工具

スポンサーリンク
工具

【レビュー】ベッセル電動ドライバー|付け替えで六角ビットドリルも使えるのがおすすめ

ミニ四駆の作業に電動ドライバーは必須。その中でもおすすめが「ベッセル電動ドライバー」です。その大きさから持ち運びの不便さはありますが、スイッチは手元でビットの付け替えも簡単。ミニ四駆に欠かせない六角ビットのドリルも付け替えて使えるが良いです。
工具

【プロクソンのミニルーターを修理】原因は熱によるスイッチ故障|専用工具で自分で直す

プロクソンのミニルーターの故障で多い原因は、長時間使用による熱によってスイッチ周りが壊れてしまう事。しかしそんな故障も、道具を準備すれば自分で修理が可能。専用ドライバー、可変抵抗器、はんだごて。2000円程普度で自分で修理するのもおすすめです。
工具

【レビュー】プロクソンのミニルーター|カットからタイヤ加工まで可能な十分な性能

本格的にミニ四駆の加工をしたい人に、プロクソンのミニルーターはおすすめ。電源やコードが必要な分、持ち運びには向いていません。しかし安定したパワーによってほとんどの加工が可能。特にミニ四駆に欠かせないペラタイヤの加工にも向いているのでおすすめです。
工具

【レビュー】iHelpのミニルーター|充電式なのでコードも無く、持ち運べる便利さ

充電式のミニルーターは、初めてのリューターとしてもおすすめです。充電式の大きなメリットはコードレス。手元の細かい作業のストレスもなく、持ち運びも可能。パワー不足な部分はありますが、使う場所や環境が限られず、使いたい時に気軽に使えるのでおすすめです。
工具

【レビュー】タミヤ電動ハンディリューター|モーターと電池によるパワーも加工には十分

どんなリューターを買えばいいのかわからない人に、タミヤの電動ハンディリューターはおすすめです。組み立て式のため、動力がモーターと電池という他との違いはあります。しかし持ちやすいので扱いやすく、ミニ四駆の加工には十分なパワーも持っています。
工具

【ミニ四駆の改造に必須】おすすめのリューター|実際に使ってわかるメリットデメリット

ミニ四駆の加工にリューターは欠かせません。そんな電動工具だからこそ、初心者にもおすすめになってくるのは3つ。タミヤ製のハンディリューター、iHelpのミニルーター、プロクソンのミニルーター。どれも実際に使ってきた中で、ミニ四駆の加工は問題ありません。
工具

【レビュー】ミニ四駆ポータブルピット|マシン4台収納に工夫次第で変わる使いやすさ

マシンを4台入れて持ち運べるのがポータブルピット。しかしマシンとパーツの収納のバランスや、蓋の部分の仕切りから使いづらさを感じる人もいます。しかしサイズの合ったパーツケースを使ったり、アクリルの仕切りを使うことで、使いやすさを上げていくができます。
工具

【レビュー】ミニ四駆レーサーズボックス|大容量で子どもの持ち運びにもおすすめ

ミニ四駆レーサーズボックスは、子供にこそおすすめになってきます。そのメリットは、マシン3台とパーツ類が入る大容量の大きさ。そして横に広いボックスとなっているので、持ち運びがしやすいです。ボックス内には仕切りも付いているので安定性も抜群です。
工具

【レビュー】ミニ四駆コンパクトバッグ|マシン1台とパーツ類を持ち運ぶのにおすすめ

ミニ四駆コンパクトバッグは、手軽にミニ四駆を持ち運べるのが何よりもメリット。大きさ的に容量は少なくなってしまいますが、だからこそのナイロン製の見た目。それでもマシン1台とパーツ類であればしっかり収まります。荷物の見た目を気にする人におすすめです。
工具

【ミニ四駆の持ち運びにおすすめ】人気のボックス3種類|使っている感想と共に紹介

ミニ四駆の持ち運びにおすすめのボックスは3種類です。マシン1台とパーツの場合は、コンパクトバッグ。マシン複数台とパーツや工具などを持ち運ぶ場合は、レーサーズボックスやポータブルピットがおすすめ。特にまだ荷物の少ない初心者や子どもにはピッタリです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました