【JC2019】レイアウトが変わると走りも変わる|付け焼刃のスロープ対策

JAPAN CUP2019 東京大会2D

 

いよいよ迫って来た、僕にとっては今年2回目のジャパンカップ。

そして最近になって知った、東京2Dのコースレイアウト…

僕の中で、東京大会はずっと同じレイアウトだろうと勝手に思い込んでいました 笑

 

 

しかし東京2Dを確認すると、当日のコースレイアウトは「イースト」。

…致命的な思い込みです 笑

まぁ正直、大会当日になって知るよりも良かったのかなくらいに思ってます 笑

 

 

ただこうなると、今年のJCは大会を通してのセッティングを見つけるという目標も多少の問題が…笑

 

とりあえず東京1D同様、僕の中で1番コースアウトしたくないのはデジタルゾーンです。

 

 

 

ここの攻略のためのセッティングは何となくは考えていました。

そして時間を見つけ、少しでしたが試したりもして来ました。

 

 

ただコースレイアウトが「イースト」の場合、注意すべきポイントはもう一ヶ所あるようです。

 

 

色々な方の動画を見てみると、スロープへの対策も必要になるようでした。

東京1Dの時は僕の中で何にも気にしていなかったスロープ。

コースレイアウトが変わる事で、スロープに到達する時の速度も変わってくるようです。

 

 

このスロープに関しては、最近レイアウトを知った僕にはNO対策…

みなさんの動画などで、セッティングを参考にさせてもらいます 笑

 

 

とりあえず、今の僕の思い付く限りのセッティングを形にはしてみました。

あとは当日のレースの様子と、僕の当日の気持ち次第で変えていこうと思っています。

 

東京1Dを終え、思いがけない形でハードルが上がって迎える東京2D 笑

 

 

 

結果にこだわらずに楽しんで来たいです 笑

コメント

  1. マサヒロフ より:

    おはようございます!
    私もこないだまでコースが変わるの知りませんでしたw色んなコースが楽しめるのは東京の特権!…?暑いですが頑張りましょー!

  2. ムーチョ より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    開催される地域によってレイアウトが変わるという僕の勝手な思い込みでした 笑
    確かに色んなコースを楽しめるという考え方の方が良いですね♪
    とりあえず、思い込みの仲間がいたのは安心したりしちゃってます 笑
    暑い中での大会、お疲れさまでした。

タイトルとURLをコピーしました