モーター

スポンサーリンク
モーター

【カーボンブラシのモーター慣らし②】注意したのは「電圧」と「熱」|前回の結果から考察

前回の結果から今回は方法を変えて、「電圧」と「熱」に着目してモーター慣らし。低電圧で長時間慣らす事で、コミュテーターへの焼き付きやモーター自身の熱にも注意しながらの慣らしになりました。その結果、前回と同じくらい良い結果を得ることができました。
モーター

【銅ブラシのモーター慣らし②】低電圧→高電圧|回転数安定のために最初に削るのは正解か

銅ブラシモーターの慣らしを、前回の9v乾電池による慣らしの経験から少し手順を変えて実践。最初は低電圧でブラシを削り、そこから高電圧で慣らしを。実際に走らせなければ結果は出ませんが、回転数だけみれば失敗ではなさそうです。
モーター

【初心者におすすめのミニ四駆モーター】チューン系とダッシュ系のランキング|一覧で解説

ミニ四駆のモーターは、チューン系とダッシュ系に分けられます。チューン系のおすすめモーターは、アトミック、トルク、レブチューンの順。ダッシュ系モーターのおすすめは、ハイパー、片軸ならパワーやスプリント、両軸ならマッハ、ライトダッシュの順になります。
モーター

【カーボンブラシのモーター慣らし】低電圧で時間をかけて|3種類の条件で慣らし後を比較

ミニ四駆のモーターのブラシは銅とカーボンの2種類。その中でもカーボンブラシの慣らしは、低電圧で時間をかける必要があります。今回は3種類の方法で慣らしの前後を検証。どの方法でも回転数は上がってくるため、自分に合ったやり方で実践してみるのがおすすめです。
モーター

【銅ブラシのモーター慣らし】9V乾電池を使ったやり方|3種類のチューン系での比較

チューン系モーターに使われている銅ブラシの慣らし方は簡単。9Vの乾電池を使って、何セットか繰り返すだけ。実際に3種類のチューン系モーターで比較をしても、回転数の上昇はみられました。必要なのが9V乾電池だけなので、初心者にこそおすすめの方法です。
モーター

【初心者向け】モーター慣らしのやり方と共通の流れ|あけポンから一歩先のモーターへ

マシンを速くするために必要となってくるのがモーター慣らし。初心者ほどその準備ややり方もわかりません。細かな手順や方法によって効果も変わってきますが、全体的な流れとしては同じ。常識とルールの範囲内で実際にやっていくことで、一歩先のモーターにできます。
モーター

【速いミニ四駆のモーターとは】ブラシの種類と違い|モーター慣らしをする理由と必要性

ミニ四駆のモーターには、銅ブラシとカーボンブラシがあります。それぞれのブラシの違いを知り、適切な慣らしをしていく事で速いモーターにする事ができます。上級者になるほど必要な機器も多くなってきますが、初心者向けの方法で慣らしを経験する事も可能です。
モーター

【ミニ四駆のモーターを分解】中は使えるパーツが多い|分解方法と取り出せる部品を紹介

不要になったモーターを分解することで、改造に使えるパーツを取り出せます。大前提として、分解したモーターのモーターとしての使用は禁止。しかし絶縁ワッシャーやお宝ワッシャー、モーターピンなどのパーツは使用可能。そんな分解も、手順を理解すれば簡単です。
モーター

【モーターの種類】ミニ四駆を速くするために|速いマシンを制御できる技術も重要

ミニ四駆でマシンを速くするために、モーターの変更は必要です。そのためには自分のマシンにはどのモーターが使えて、どんな種類があるのか知る必要があります。そしてマシンが速くなることで、現代ミニ四駆においては速度の制御も必要になってきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました