【レビュー】iHelpのミニルーター|充電式なのでコードも無く、持ち運べる便利さ

工具
  • 持ち運べるリューターでおすすめは?
  • iHelpのミニルーターはどうなの?
  • 充電式ってどれくらい使えるの?

 

手軽に使えて持ち運びに便利なのは、充電式のリューターになってきます。

その中でもiHelpのミニルーターは、安い価格と使いやすさの面でおすすめです。

 

 

iHelpのミニルーターのメリット

  • 手ごろな価格帯のリューター
  • 充電式なので、持ち運びが可能
  • 本体からコードが出てないので使いやすい

 

もちろん充電式なので、パワーが極端に落ちたり長時間使えないなどのデメリットもあります。

そこらへんも含めて、実際に使っている感想をレビューしていきます。

 

商品リンク:iHelp(アイヘルプ) 軽量で扱いやすいコードレス! 充電式ミニルーター ビットセット

 

 

 

iHelp 充電式ミニルーター ビットセット

iHelp 充電式ミニルーター ビットセット

    • コードレスなので手軽に使えるホビールーター
    • コードが邪魔になることがなくストレスフリーで作業が可能
    • 回転数も約4000・9000・14000 min-1の3段切換え
    • チャックは2.35ミリで、市販のパーツが使用可能
    • 付属のUSBケーブルで簡単に充電
    • パソコンやモバイルバッテリーにつなげても充電可能

 

 

充電式は、充電を気にしながらの作業が必要

充電式は、充電を気にしながらの作業が必要

充電式なので、続けて使える時間は限られる

充電式なので、続けて使える時間は限られる

iHelpのミニルーターは充電式なので、続けて作業できる時間は限られてしまいます

 

しっかり充電した状態でも、使い続けられるのは15分程度

ミニ四駆の加工の中で、ひとつの加工にそこまで時間がかかることはありません。

しかし続けて使えるのが15分というのは、決して長くはありません。

そして充電が少なくなってくると、極端にパワーも落ちてきてしまうのも使いづらい部分

 

加工に使ったら充電するという使い方をしないと、次に使う時に充電が無く不便に感じてしまうポイントです。

 

 

充電中は使うことができない

充電中は使うことができない

またiHelpのミニルーターの場合、充電しながらの作業ができないのも不便に感じる部分です。

 

USB電源での充電中は、リューターを使うことはできません。

なので充電が無くなった時は、加工などの作業を中断することになってきます。

長時間続けての作業ができないだけでなく、充電中は作業ができないというのは不便に感じてしまいます。

 

充電式のリューターというのは、持ち運びに便利な反面、充電を気にしながらの作業が必要になってきてしまいます。

 

 

 

充電式の大きなメリットは、手元にコードがないこと

充電式の大きなメリットは、手元にコードがないこと

安い価格で、手ごろなホビールーター

安い価格で、手ごろなホビールーター

リューターといっても、性能によって価格もさまざまです。

特にリューターというものを使ったことがない人にとっては、どれくらいの性能のものを選べばいいのかわかりません

 

そんな中でもiHelpのミニルーターの場合は、ホビールーターということもあり価格も安いです。

ホビー向けという部分もあり、ミニ四駆のFRPやカーボン、シャーシの加工にも問題なし。

タイヤ加工のようなパワーの必要な加工はむずかしいですが、ミニ四駆に必要となる加工はほとんどできてしまいます

 

数あるリューターの中でも、安い価格帯で一通りの作業ができるリューターとなってきます。

 

 

手元にコードが無いので、加工がやりやすい

手元にコードが無いので、加工がやりやすい

iHelpミニルーターの大きな特徴は、充電式なので本体から出ているコードが無いことです。

 

パワーのあるリューターほど、常に電源が必要。

なのでリューター本体からコードが出ていて、コンセントにつなげる必要があります。

ミニ四駆の加工のような細かい作業をする場合、手元にあるコードだけでもやりづらさを感じてしまう部分。

 

充電式のリューターにはそれがないので、細かい作業をやる時のストレスも少なくなってきます。

 

 

使う場所が限られないのは、コードレスのメリット

使う場所が限られないのは、コードレスのメリット

また充電式のリューターの場合、充電すればコードも必要ないので、持ち運んでの作業も可能です。

 

リューターを使う環境や場所が限られないのは、大きなメリット。

すぐに手元で作業をすることができます。

皿ビス用の座グリ加工のような、ほんとちょっとした加工のためにリューターを準備したりする必要もなし

 

他の工具などといっしょに置いておくだけで、すぐに作業をできるのはコードレスだからこそのメリットです。

 

 

 

本格的なリューターにパワーは劣るが、使い勝手は良い

本格的なリューターにパワーは劣るが、使い勝手は良い

本格的なリューターと比較した場合、パワー不足は間違いありません

 

ミニ四駆の加工の中には、ペラタイヤなどのタイヤ加工もあります。

そんな加工のためには、それなりのリューターのパワーも必要。

パワーもそこまででなく、使用時間も限られるミニルーターは、タイヤ加工にはあまり向いていません

 

しかしコードレスによる持ち運びやすさ、使いやすさは大きな特徴

プロクソンのリューターなどになると、電源コンセントも必要となってきます。

使いたい時に気軽に取り出して使えるのは、コードレスだからこそ。

 

本格的なリューターにパワーは劣りますが、使い勝手は良いリューターになっています。

 

 

 

 

充電式は、手軽に使える安いリューターとしておすすめ

充電式は、手軽に使える安いリューターとしておすすめ

iHelpのミニルーターは、初めてのリューターを考えている人にもおすすめになってきます。

 

iHelpのミニルーターのメリット

  • 手ごろな価格帯のリューター
  • 充電式なので、持ち運びが可能
  • 本体からコードが出てないので使いやすい

 

ホビールーターなのでパワー不足な部分はありますが、ミニ四駆のちょっとした加工には問題なし。

特に手元の細かい作業がほとんどのミニ四駆において、コードレスな本体は使いやすいです。

他の工具といっしょに置いておけば、使いたい時にすぐに使えるのも良い

 

これまでリューターを使ったことがない人には、コードレスで作業しやすいリューターとして。

コンセント不要の持ち運びに便利なリューターを探している人には、手軽に使える安いリューターとしておすすめです。

 

商品リンク:iHelp(アイヘルプ) 軽量で扱いやすいコードレス! 充電式ミニルーター ビットセット

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました