【B-MAXマシンの改造】破損したバンパーを交換|パーツにアイアンビークを選んだ理由

B-MAXマシン
リヤバンパーが壊れたB-MAXマシンをどう改造していこうか?

 

これまでの改造やパーツの追加によって、それなりに安定して走れるようになってきたB-MAXマシン

しかし速度が速くなってきた分、マシンへの負担がかかっていました。

その結果、リヤのバンパーが破損

B-MAXマシンをコースで走らせるには、リヤバンパーの交換が必須となりました。

 

 

 

✅この記事の内容

  • マシンを改造パーツとして選んだ理由
  • リヤバンパーに合わせて、Aパーツも交換
  • 72mmシャフトでフィンホイールを活用

 

この記事では、リヤバンパーの破損したB-MAXマシンに追加した改造について。

追加の改造パーツとしてマシンキットを選んだ理由と、そこからの改造について紹介します。

 

 

今回もB-MAXマシンの改造のため、1500円を目安に追加パーツを準備しました。

特に今回は、破損したリヤバンパーの変更が必須条件となっています。

 

 

今回リヤバンパーを交換するために選んだのは、アイアンビークのマシン

バンパーの交換だけであれば、VZシャーシのGUP を選べばじゅうぶん。

しかし今回は、マシンのキットを準備しました。

 

アイアンビークにしたことで、この先の改造の幅も広がるのが理由になってきます。

 

  • 破損したバンパー、Aパーツが交換可能
  • 予備パーツとして、シャーシやターミナルなどが手に入る
  • フィンホイールが付いている

 

今回の改造に合わせて72mmシャフトを使うことで、ホイール貫通したタイヤを取り付けることも可能

これによってマシンのトレッド幅が変わり、タイヤ周りの安定性を増すこともできます。

 

 

 

マシンを改造パーツとして選んだ理由

マシンを改造パーツとして選んだ理由

バンパー交換に、GUPよりアイアンビークを選択

バンパー交換に、GUPよりアイアンビークを選択

今回アイアンビークを選んだ1番の理由は、破損したバンパーの交換が必要だったから。

しかし改造パーツとしてキットを選んだのにも、ほかの理由があります。

 

  • 破損したバンパー、Aパーツが交換可能
  • 予備パーツとして、シャーシやターミナルが手に入る
  • フィンホイールが付いている

 

バンパーの交換だけであれば、VZシャーシのマシンキットなら何でもいいです。

むしろVZシャーシのGUPだけでも、バンパーの交換は可能になってきます。

 

しかし他の予備パーツや、フィンホイールも手に入る理由から今回はアイアンビークにしています。

 

商品リンク:タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.98 アイアンビーク VSシャーシ 18098
商品リンク:タミヤ ミニ四駆特別企画商品 VZカラーシャーシセット (パステルブルー) 95629

 

 

いざという時のための予備パーツを準備

いざという時のための予備パーツを準備

ミニ四駆は、コースで走らせるほど消耗。

今回のリヤバンパーのように、負担が重なり破損する部分も出てきます。

そんな時に、予備のパーツがあるほど心強いものはありません。

 

特にキット付属のノーマルターミナルは、マシンを速くする意味でも必要。

しかし通電率が優れている分、腐食もしやすいです。

そんな時に、替えのノーマルターミナルがあるだけでも違います。

ターミナル以外のパーツについても、いざという時用に予備パーツは必要になってます。

 

改造パーツのための予算を決めているからこそ、コスパの面は大事になってきます。

 

 

 

 

リヤバンパーに合わせて、Aパーツも交換

リヤバンパーに合わせて、Aパーツも交換

前後バンパーを、黒から赤へ変更

前後バンパーを、黒から赤へ変更

破損したB-MAXマシンのバンパーを、アイアンビークのバンパーに交換しました。

 

とりあえず取り付け方は、これまでと同じように。

今回のように衝撃による破損を防ぐためにも、強度アップは必要になってきます。

しかしまだそのためのパーツもないため、今回は従来通りの取り付けに。

 

色が黒から赤に変更となるため、合わせてフロントのバンパーも変更しています。

 

 

駆動には手を付けず、Aパーツだけ交換

駆動には手を付けず、Aパーツだけ交換

前後バンパーに合わせて、Aパーツもアイアンビークのものに変更してみました。

 

Aパーツについては、特に消耗や破損している部分は無し

そして、駆動に関しても特に手を加えている部分もありません。

なのでとりあえず、Aパーツを付け替えだけ。

 

マシンを速くするという目標がある以上、この先マシンの駆動周りの見直しも必要

各Aパーツの取り付け方を工夫する必要がありますが、今回はそのままになっています。

 

 

 

72mmシャフトでフィンホイールを活用

72mmシャフトでフィンホイールを活用

タイヤ周りの安定性のため、ホイール貫通

タイヤ周りの安定性のため、ホイール貫通

今回アイアンビークに合わせて、72mmシャフトを改造パーツとして準備しました。

 

マシンを速くするために必要なのが、タイヤ周りの安定性

マシンが速くなるほど、ずっと走らせていればいるほど、シャフトの抜けやすさという問題も出てきます。

そのため、B-MAXレギュレーションの中でもホイール貫通は認められている改造になってきます。

 

マシンの速度アップを考えた時、タイヤ周りの安定性も必要だと考えホイール貫通をすることにしました。

 

商品リンク:TAMIYA タミヤ AO-1043 ミニ四駆 2×72mm六角シャフト ( 1袋10本入 ) 10314

 

 

 

マシンを速くするため、トレッド幅を変更

マシンを速くするため、トレッド幅を変更

今回、貫通ホイールにしようとした理由は大きく2つです。

フィンホイールの活用と、トレッド幅の変更になってきます。

 

これまで通りの取り付けだと、リヤタイヤの方がトレッド幅は広くなっていました。

この方が、ジャンプ後の着地などではマシンの安定性は増します。

しかしマシンを速くするという点では、トレッド幅が狭いことが望ましい

 

今回アイアンビークのフィンホイールを使うことによって、貫通させるだけでトレッド幅を狭めることが可能

これによって、タイヤ周りの安定性もこれまでより増してきます。

 

ホイール貫通をしていれば、この先ホイールの逆付けも可能。

今回は正履きになっていますが、この先の改造も考えホイール貫通を行ないました。

 

 

 

 

バンパーだけでなく、トレッド幅も変更できた

バンパーだけでなく、トレッド幅も変更できた

今回は、破損したリヤバンパーの変更のために改造パーツを準備。

 

 

今回リヤバンパーを交換するために選んだのは、アイアンビークのマシン

アイアンビークを選んだことで、この先の改造の幅も広がってきます。

 

  • 破損したバンパー、Aパーツが交換可能
  • 予備パーツとして、シャーシやターミナルなどが手に入る
  • フィンホイールが付いている

 

今回の改造に合わせて、72mmシャフトも使っています。

これによってフィンホイールを活用し、ホイール貫通したタイヤを取り付けることができました。

マシンを速くするためにトレッド幅も変更でき、貫通によってタイヤ周りの安定性も増しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました