【B-MAXマシン】本格的なコースへのデビュー|ブレーキと引っかかり防止は効果大

B-MAXマシン
B-MAXマシンは、本格的なコースでどこまで走れるんだろう?

 

B-MAXレギュレーションの中で組んできた、B-MAXマシン。

シェイクダウンでの走りから出た問題に対して、1500円分のパーツを追加して改造してきました。

今回はその改造によって、どこまでマシンの走りが安定したか

本格的なコースレイアウトのコースで、B-MAXマシンがどこまで通用するのかを確かめました。

 

 

 

✅この記事の内容

  • B-MAXマシンで本格的なコースにデビュー
  • 課題だったのは、ブレーキと引っかかり防止
  • スタート地点に立って見えた、次の課題

 

この記事では、改造したB-MAXマシンをコースで走らせた感想を。

フロントブレーキや引っかかり防止の追加ビスの変更によるマシンの走りについて紹介します。

 

 

今回は、本格的なコースレイアウトでのB-MAXマシンの走行。

むずかしいコースレイアウトだけではなく、タイムアタックボードという指標がある中での走りになりました。

 

そんなコースレイアウトの中でも、フロントに追加したブレーキ用のプレートのおかげでセッティングの幅も広がりました。

これまでであれば、リヤ側だけで考えていたブレーキセッティング。

しかしフロントと合わせて考えることで、柔軟に対応できる部分がありました。

またコースに引っかかってのコースアウトや、ビスによるトラブルが無かったのも、改造の効果が出ていた部分でした。

 

最初の改造では足りなかった部分に、パーツを追加。

これによってマシンの走りも安定してきたからこそ、次はさらにマシンを速くしようという欲も出てきました。

 

 

 

B-MAXマシンで本格的なコースにデビュー

B-MAXマシンで本格的なコースにデビュー

必要なのは、マシンの速さとセッティング

必要なのは、マシンの速さとセッティング

1500円分のパーツを追加したB-MAXマシンを、本格的なコースの中で走らせてきました。

1年半の休止期間を挟んでから、ミニ四駆復帰後初めて本格的なレイアウトのコース。

考えられたコースレイアウトだからこそ、マシンの速さやセッティングが求められてきます

限られたパーツで改造したB-MAXマシンが、どこまで走れるのか

また自分自身が、どこまでコースに適応できるのかの確認になりました。

 

 

タイムアタックで知る、マシンの現在位置

タイムアタックで知る、マシンの現在位置

今回のコース、タイムアタックボードがあることで自分のマシンの速さの指標にもなりました。

いろいろなコースを走らせるだけでも、ある程度は自分のマシンの走りはわかります。

しかしタイムアタックボードなどに他の人のマシンのタイムがあるのは、目標にも刺激にもなってきます。

自分のマシンの現在位置を知る意味でも、とても参考に。

今回はそんなタイムアタックボードのタイムを基準に、B-MAXマシンをセッティングしていきました。

 

 

 

課題だったのは、ブレーキと引っかかり防止

課題だったのは、ブレーキと引っかかり防止

前後のブレーキでマシンの速度を調整

前後のブレーキでマシンの速度を調整

前回のマシン改造で課題だったのが、ブレーキセッティング

それを改善するために、フロントにFRPプレートを追加しています。

 

フロントブレーキ用にプレートを追加したことで、フロントにもブレーキを貼ることができました。

これによって、マシンの速度をリヤ側だけで制御する必要なし

前回はマシン制御のために、やむなくリヤ側にバンクスルーできないくらいのブレーキを。

しかし今回は、前後のブレーキでマシンの速度を調整

 

ブレーキセッティングの幅が広がったことで、タイムアタックに挑むこともできました。

 

 

気にならないのは、効果があった証拠

気にならないのは、効果があった証拠

目立った印象がなかったからこそ、ビスの変更引っかかり防止プレートも効果はありました。

 

今回のコース、前回のようにコースの壁に引っかかってのコースアウトは無し

少なくともこれは、引っかかり防止プレートを取り付けたおかげです。

そしてセッティングを出すまでにコースアウトした中でも、ビスが曲がったりということもありませんでした。

LCがクリアできていたことからも、フロントのビスが曲がったりしていることも無し

 

コースへの引っかかりやビス曲がりが気にならなかったのは、パーツ追加の効果の表れです。

 

 

 

スタート地点に立って見えた、次の課題

スタート地点に立って見えた、次の課題

まずは少しでも上位に近づくことが目標

まずは少しでも上位に近づくことが目標

タイムアタックボードという指標があったことで、自分のマシンの速さを知れました。

 

改造し始めのマシンとしての比較になるので、絶対という部分ではありません。

それでも、B-MAXレギュレーションという縛りの中で走っていたB-MAXマシン。

比較対象としての条件は違いますが、少しでも近づくことがB-MAXマシンの完成にもなってきます。

 

今できるマシンセッティングで、どこまで上位に迫れるかもミニ四駆の楽しみであり、課題になってきます。

 

 

安定していたからこそ出てくる、速くしたい欲

安定していたからこそ出てくる、速くしたい欲

前回からのパーツの追加によって、むずかしいコースレイアウトでも安定した走りにはなってきました。

だからこそ次に考えるのは、少しでもマシンを速くすることです。

 

マシンの速度、コースでのタイムを上げるために必要なのは何なのか。

リヤのプラローラーを、ベアリングローラーに替えることでマシンの速度を上げるのか。

それとも、ギヤやターミナルなどの駆動関係の精度を上げてタイムを縮めるか。

 

本格的なコースで走らせたことで知った、速いマシンと自分のマシンの差

安定してきたB-MAXマシンの走りを見て、さらにマシンを速くしたいという欲も出てきました。

 

 

 

足りない部分にパーツを追加し、今できる満足の走りに

足りない部分にパーツを追加し、今できる満足の走りに

今回は、本格的なコースレイアウトでのB-MAXマシンの走行。

むずかしいコースレイアウトの中でも、今できる満足の走りにはなりました。

 

フロントに追加したブレーキプレートのおかげで、セッティングの幅も広がりました。

前後でブレーキセッティングを考えることで、やりやすかったのは間違いなし。

またコースに引っかかってのコースアウトや、ビスによるトラブルが気にならなかったのも改造の結果。

 

最初の改造では足りなかった部分にパーツを追加したことで、多少なりともマシンの走りに効果は出ていました

これによってマシンの走りも安定してきたからこそ、次はさらにマシンを速くしようという欲も出てきています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました