【初心者の改造】安定したジャンプ姿勢|スラダンやブレーキがその後の走りを変える

経験

 

前回のブログのように、ブレーキの有無によるジャンプ姿勢の違いを知ることが出来ました。

 

 

 

ブレーキを貼る事で、完走を出来るようになったS2マシン。

しかしこれだけだと、ブレーキによる速度の低下とも思えてしまいます。

 

果たして、ブレーキによる速度調整だけのおかげで完走出来るようになったのか?

それとも、ブレーキによって姿勢を崩さなくなったという僕の考えも合っているのか?

むしろ、ノーブレーキのLDモーターという僕の選択肢に無理があったのか? 笑

 

 

これを確かめたくて、別の目的で持参していた公式大会仕様のMSフレキを投入してみました。

セッティングはもちろん、ノーブレーキのLDモーター 笑

 

 

こちらは走らせてみると、問題なく完走…

もちろん、ARやS2とまったく同じ条件ではありません。

シャーシも違うし、重量も変わってきます。

しかし今回見たいのは、ジャンプ時の姿勢による違い。

 

実際に比べてみるとわかる、最初のジャンプの姿勢の違い…

 

 

1回目のジャンプの時点でバタつく、ノーブレーキのS2マシン。

 

1回目のジャンプから姿勢の安定している、ノーブレーキのMSフレキマシン。

 

 

僕の考えとしては、MSフレキはフロントがスラダン仕様。

そのおかげもあり、コーナー直後でのジャンプでも姿勢が安定しているのではと…

そして結果的に、MSフレキならノーブレーキのLDモーターでも入ってくれてるのかなと。

もちろんこのコースに関しては 笑

 

 

重要になってくるのは、いかに安定したジャンプ姿勢が出せるか…

それ次第で、その後のマシンの走り方は大きく変わってくる事を痛感 笑

 

もちろんジャンプの飛距離、着地点によっても安定性は変わってくると思います。

そこの調整はブレーキの強さもあると思います。

 

ただ同時に、ブレーキのおかげでマシンの姿勢が安定していた部分もあるという事を知れました。

今回、ARとS2の走らせ方を変えた事で、自分の思っていた事と違う発見をした気がします 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました