【ミニ四駆のFRP磨き】ヤスリとマッキーで見た目も一工夫|瞬間接着剤で強度もアップ

改造
FRPの見た目を少しでもかっこよくできないかな?

 

ミニ四駆の改造に、FRPやカーボンなどのプレートは欠かせません

しかし使う数や手に入れやすさを考えると、カーボンよりFRPの方が選択肢。

そんなFRPの見た目を少しでもかっこよくして、マシン全体の印象を変えてみたいと考えます。

 

 

✅この記事の内容

  • マッキーとヤスリでFRP感を隠す
  • FRPの表面を耐水ペーパーで変えていく
  • 磨く以外にも見た目と強度を変化

 

この記事では、ヤスリを使ったFRP磨きの方法について。

マッキーでの塗装や、瞬間接着剤での強度アップについても紹介します。

 

 

ミニ四駆でマシンを改造する場合、少しでも見た目もかっこよく仕上げたいものです。

しかしパーツの価格や手に入れやすさから、FRPでの改造の方が取り掛かりやすくなってきます。

そんなFRPの見た目も、身近なものでかんたんにかっこよくすることが可能です。

 

  • ヤスリ、耐水ペーパー
  • マッキー
  • 瞬間接着剤

 

マシンに使用するFRPを一工夫するだけでも、見た目は大きく変わってきます。

マシンの見た目がガラッと変わるだけでも、自分なりに考えてFRPで作ったマシンにも愛着がわいてきます。

 

 

 

マッキーとヤスリでFRP感を隠す

マッキーとヤスリでFRP感を隠す

FRPの側面部分をヤスリで削る

FRPの側面部分をヤスリで削る

まずはFRPプレートの側面部分から加工していきます。

側面を400番くらいのヤスリで削っていきます。

表面がザラザラしているので、そのザラザラを整えていく感じ。

表面を整え終わったら、そこから1200番くらいまでヤスリの番手を上げていきます。

少しずつヤスリの番手を上げて整えていくことで、側面がキレイな仕上がりになっていきます。

 

 

もっともFRP感が出る白い部分をマッキーで隠す

もっともFRP感が出る白い部分をマッキーで隠す

次にもっともFRP感を感じる、白い部分を隠していきます。

この時に使うのは、どこにでもある黒のサインペン、マッキー。

この時ペン先が太い方が、作業効率は良くなってきます。

マッキーで、FRPの白い部分を塗っていきます。

こうすることでマッキーの塗料が染み込んでいき、FRPの見た目が変化。

マッキーを塗り終わったら、1500〜2000番のヤスリで表面を馴染ませるように磨いていきます。

ヤスリで削りながら色が落ちた場合は、マッキーを塗り直しながら馴染ませていきます。

 

商品リンク:ゼブラ 油性マーカー ハイマッキー P-MO-150-MC-BK 黒

 

 

 

FRPの表面を耐水ペーパーで変えていく

FRPの表面を耐水ペーパーで変えていく

耐水ペーパーを使って仕上がりを変える

耐水ペーパーを使って仕上がりを変える

白い部分をマッキーで塗ったら、FRPの表面も加工していきます。

FRPの表面を耐水ペーパーなどで水研ぎしていくことで、通常のFRPとは違った仕上がりになります。

使う耐水ペーパーは、100均などに売っているものでも可能。

今回は、やすりの親父フィルムスティックの1000番を磨くのに使用しました。

 

商品リンク:ピットロード やすりの親父 フィルムスティックやすり 1000番 ホビー用ツール PY04

 

 

水研ぎ後に出てくるマットな仕上がり

水研ぎ後に出てくるマットな仕上がり

準備した耐水ペーパーで、FRPの表面を磨いていきます。

耐水性なので、水を垂らしながらの作業

FRPを磨いてる最中はあまり変化を感じませんが、磨き終わって乾くと見た目に変化が出てきます。

磨き終わりを確認すると、磨く前のFRPとは違いマットな仕上がりになっているはずです。

 

 

 

磨く以外にも見た目と強度を変化

磨く以外にも見た目と強度を変化

削る前に瞬間接着剤で強度をアップ

削る前に瞬間接着剤で強度をアップ

FRPを磨く前に、瞬間接着剤を染み込ませることでFRPの強度をアップさせることもできます。

FRPとカーボンの違いは、見た目のほかに強度面もあります。

そんな強度面の差を少しでも補えるようにするのが、FRPの強度を上げる加工。

使うのは、粘度が低く染み込みやすい瞬間接着剤です。

今回使用しているのは、ミニ四駆の改造でもよく使われているwaveの×3S。

この接着剤をFRPの側面から染み込ませることで、そのまま使うよりは強度が上がります。

3Sを染み込ませた後に削っていくことで、見た目も強度も普通のFRPと差をつけることができます。

 

商品リンク:ウェーブ マテリアルシリーズ 瞬間接着剤×3S 低粘速硬 プラモデル用接着剤 OM-016

 

 

色を変えるのはFRPしかできない加工

色を変えるのはFRPしかできない加工

FRP磨きの際に使うマッキーの色を、好みの色に変えることで見た目を大きく変えることもできます。

ミニ四駆のマシンの改造、特にFRPやカーボンは黒がほとんど。

そんな黒い部分を好みの色に変えることができるのは、FRPでしかできない加工になってきます。

自分のマシンにオリジナル感を出したい場合、FRPのカラーを変えるのもおすすめ。

マッキーの色を好みの色にして磨くだけで、他のマシンとは違う仕上がりにできます。

 

商品リンク:ゼブラ 油性マーカー ハイマッキー P-MO-150-MC-R 赤

 

 

 

身近なものでFRPの見た目と強度を補う

身近なものでFRPの見た目と強度を補う

FRPを使ったマシンでも、見た目をかっこよくするだけでも愛着がわいてきます。

そんなマシンの見た目をかっこよくするために使うのは、身近なものだけ。

 

  • ヤスリ、耐水ペーパー
  • マッキー
  • 瞬間接着剤

 

このひと手間を加えるだけでも、FRPよりカーボンが良いと言われるFRP感や強度面も補うことができます。

特にFRPをオリジナルなカラーにして、マシンの見た目を変えるのはカーボンではできない加工。

そんなFRPの良さを活かした改造も、マシン改造のひとつの選択肢になってきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました