【リヤアンカーの作成】微調整が大切|引っかかり防止とリヤブレーキで活かす動きの良さ

2021MSマシン
リヤアンカーはどうやって作ればいいんだろう?

 

最近はリヤバンパーがアンカーになっているマシンを多く見かけます。

フロントアンカーに比べれば、作りがかんたんそうなのも理由です。

そんなリヤアンカーだからこそ、どうすれば精度の良いアンカーを作れるのかも気になってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • リヤ用ブレーキの作成
  • リヤアンカーの稼働部作成
  • バンパーを取り付けてリヤアンカーを確認

 

この記事では、リヤアンカーの作り方について。

実際に動画を参考にしながら作成し、自分のマシンに取り付けた工程を紹介します。

 

 

フロントでもリヤでも、アンカーには精度が求められてきます

フロントアンカーに比べれば、作りや加工もかんたんそうなイメージのあるリヤアンカー。

しかしアンカーとしての機能を最大限に活かすためには、微調整が大切になってきます。

シャーシと密着させるように調整することで、バンパーが動きすぎないような作りに。

さらにブレーキプレートを抑えにすることで、アンカーを安定させることもできます。

精度が求められるリヤアンカーも、少しずつ加工し調整していくことで、機能を活かせる改造になっていきます。

 

 

 

リヤ用ブレーキの作成

リヤ用ブレーキの作成

フロントと同じようにFRP2枚を貼り合わせ

フロントと同じようにFRP2枚を貼り合わせ

まずはリヤ側のブレーキプレートを作成していきます。

ブレーキプレートとして使うのは、FRPリヤブレーキステーを2枚。

これをビスで位置合わせし、瞬間接着剤で貼り合わせます。

貼り合わせて厚みを出すことで、ブレーキプレートとして削った時の強度も保たれます。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

板ヤスリで斜めに削っていく

板ヤスリで斜めに削っていく

貼り合わせたFRPプレートを、板ヤスリの上などで斜めに削っていきます。

左右で差が出ないように、真っすぐ水平に削っていく必要があります。

この加工をすることで、バンクスルーが可能なリヤブレーキに。

ブレーキが面で当たる加工をすることで、ブレーキが効きやすくなり、マシンを走らせる時のセッティングの幅も出てきます。

 

関連記事:準備中

 

 

 

リヤアンカーの稼働部作成

リヤアンカーの稼働部作成

リヤマルチでシャーシ取り付け用ステーの作成

リヤマルチでシャーシ取り付け用ステーの作成

FRPリヤマルチワイドステーをカットして、シャーシとバンパーの取り付け部分を作成します。

リヤマルチを、コの字になるようにカット。

カット後、シャーシのリヤ側とビス留め部分の位置を合わせていきます。

カットしただけの状態だと、削っての調整が必要。

この時に、FRPプレートの強度を保つためにシャーシ側を削って微調整していくことが重要です。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.430 GP.430 FRP マルチワイドリヤステー 15430

 

 

ベースプレートをシャーシと軸穴に合わせてカット

ベースプレートをシャーシと軸穴に合わせてカット

次にリヤアンカーのベースプレートを作成します。

使用するのは、FRPリヤブレーキステー。

カットしたリヤワイドステーに合わせた時に、シャーシに当たらないようにT字にカットしていきます。

アンカーの軸を取り付ける位置は、リヤマルチ3つの穴の真ん中。

そこに合わせて、リヤステーの形を整えていきます。

この時、ベースプレートには不要となるサイドの部分もカットします。

 

商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.518 GP.518 FRP リヤブレーキステーセット 15518

 

 

 

バンパーを取り付けてリヤアンカーを確認

バンパーを取り付けてリヤアンカーを確認

FRP2枚でリヤバンパーを作成

FRP2枚でリヤバンパーを作成

ベースプレートが完成したら、リヤバンパーを作成していきます。

リヤ側のバンパーも、フルカウル用FRPを2枚貼り合わせて使用

これはフロントバンパーと同じように、少しでも強度を出すためです。

貼り合わせたリヤバンパーを、ベースプレートに留める位置を確認

シャーシと干渉する部分があるので、そこを削っていきます。

ここの削りを必要最低限にすることで、リヤバンパーのガタつきを抑えることができます。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.472 GP.472 FRP フロントワイドステー (フルカウルミニ四駆タイプ) 15472

 

 

アンカーの稼働域とガタつきを確認

アンカーの稼働域とガタつきを確認

次にアンカーのベースとなるプレートの稼働域を調整していきます。

アンカーの軸となる穴を、3mmのドリルで拡張。

この時、アンカーを稼働させる方向へも斜めに削っておきます。

 

  1. シャーシの取り付けプレートにビスを通す
  2. アンカーの稼働プレート
  3. 2段アルミローラー用の真鍮
  4. バネ
  5. 3mmスペーサー
  6. ロックナットで固定

 

さらにリヤ側のブレーキプレートも取り付けていきます。

ここでブレーキプレートを上側に取り付けることで、アンカーの稼働の抑えにもなってきます。

アンカーを取り付け後、ここで稼働域やガタつきを確認することが重要になってきます。

 

商品リンク:AO-1023 2段アルミローラー用 5mmパイプ(4個)

 

 

ローラーの引っかかり防止も作成

ローラーの引っかかり防止も作成

バンパー作成に合わせて、ローラーの引っかかり防止も加工していきます。

使うのは、シャーシへの取り付け部分で使用したリヤマルチの端材。

これを取り付けることで、ローラーの引っ掛かりを無くし、アンカーの機能を最大限に活かすことができます。

バンパーへの取り付ける位置を確認後、形を整えます。

取り付けた時に、アンカーの動きの妨げになる部分があれば削って調整が必要。

この作りにすることで、ローラーの径を変更しても取り付けが可能です。

 

 

 

リヤアンカーの作りを最大限に活かす作りにする

リヤアンカーの作りを最大限に活かす作りにする

フロントアンカーに比べれば、作りやすいのがリヤアンカー

しかしフロントアンカーと同じく、稼働の精度は重要になってきます。

シャーシと干渉する部分を少しずつ加工していくことで、リヤアンカーのガタつきを無くしていきます。

またリヤブレーキを上側に取り付けることで、リヤアンカーが動きすぎることへの抑えに。

ローラーの引っ掛かり防止も取り付けることで、リヤアンカーの動きを最大限に活かす作りにすることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました