【ミニ四駆アニマルシリーズ】ぞうさんのポテンシャル|簡単な改造パーツで安定した走りに

改造
ミニ四駆のアニマルシリーズにおすすめの改造は?

 

ミニ四駆の中でも、最近増えてきているのが「アニマルシリーズ」

その見た目やキットの種類からも、人気があります。

そんなアニマルシリーズのマシンは、キットそのままの素組み状態でもパーツは優秀

そこへ少し改造を加えるだけでも、十分走れるマシンになってきます。

 

 

✅この記事の内容

  • アニマルシリーズへのおすすめ改造
  • 実際のコースでもしっかり走り切れる
  • より安定させるために追加するパーツ

 

この記事では、アニマルシリーズマシンの改造について。

かんたんにできるおすすめ改造と、実際のコースでの走りを紹介します。

 

 

アニマルシリーズのマシンは、少し改造をするだけでも十分走れるマシンにできます。

 

基本的にアニマルシリーズは、普通のキットと違ってタイヤがノーマルタイヤではないマシンが多い。

なので、素組み状態でもそこそこ速いマシンになってきます。

 

そこからさらに、速く安定するマシンに使うパーツは3種類

 

 

これらのパーツを追加するだけでも、十分安定して走れるマシンになります。

 

パーツの取り付けもシンプルなので、アニマルシリーズを速くしたい子どもにもおすすめの改造です。

 

 

 

アニマルシリーズへのおすすめ改造

アニマルシリーズへのおすすめ改造

アニマルシリーズは、タイヤがハードタイヤ

アニマルシリーズは、タイヤがハードタイヤ

アニマルシリーズのマシンは、素組みでも優れているキットがほとんどです。

 

ミニ四駆のシリーズの中のひとつとして増えてきているのが、「アニマルシリーズ」

このシリーズは通常品と限定品で多少は差がありますが、基本的に構成パーツが優れています

特に大きいのが、セットのタイヤがノーマルではなくハードタイヤなこと。

 

ミニ四駆はタイヤの種類が違うだけでも、マシンの速さや跳ねやすさなどが変わってきます。

 

 

 

トルクチューン+ファーストトライ

トルクチューン+ファーストトライ

素組み状態でも優れているアニマルシリーズに、かんたんな改造パーツを追加するだけで安定した走りになってきます。

 

今回使ったのは「トルクチューン2モーター」

キット付属のノーマルモーターから、速度の速いトルクチューン2に変更しています。

ミニ四駆の速さの大部分を占めるモーターを替えることで、マシンの速さは大きく変わってきます。

 

しかしマシンが速くなる分、複雑なコースレイアウトではコースアウトしやすくなってきます。

そんな速くなったマシンを安定して走らせるため、「ファーストトライパーツセット」も追加しています。

 

ファーストトライパーツセットを追加することで、ローラーの位置や幅が変わってマシンが安定

さらにマスダンパーも取り付けられるので、マシンの制振性も上げることができます。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップパーツ GP.484 トルクチューン 2モーター 15484
商品リンク:タミヤ ミニ四駆グレードアップパーツ No.526 GP.526 VZシャーシ ファーストトライパーツセット 15526

 

 

 

 

実際のコースでもしっかり走り切れる

実際のコースでもしっかり走り切れる

立体コースでもほとんど安定

立体コースでもほとんど安定

実際にコースで走らせてみても、安定して走り切ることができます

 

モーターを替えたことで、マシンの速さは大きく変わってきます。

そんな速度域でもしっかりと安定して完走が可能

 

特にスロープやDBなど、ジャンプセクションの多い立体コースでも安定性は問題なし

ファーストトライパーツセットのマスダンパーのおかげで、制振性能も上がっています

 

アニマルシリーズにファーストトライパーツセットを追加するだけで、チューン系モーターくらいであればほぼ間違いなく完走まではいけます。

 

 

「速いマシンがずっと走り続けられる」改造

追加するパーツの取り付けもかんたんなので、子ども向けの改造としてもおすすめになってきます。

 

大人のミニ四駆の楽しみ方は、コースアウトしても改善しようと試行錯誤しながら改造していくこと。

しかし子どもの場合は、また違ってきます。

年齢による違いもありますが、子どもにとって楽しいのは「速いマシンがずっと走り続けられること」です。

 

今は組み立て済みのキットも発売されているので、こちらはマシンを組み立てる手間もありません。

タイヤは変わってきますが、組み立て済みのマシンにパーツを追加するだけで同じような走りを再現することが可能です。

 

商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.1 ライキリ(ブルー) ドッグレーサー MAシャーシ 17901
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.2 ライキリ(ピンク) ピッグレーサー MAシャーシ 17902
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.3 ライキリ(グリーン) パンダレーサー MAシャーシ 17903
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.4 ピッグレーサー (イエロー/ジルボルフ) MAシャーシ 17904

 

 

 

より安定させるために追加するパーツ

より安定させるために追加するパーツ

コースへの引っかかりはよくあること

コースへの引っかかりはよくあること

そんなアニマルシリーズにも、コースを走らせる中で課題もありました。

 

基本的に、むずかしいコースレイアウトでなければしっかり完走できます。

しかしそんな中、たまにコースアウトしてしまう場面も。

その原因となっていたのが、ジャンプ後の着地などでコースの壁に引っかかってしまうことでした。

 

本格的に改造しているマシンでも対策しているように、コースを走らせていてコース壁に引っかかるのはよくあること

なのでずっと安定して走らせ続けるためには、そこへの対策もしておけば間違いありません。

 

 

FRPプレート1枚で引っかかりを解決

FRPプレート1枚で引っかかりを解決

コースの壁への引っかかりを無くすための対策として一般的なのが、引っかかり防止プレートを取り付けることです。

 

今回のVZシャーシの場合は、FRPプレートを1枚追加するだけで対策が可能

使用するのは、「スーパーXシャーシ用のFRP」です。

このFRPプレートを、リヤステーの下からビスで固定していきます。

 

たったこれだけの改造で、リヤタイヤとローラーの間の隙間を埋めることが可能

これによって、リヤのタイヤとローラーの間にコースの壁が入ってコースアウトということが無くなります。

 

スーパーXシャーシ用のFRPプレートも、220円と決して値段の高いパーツではありません

このFRPを1枚追加するだけで、コースアウトの原因をかんたんに解決することができます。

 

商品リンク:タミヤ グレードアップ No.242 GP.242 スーパーXシャーシ・FRPマルチプレート 15242

 

 

 

組み立て済みキットならパーツの追加だけ

組み立て済みキットならパーツの追加だけ

アニマルシリーズのマシンに少し改造を加えるだけで、しっかり安定して走るマシンになります。

 

アニマルシリーズの良さは、普通のキットと違ってタイヤがノーマルタイヤではないこと。

なので、素組み状態でもそれなりに速いマシンになっています。

 

そこからさらに3種類のパーツを追加することで、さらに速く安定したマシンに。

 

 

これらのパーツを追加するだけで、十分コースを安定して走れるマシンになります。

 

パーツの取り付けもシンプルなので、アニマルシリーズを速くしたい子どもにもおすすめの改造。

今は組み立て済みのキットも発売されているので、あとはパーツを追加するだけなのでおすすめです。

 

商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.1 ライキリ(ブルー) ドッグレーサー MAシャーシ 17901
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.2 ライキリ(ピンク) ピッグレーサー MAシャーシ 17902
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.3 ライキリ(グリーン) パンダレーサー MAシャーシ 17903
商品リンク:タミヤ ビギナーズミニ四駆シリーズ No.4 ピッグレーサー (イエロー/ジルボルフ) MAシャーシ 17904

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました