブレーキの作り方も、人によっていろいろな方法があります。

 

  • ライターで炙って、セッティングボードなどに押し当てる
  • ライターで炙って、ドアの丁番などで挟む
  • アイロンを当てながらつぶしていく

 

作り方については、使える道具環境によっても変わってきます。

しかしその中でも、ライターで炙るよりもアイロンを使った方法がおすすめ

 

ライターで炙る場合、どうしても熱がブレーキ全体には伝わりづらいです。

そうすると圧縮後にムラができてしまい、均一なブレーキにはなりません。

 

熱を全体に均等に伝えるためにも、アイロンで圧縮した方が再現性高く作ることができます

 

 

 

讃岐(さぬき)ブレーキ

讃岐(さぬき)ブレーキ

溝を入れることでクッション性が上がる

溝を入れることでクッション性が上がる

ブレーキに縦線などの溝が入っているのが「讃岐ブレーキ」です。

 

ブレーキのスポンジ部分に、溝を入れて使用する讃岐ブレーキ

その由来としては、うどんのようにコシのあるブレーキだからなどいろいろ。

 

ブレーキスポンジに溝を付けることで、ブレーキのクッション性が変化

実際に触ってみても、弾力性の違いはあきらか。

ブレーキ全面でクッションになる場合と、細かく区切られたクッションでは衝撃吸収の度合いも変わります。

 

この細かく区切られた部分でブレーキとして働くので、通常のブレーキとは効き具合が変わってきます

溝の付け方でも効き具合は変わってくるので、模様や間隔を使い分けるのもひとつの選択肢になってきます。

 

 

讃岐ブレーキの作り方

讃岐ブレーキの作り方

讃岐ブレーキの作り方もいろいろありますが、1番かんたんで使いやすいのはヒートペンを使う方法です。

 

讃岐ブレーキの作り方も、人それぞれで違った作り方になってきます。

 

  • ライターで炙ったシャフトを押し付ける
  • スチロールカッターで焼き付ける
  • ヒートペンで焼き付ける

 

どの方法でも、同じような溝ブレーキを作ることは可能

しかし作り方によって、作りやすさ安全性が変わってきます。

 

その中でもおすすめになってくるのは、ヒートペンを使う方法。

単三電池で温めた電熱線を当てるだけなので、火を使うことがありません。

 

電熱線の部分にだけ気を付けて取り扱えばいいので、むずかしくもない。

リューターと同じように注意しながら扱えば危ないことも無いので、おすすめの方法です。

 

商品リンク:ファンテック カービングヒートペンCH-1

 

 

 

コースに合わせてブレーキを使い分け

コースに合わせてブレーキを使い分け

ミニ四駆のブレーキは、マシンやコースレイアウトに合わせて種類や厚みを使い分けます。

さらに、ひと手間加工を加えたブレーキを使うことでセッティングの幅を広げることもできます。

 

「圧縮ブレーキ」であれば、厚みが変わりますが耐久性は高くなります。

また「讃岐ブレーキ」にすることで、同じ厚みのブレーキでも効き具合が変化。

 

これらの加工したブレーキの種類や厚みを使い分けることで、ブレーキセッティングの幅はさらに広がってきます。

 

ムーチョ

ミニ四駆歴9年目。ブログ運営歴7年。
小学生以来のミニ四駆に復帰後、2018年よりブログを運営しています。
自分自身がミニ四駆を楽しんでいくにあたり、疑問に感じたり困ったことをブログとして発信中。ミニ四駆初心者やミニ四駆を始めようと思っている人に参考になればと当ブログを運営中。

ムーチョをフォローする
ブログランキング参加中
ブレーキ
ムーチョをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました