【B-MAXマシンの改造】フロント周りの見直し|どんなコースでも安定できるために

B-MAXマシン
B-MAXマシンを安定して走らせるのに必要な改造は?

 

モーターの変更によって、LCがむずかしくなっていたB-MAXマシン。

しかしLC用の対策をしたことで、安定したクリアができるようになりました。

次はそんなB-MAXマシンを、どんなコースでも安定して走れるマシンにしようと改造を考えました。

 

 

 

✅この記事の内容

  • VZシャーシ用FRPフロントワイドステー
  • フロント周りのブレーキも見直し
  • 軽量プラスペーサーセット

 

この記事では、安定性を求めてB-MAXマシンに追加したパーツについて。

フロント周りの見直しや、マシンの見た目や重量を意識した改造を紹介します。

 

 

今回B-MAXマシンには、安定した走りができるようにと3種類のパーツを追加

 

 

前回の走りで感じた、ローラー幅の違いによるジャンプ時の安定性

その経験を活かして、前後共にローラー幅を広げるためにVZ用のFRPプレートを追加しました。

 

さらにフロントバンパーの変更に合わせて、ブレーキセッティングも見直し

FRPの直プレートを2枚にして、フロントブレーキのセッティングの幅を増やしてみました。

 

さらに微々たる変化として、スペーサーをアルミから軽量プラに

マシン重量はほとんど変わりないながらも、マシンの見た目には多少の変化が出ました。

 

これまでの改造によって、それなりに完成してきたB-MAXマシン。

今回の追加パーツは、どんなコースでもそれなりの走りをできるマシンを意識しています。

 

 

 

VZシャーシ用FRPフロントワイドステー

VZシャーシ用FRPフロントワイドステー

ローラー幅の変更による、走りの変化

ローラー幅の変更による、走りの変化

これまでのマシンは、リヤバンパーのみFRPプレートでローラー幅を広くした状態でした。

 

FRPプレートを取り付けたことによって、ローラー幅を規定ギリギリまで広げる変更。

これによって、マシンの走りにも変化があらわれていました。

特に、ジャンプ時のマシンの姿勢に変化が

 

このマシンの挙動の変化によって、フロントバンパーの見直しも必要なのではと考えました。

 

 

ローラーの根元もビス固定して強度もアップ

ローラーの根元もビス固定して強度もアップ

フロントバンパーにも、リヤと同じVZ用のFRPプレートを追加しました。

 

正直にいえば、ローラー幅を広げられればどのFRPでも同じでした。

プレートに13mmローラーを取り付けられれば、ローラー幅は変わってくるので。

しかし取り付け位置の安定性などから、同じVZ用のFRPを選択。

 

ローラー取り付け位置の根元もビス固定をしたことで、バンパーとしての安定性も変わったはずです。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.524 VZシャーシ FRP フロントワイドステー

 

 

 

フロント周りのブレーキも見直し

フロント周りのブレーキも見直し

フロントは直FRPを2枚に

フロントは直FRPを2枚に

フロントブレーキ用の直FRPも、2枚並べての取り付けに変更しています。

 

モーターを替えたことで、速度が大きく変わったB-MAXマシン。

コースレイアウトによってブレーキを使い分ける時に、直FRP1枚だけでは限界がありました。

 

本当であれば、リヤと同じようにリヤブレーキステーを取り付けるはずでした。

しかし無加工でVZシャーシに取り付けた場合、マシンの全長がレギュレーションを超える

なのでフロントは、直FRPを2枚並べてのセッティングに

 

後ろ側の1枚には、1.5mmのスペーサーを挟んで取り付けています

ブレーキを取り付けた時に斜めになることで、バンクスルーも可能な角度になっています。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

 

赤ブレーキの選択肢も増やす

赤ブレーキの選択肢も増やす

ブレーキ用のステーに合わせて、使えるブレーキの種類も増やしています。

用意したのは、ブレーキスポンジセットの赤

 

これまでのブレーキとして使っていたのは、リヤブレーキステーに付いていた赤の2mm

そしてセッティングの幅を増やすために追加した、青ブレーキ

今回赤のブレーキセットを追加することで、赤ブレーキでの幅も広がっています

 

これまでコースを走らせてきた中で、赤の2mmよりもう少しブレーキを効かせられればなどの場面もありました。

そんな時に、赤ブレーキも1mmや3mmという選択肢があれば変わってくるだろうと。

 

現状マシンでいろいろなコースを攻略しようと考えた場合、ブレーキセッティングの幅は必要になってきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆 グレードアップパーツ No.492 ブレーキスポンジセット (1/2/3mm レッド) 15492

 

 

 

 

軽量プラスペーサーセット

軽量プラスペーサーセット

ミニ四駆はマシンが軽いほど速い

ミニ四駆はマシンが軽いほど速い

ミニ四駆は、マシンが軽いほど速度は上がってきます。

 

これまでB-MAXマシンについては、マシン重量をほとんど気にせず改造してきました。

B-MAXレギュレーションの範囲内での改造なので、シャーシやボディ、プレート類の軽量化もできません。

必然的に、必要となるパーツをどんどんと足していく改造に

 

軽い方が速いとわかっていながらも、マシン重量を気にしない改造をしてきていました。

 

 

軽量スペーサーによる重さの違いは、ほとんど無し

軽量スペーサーによる重さの違いは、ほとんど無し

今回はパーツ予算も余裕があったので、スペーサーを交換。

使ったのは、軽量プラスペーサーセットです。

 

正直、スペーサーによる重さの違いは微々たるもの

そこまでマシンの速度には影響してこないのではと、考えています。

実際にパーツ重量を比較してみても、ほんの少しの違いがあるかどうか。

 

それでも、マシンのいろいろな部分で必要となってくるのがスペーサー。

スペーサーを替えるだけでも、マシンの印象にも多少の変化は出てきます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツシリーズ No.506 軽量プラスペーサーセット (12 / 6.7 / 6 / 3 / 1.5mm) 15506

 

 

 

どんなコースレイアウトでも安定して走れるように

どんなコースレイアウトでも安定して走れるように

今回は、安定した走りを目指して3種類のパーツを追加しました。

 

 

前回の走りで感じたのが、ローラー幅の違いによるジャンプ時のマシンの安定性

その経験から、前後共にローラー幅を広げようとVZ用のFRPプレートを追加しました。

 

さらにフロントバンパーの変更に合わせて、ブレーキセッティングも見直し

直FRPを2枚に増やして、フロントブレーキのセッティングの幅を増やしてみました。

 

さらにスペーサーを、アルミから軽量プラに

マシン重量や見た目の、微々たる変化にはなりました。

 

これまでの改造によって、それなりに完成してきたB-MAXマシン。

どんなコースでもそれなりの走りをできるマシンを意識しているからこそ、この改造でいろいろなコースに挑戦していくつもりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました